始発列車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

始発列車(しはつれっしゃ)とはある鉄道路線において、営業日の中で最初に運行される列車のことを指す[1](しょでん)、一番列車初発(しょはつ)などともいう。

日本各地の始発列車[編集]

都市部および県庁所在地に向かう通勤列車は始発列車は早い時間に設定されており、午前5時台であることが多く、路線によっては午前4時台から運行されている。 地方ローカル線では、午前6 - 7時台に設定されることが多いが、新幹線・通勤路線に接続する路線は4・5時台からもある。

都市部ではターミナル駅ごとに始発列車が設定されており、中間駅であっても運行区間の終端駅に近いほど早く到着するようになっているが、郊外では始発駅の発車時刻自体は早くても、比較的長い距離を運行する路線も少なくない。運行距離が長いほどターミナル駅への到着時刻も遅くなり、ターミナル駅に近い駅でもその駅の始発列車は遅くなる。

2018年3月17日現在、JRの通常の始発列車で最も早いのは、根岸線桜木町駅の4時18分発根岸線桜木町駅京浜東北線直通各駅停車大宮行き電車である。2018年3月16日までは日豊本線柳ヶ浦駅の4時17分発門司港行き、2007年6月30日までは津山線津山駅の4時13分発岡山行きであった。

なお、1982年11月15日国鉄ダイヤ改正時点は、山陰本線の3時27分発841Dの滝部発下関行きであった[2]。この頃までは、主要幹線には夜行列車も数多く運行されており、しかも深夜にも旅客扱いを行ったため、夜行列車や深夜の連絡船からの接続も目的の一つとした3時台(1970年頃までは2時台も存在した[4]。)始発の列車がいくつか存在した。また、ダイヤ改正による夜行列車の運転区間短縮により、3時台始発の列車が誕生することもあった[6]

早朝に行事などがある場合は始発列車前に臨時列車が運行される場合があり、著名なものでは博多祇園山笠の追い山(7月15日)に合わせ、早い路線では午前2時台から臨時列車が運行されている例がある[7]。また大晦日から元日の朝にかけては、初詣の便に終夜運転を実施する事業者も多い。

首都圏[編集]

首都圏では、前述の根岸線桜木町始発大宮行き電車が4時18分発であり、全国で最も発車時刻が早い。東京23区では、京浜東北線蒲田駅の各駅停車大宮行きが4時22分発で最も早く、山手線池袋駅の内回り列車、中央・総武緩行線中野駅東京行きがいずれも4時25分発でこれに次ぐ。私鉄は、西武池袋線保谷駅池袋行きが4時29分発で最も早い。これに次ぐのは、2016年4月2日のダイヤ改正で始発列車を58分繰り上げた山万ユーカリが丘線であり、ユーカリが丘駅4時31分発である。

近畿圏[編集]

近畿圏では、JRのアーバンネットワークでは、阪和線日根野駅天王寺行きが4時34分発で最も早く、大和路線王寺駅JR難波行きが4時36分でこれに次ぐ。大阪駅を通る東海道線では、琵琶湖線野洲駅の快速姫路行き、JR神戸線西明石駅の普通京都行きがいずれも4時45分発であり最も早い。大阪市内で一番遅い始発列車はおおさか東線放出駅久宝寺行きで、6時11分発である。私鉄は、阪急宝塚線雲雀丘花屋敷駅梅田行きが4時25分発で最も早く、阪神本線尼崎駅梅田行きが4時36分発でこれに次ぐ。

中京圏[編集]

中京圏では、関東圏や関西圏と比較して始発列車が遅い。最も早いのは高山本線高山駅岐阜行きで4時44分発であり[8]参宮線伊勢市駅亀山行きが4時45分でこれに次ぐ[9]電車では関西本線亀山駅の名古屋行きで、4時54分発である。東海道線は大垣駅豊橋行きが最も早く、5時01分発である。

その他の地域[編集]

広島エリアでは、午前6時に発車する東京方面の「のぞみ」との接続改善を目的にして、始発を大幅に繰り上げた路線があり、最も早い始発は岩国駅で4時48分発呉線経由糸崎行きと、広駅で4時56分発緑井行きである[10]

地方私鉄の事例では、えちぜん鉄道が毎週月曜日の朝5時に福井方面の始発列車を運行したり、アルピコ交通上高地線ムーンライト信州の運転日にあわせ、新島々駅4時10分、松本駅4時45分発の臨時列車を運行している例が特記される。非電化の私鉄ではひたちなか海浜鉄道湊線が阿字ヶ浦駅4時49分発(平日のみ)、関東鉄道常総線の水海道駅4時56分と取手駅5時と早い時間からの運行が行われている。

新幹線[編集]

新幹線は、国の定める環境基準に合わせ、すべての始発列車を午前6時以降としている[11]東海道新幹線では、東京駅と新大阪駅のほか、品川駅で6時発の「のぞみ号」を運転している。

なお、山形新幹線新庄駅 - 福島駅間と秋田新幹線秋田駅 - 盛岡駅間(いわゆるミニ新幹線区間)は在来線扱いのため、新幹線の環境基準の適用を受けない。最も始発時刻の早い列車は「つばさ122号」で、新庄駅5時40分発である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、首都圏など、終電が0時以降にまたがる列車や始発駅発車が0時以降の列車もあるので、必ずしも「0時以降の最初の列車」ではない。
  2. ^ 国鉄監修・交通公社の時刻表1982年11月号 205ページ
  3. ^ 国鉄監修・交通公社の時刻表1971年1月号 122ページ
  4. ^ 1971年1月時点では、前述の滝部発下関行きは長門市駅始発で運行されており、2時54分発であった[3]
  5. ^ 国鉄監修・交通公社の時刻表1971年1月号 84ページ
  6. ^ 1971年1月時点では、例えば大垣発3時26分発の東京行普通列車が設定されているが[5]、これは大阪発東京行の客車夜行列車が区間短縮されたものであった。ムーンライトながら#東海道本線夜行普通列車沿革も参照。
  7. ^ 「追い山」にあわせて臨時列車を運転します!! 九州旅客鉄道プレスリリース(2010年6月18日) - 2010年6月21日閲覧
  8. ^ JR時刻表2018年3月号 222ページ
  9. ^ JR時刻表2018年3月号 217ページ
  10. ^ 安芸矢口企画[リンク切れ]によれば、広島地区では芸備線呉線2006年3月18日に始発を繰り上げたとある。芸備線については新幹線との接続時間が極端に短く、2007年3月18日の改正でさらに繰り上げた。
  11. ^ 新幹線鉄道騒音に係る環境基準について」(昭和50年7月29日付け環境庁告示第46号)では、「第1」の「3」において、「1の環境基準は、午前6時から午後12時までの間の新幹線鉄道騒音に適用するものとする。」と規定している。

関連項目[編集]