この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

根岸線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR logo (east).svg 根岸線
貨物列車と旅客列車(根岸駅)
貨物列車と旅客列車(根岸駅
基本情報
日本の旗 日本
所在地 神奈川県の旗 神奈川県横浜市鎌倉市
起点 横浜駅
終点 大船駅
駅数 12駅
路線記号 JK(2016年10月から)
開業 1872年6月12日
所有者 JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
運営者 JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
(全線 第1種鉄道事業者)
JR logo (freight).svg 日本貨物鉄道(JR貨物)
(桜木町-大船間 第2種鉄道事業者)
使用車両 車両を参照
路線諸元
路線距離 22.1 km
軌間 1,067 mm
線路数 複線
電化方式 直流1,500 V
架空電車線方式
閉塞方式 ATC方式(横浜駅 - 桜木町駅間)
ATC方式または自動閉塞式(桜木町駅 - 大船駅間)
保安装置 D-ATC(横浜駅 - 桜木町駅間)
D-ATCまたはATS-P(桜木町駅 - 大船駅間)
最高速度 95 km/h
路線図
鉄道路線図 JR根岸線.svg
テンプレートを表示

根岸線(ねぎしせん)は、神奈川県横浜市西区横浜駅から磯子区根岸駅を経て神奈川県鎌倉市大船駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線幹線)である。

概要

東海道本線の横浜駅から横浜市中心部と根岸・杉田地区の臨海部、さらにベッドタウンとして開発が進められた丘陵地帯の洋光台港南台を結び、再び東海道本線の大船駅に至る横浜市南部の主要鉄道路線として1973年に全通した。

旅客輸送に関しては、東京地区の電車特定区間内(E電)の路線のひとつである。それまで沿線区域の公共交通機関として存在した横浜市電を代替し、利便性を大幅に向上させた。横浜駅から大船駅までの所要時間は約30分で、同区間を約15 - 18分で結ぶ東海道本線・横須賀線のバイパス路線としての役割は小さいが、根岸線は横浜市役所神奈川県庁舎[1]の最寄り駅となる関内駅を経由するため、横浜市南部や東海道線方面から横浜都心部への通勤・用務客にとっては利便性の高いルートである。

また、根岸線は当初から京浜東北線と一体となっての直通運転が行われ、横浜市南部から東京都心への通勤・通学の主要ルートとして機能している。横浜線との直通電車もあり、同沿線の横浜市北西部や東京都町田市八王子市・神奈川県相模原市等と横浜都心部・南部を結ぶ役割も担っている。現在では全区間がIC乗車カードSuica」の首都圏エリアに含まれている。

磯子駅以西は1970年代の開業で、新杉田-本郷台間は新興住宅地の中を通る。高架またはトンネルで曲線の曲率半径も比較的大きめにとられており、踏切は存在しない。

案内・呼称

上記の通り、本路線は京浜東北線と一体した運行を行っているため「京浜東北・根岸線」と案内されることが多く、E233系1000番台(京浜東北線用車両)のLED表示器において、本路線内では下り(南行)電車や根岸線内のみの運行となる電車も含めて「京浜東北・根岸線」と表示され(逆に横浜駅以北の区間は根岸線に直通する南行電車であっても「京浜東北線」単独表示となる)、横浜駅を出発した下り電車の車内自動放送についても京浜東北線区間は終了しているが「この電車は、京浜東北・根岸線 大船行きです。」などと案内される。また、本路線も含めた大宮 - 大船間で「京浜東北線」とする場合もある[2]

逆に、横浜線直通電車については京浜東北線区間である東神奈川 - 横浜間も含めて「根岸線」の名称が単独で使われ、E233系6000番台(横浜線用車両)のLED表示器においては、東神奈川駅を出発した時点で桜木町駅発着電車も含めて「根岸線」単独表示となる。また、横浜駅を出発した下り電車の車内自動放送についても磯子駅・大船駅発着電車については「この電車は、根岸線 大船行きです。」などとなる。なお、駅構内の乗場案内は下り大船方面はすべての駅で、上り横浜方面は一部の駅で「根岸線」と単独で案内され[3]、東海道線をはじめとする各線における横浜駅到着時の自動放送では京浜東北線と根岸線はそれぞれ案内される。

路線データ

全区間をJR東日本横浜支社が管轄している。

沿線概況

以下に根岸線の線路および沿線の概況について記す[5]

横浜駅 - 桜木町駅間は、旧横浜駅の移転によって東海道本線の支線となっていたが、磯子駅までの開業に際し根岸線に編入された区間である。根岸線は横浜駅の3・4番線ホームに発着し、線路は東京方面の京浜東北線に繋がっている。横浜駅を出ると東海道線横須賀線と分かれて左にカーブし、すぐに海側に向かって進路を変える。京急本線を跨ぎ、右手には2004年(平成16年)に廃止された東急東横線の横浜駅 - 高島町駅 - 桜木町駅間の廃線跡が並行する。旧高島町駅のホームは現在も一部が残っている。また石川町駅までは首都高速神奈川1号横羽線とも並行する。まもなく海側より東海道本線貨物支線である高島線が高島トンネルから現れ、同線と合流すると、初代横浜駅であった桜木町駅に至る。かつては近隣に三菱重工業横浜造船所があったが、現在はその跡地が横浜みなとみらい21地区へと変貌を遂げ、横浜市の新しい中心街となっている。

横浜市・神奈川県の官公庁街であり、江戸時代末期の開港以来の港町でもある桜木町駅 - 石川町駅間は、かつての派大岡川に沿った高架橋となっており、関内駅の一部や付近の橋脚は川の上に建てられていた部分もあった。現在は完全に埋め立てられ首都高速横羽線となっているが、今も橋脚に往年の姿を伺うことができる。横浜スタジアム横を過ぎると石川町駅へ。同駅は横浜中華街元町に近く、首都高速石川町ジャンクションが直上にある。石川町駅を過ぎるとトンネルで台地を抜ける。分割民営化まで駅構内広告の無い駅としても知られた山手駅を経て、再びトンネルを抜けると右にカーブして首都高速湾岸線と並行して根岸駅に至る。同駅では貨物線である神奈川臨海鉄道本牧線と接続し、横浜港・本牧ふ頭に接続する横浜本牧駅方面からのコンテナ貨物のほか、根岸駅に隣接するJXエネルギー根岸製油所からの石油類を運搬する貨物列車の拠点駅である。根岸駅を出ると、横浜の発展に貢献した堀割川を渡って横浜市ヨットハーバーの脇を通り、さらに臨海工業地帯に沿って走行し磯子駅へと至る。以前は日清オイリオ横浜磯子事業場への引込線跡もあった。

磯子駅を出ると高架に上がり、シーサイドラインが接続する新杉田駅へ至る。京急本線の杉田駅とは約400mの距離である。新杉田駅を過ぎると首都高速湾岸線・シーサイドラインと分かれて右にカーブし西へと進路を変えて、台地をトンネルで抜け、トンネルの合間で京急本線を跨ぐ。掘割の中にある洋光台駅、そして横浜横須賀道路を跨いで同じく掘割にある港南台駅へ。両駅の周辺は駅開業にあわせて開発が進められた典型的なニュータウンで、高層住宅が立ち並んでいる。この両駅の間で武蔵国相模国の旧国境を越える。さらにトンネルを抜けると本郷台駅で、ここには早朝の大船駅からの始発電車を収容する電留線がある。本郷台駅を過ぎると東海道貨物線への連絡線が分岐し、まもなく右手に横須賀線・東海道線・東海道貨物線の三複線が近づき1kmほど並行すると、終点の大船駅に至る。

運行形態

建設計画時は根岸・磯子・杉田など根岸湾沿岸の工業地区のための貨物輸送が主な目的とされていたが[6]、実際には沿線人口の急増もあって、旅客列車中心のダイヤ編成となっている[7]

旅客列車

朝7時台の磯子発大船行き(平日は2本、土曜・休日は1本)を除いて、全列車が京浜東北線または横浜線と直通運転している。

保安装置は、開業当初はATSであったが、直通運転を行う京浜東北線のATC導入区間延長に伴い横浜駅 - 桜木町駅間はATCとなった。桜木町駅 - 大船駅間は貨物列車が運行されているため、ATC・ATS-S形併設となっていたが[8]、2009年8月14日、デジタルATC(D-ATC)を京浜東北線と同時に導入した[9]。なお、桜木町駅 - 大船駅間は貨物列車牽引の機関車など、デジタルATC非対応車が残るため、ATS-S形[10]はそのまま存続させている。

京浜東北線直通電車

横浜駅を出発する京浜東北線からの直通電車

京浜東北線とは一体的な運行が行われ、桜木町駅磯子駅大船駅で折り返しが行われる。日中時間帯においては根岸線の横浜駅 - 磯子駅間は約3 - 5分間隔、磯子駅 - 大船駅間は約10分間隔での運転が基本である。ただし、桜木町駅 - 根岸駅間には後述する貨物列車が盛んに運行されているため、横浜駅 - 磯子駅間では磯子駅発着の電車が30分ごとに設定されておらず、この部分では貨物列車の通過を挟んで10分間隔となっている。

京浜東北線の大宮方面直通・横浜線の八王子方面直通とも、快速電車が運行されているが、根岸線内は各駅に停車する。

2010年(平成22年)4月19日より、平日朝の一部時間帯の大宮方面行き電車の3号車が女性専用車となった[11]

横浜線直通電車

東神奈川駅より京浜東北線経由で横浜線からの直通電車が運転されている。かつては磯子駅・大船駅までの運行が中心であったが、京浜東北線の増発に伴い、現在では日中は桜木町駅折り返しが基本となっており、朝夕のラッシュ時の一部電車が磯子駅・大船駅まで運行される程度である。平日は朝6時台(桜木町駅折り返し)と7時台から夜19時台(大船発最終は22時台終わり)の運行である。また大船駅発着の電車の一部は、車両が所属する鎌倉車両センターへの入出庫を兼ねている。土曜・休日には、横浜線から根岸線を経由して横須賀線逗子駅まで直通する電車が横浜線内快速・各駅停車あわせて2往復あったが、2007年3月18日のダイヤ改正で横浜線内快速の電車1往復のみが残り、2008年3月15日のダイヤ改正で湘南新宿ラインの増発に伴いすべて廃止となった。

なお、京浜東北線とは異なり、女性専用車は導入されていない。

臨時列車

EF66 12けん引「海底トンネル号」(1984年8月22日 洋光台駅付近)

横浜線経由で横浜駅と甲府・松本方面を結ぶ臨時特急「はまかいじ」が運転されている。かつては横浜駅発着列車(1号・4号)に加え、1999年から根岸線磯子駅までを結ぶ2号・3号(車両は189系)が設定されていた。この列車は2001年から根岸線・横須賀線を経由して鎌倉駅まで延長運転されたが、乗車率低迷のため2002年を最後に運転は休止された。なお、現在も運転されている「はまかいじ」は横浜駅では京浜東北・根岸線ホームに発着し、往路は品川駅から品鶴線・高島線経由磯子駅折り返しで回送され、復路は逗子駅で折り返し横須賀線経由で品川駅へ回送される。

「はまかいじ」以前にも根岸線 - 中央本線直通の臨時列車が運行された実績がある。

  • 急行「白馬山麓スキー号」(1988年・1989年冬 逗子駅 - 南小谷駅信濃森上駅間)
  • 快速「ホリデー快速やまなし号」(1992年秋 大船駅 - 甲府駅間)
  • 快速「ホリデー快速やまなしピクニック号」(1993年ゴールデンウイーク 大船駅 - 甲府駅間)

いずれも165系が使用され、ATCの関係から根岸線内と横浜線の東神奈川駅 - 橋本駅間ではクモヤ143を連結して走行した。

2009年夏には、横浜港開港150周年を記念して「横浜・神奈川デスティネーションキャンペーン」が行われ、根岸線を経由して横須賀線に直通する臨時列車が運転された。

貨物列車

桜木町駅 - 大船駅間では日本貨物鉄道(JR貨物)による貨物列車が運行されている。桜木町駅では貨物専用線の高島線、大船駅では東海道貨物線に接続し、根岸駅からは神奈川臨海鉄道本牧線が分岐している。根岸線内では電気機関車による牽引となっている[12]

2014年3月改正時点[13]では、定期貨物列車の運行区間は桜木町駅 - 根岸駅間である。根岸駅に隣接するJXエネルギー根岸製油所にて精製された石油類を輸送するタンク車列車が中心であり、定期列車が11.5往復、臨時列車が下り8往復・上り5往復設定されている。発送先は、東海道貨物線川崎貨物駅中央本線八王子駅竜王駅しなの鉄道線坂城駅高崎線倉賀野駅東北本線宇都宮貨物ターミナル駅である。このほか、根岸駅から分岐する神奈川臨海鉄道本牧線横浜本牧駅発着のコンテナ列車が、東京貨物ターミナル駅まで1日1往復運行されている。また、総合車両製作所(旧・東急車輛製造)で製造された鉄道車両の甲種輸送列車が、横須賀線逗子駅から当路線を経由して不定期に運行されることがある[14]

なお2011年3月11日東日本大震災発生直後には、被災地となった東北地方太平洋側の地域に向けて、根岸駅から臨時の石油輸送列車が当路線を経由して運行された。当時、東北本線が不通であったため、郡山駅へは磐越西線経由で、盛岡貨物ターミナル駅へは奥羽本線青い森鉄道線いわて銀河鉄道線経由での運行となった。運行期間は同年3月18日から4月19日までの約1か月間であった[15]

車両

現在の旅客列車の使用車両

片側4扉の通勤型電車が用いられている。

過去の旅客列車の使用車両

  • 京浜東北線用電車
    • 209系 (1992年3月 - 2010年1月24日)
    • 205系 (1989年10月26日 - 1996年2月1日)
    • 103系 (1965年10月 - 1998年3月)
    • 101系 (1969年4月1日 - 1978年3月)
    • 72系 ( - 1971年4月19日)
  • 横浜線用電車
    • 205系 (1988年9月22日 - 2014年8月23日)
    • 103系 (1972年10月2日 - 1989年2月26日)
    • 72系 ( - 1979年9月30日)

現在の貨物列車の使用車両

定期貨物列車は桜木町駅 - 根岸駅間で乗り入れており、コンテナ車編成列車は最大20両編成、石油輸送用タンク車編成列車は最大28両編成に組成される。また、甲種輸送列車は桜木町駅 - 大船駅間で乗り入れている。

甲種輸送列車はかつてEF65形やEH200形が牽引していたが、逗子駅 - 神武寺駅間の東急車輛製造専用鉄道(非電化区間)への通し運転のため、現在ではDE10形・DE11形が充当されている。ただし非電化区間へ乗り入れない根岸駅発着(横浜本牧駅へ継走)の甲種輸送列車については引き続きEF65形が行っている。

歴史

横浜駅 - 桜木町駅間は、1872年に開業した日本の鉄道の発祥区間である新橋駅 - 横浜駅(桜木町駅が当時の横浜駅)間の一部で、東海道本線に属していたが、日本鉄道建設公団(鉄建公団)により仮称桜大線(おうだいせん、ランクは主要幹線〈C線〉[19])として建設されていた桜木町 - 磯子 - 大船間のうち、桜木町駅 - 磯子駅間が開業した1964年に横浜駅を境に根岸線とされた。その後、1970年洋光台駅1973年大船駅まで全通した。

明治 - 昭和前期

  • 1872年6月12日明治5年5月7日):品川駅 - 横浜間が開業。横浜駅(初代、現在の桜木町駅)開業。
  • 1873年(明治6年)9月15日:貨物営業開始。
  • 1887年(明治20年)7月11日:横浜駅 - 程ヶ谷駅 - 国府津駅間が延伸開業(横浜駅でスイッチバック)。
  • 1898年(明治31年)8月1日神奈川駅 - 程ヶ谷駅間の横浜駅を経由しない短絡線が開業。神奈川駅 - 横浜駅間・程ヶ谷駅 - 横浜駅間が支線となる。
  • 1907年(明治40年)11月1日:区間統合され、神奈川駅 - 横浜駅 - 程ヶ谷駅間に表示変更。
  • 1909年(明治42年)10月12日:線路名称設定により、神奈川駅 - 横浜駅 - 程ヶ谷駅間(4.2M≒6.76km)が東海道本線支線となる。
  • 1914年大正3年)12月20日:神奈川駅 - 横浜駅間に高島町駅が開業。神奈川駅 - 高島町駅間が電化され、京浜線で電車運転開始。
  • 1915年(大正4年)
    • 8月15日:横浜駅(2代目)が開業し、高島町駅は同駅京浜線ホームとなる。支線の起点が神奈川駅から横浜駅に変更(0.7M≒1.13km短縮)。横浜駅(初代)が桜木町駅に改称。桜木町駅 - 程ヶ谷駅間(2.5M≒4.02km)が廃止。
    • 12月30日:横浜駅 - 桜木町駅間が電化され京浜線の運転区間延長。同区間の貨物営業廃止。
  • 1928年昭和3年)10月15日:横浜駅移転(改キロなし)。この時、横浜駅には京浜線のホームが完成していなかったため、従来線の新・横浜駅東口前に横浜駅に仮ホームを設置し、旧横浜駅京浜線ホームを高島口乗降場として残された。
  • 1930年(昭和5年)
    • 1月26日:新・横浜駅に京浜線ホームを設置、横浜駅 - 桜木町駅間経路変更。高島口乗降場閉鎖。
    • 4月1日:マイル表示からメートル表示に変更(横浜駅 - 桜木町駅間 1.0M→2.0km、このとき横浜駅移転分の営業キロを修正)。
  • 1937年(昭和12年):鉄道敷設法別表に桜木町駅 - 北鎌倉駅間の鉄道路線延長が明記(第52号ノ2)[7]

昭和後期以降

  • 1951年(昭和26年)4月24日:桜木町駅構内で列車火災事故桜木町事故)が発生。
  • 1957年(昭和32年)4月:桜木町駅 - 大船駅間の「桜大線」が鉄道審議会で即時着工線として承認[7]
  • 1964年(昭和39年)
    • 5月19日:桜木町駅 - 磯子駅間 (7.5km) が延伸開業。横浜駅 - 桜木町駅 - 磯子駅間が根岸線となる。関内駅・石川町駅・山手駅・根岸駅・磯子駅が開業。
    • 6月1日高島線全通により桜木町駅 - 磯子駅間で貨物営業が開始。
  • 1965年(昭和40年)10月:103系運用開始。
  • 1970年(昭和45年)
    • 3月17日:磯子駅 - 洋光台駅間 (4.6km) 延伸開業。新杉田駅・洋光台駅が開業。
    • 5月20日:新杉田駅 - 洋光台駅間で103系が土砂に乗り上げて脱線、重軽傷者2名、2両が廃車
  • 1973年(昭和48年)
    • 4月9日:洋光台駅 - 大船駅間 (8.0km) が延伸開業し全通。港南台駅・本郷台駅が開業。
    • 10月1日:磯子駅 - 大船駅間で貨物営業が開始。
  • 1984年(昭和59年)
    • 1月29日:ATC が導入される。
    • 2月1日:磯子駅 - 大船駅間の貨物営業が廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道が承継。日本貨物鉄道が全線の第二種鉄道事業者となる(磯子駅 - 大船駅間の貨物営業を再開)。
  • 1988年(昭和63年)9月22日:205系が運用開始(横浜線からの乗り入れ列車)。
  • 1992年平成4年)3月:209系試作車(901系)が運用開始。
  • 1993年(平成5年)3月:209系量産車が運用開始。
  • 1998年(平成10年)7月4日[20][21]東京圏輸送管理システム (ATOS) 使用開始。
  • 2007年(平成19年)12月22日:E233系が運用開始[16]
  • 2008年(平成20年)3月15日:横浜線内から横須賀線逗子駅までの直通運転が廃止。
  • 2009年(平成21年)8月14日:横浜駅 - 大船駅間で D-ATC が導入。
  • 2010年(平成22年)4月19日:女性専用車が導入される[11]

並行鉄軌道の動き

  • 1904年(明治37年)7月15日路面電車の横浜電気鉄道(1921年(大正10年)に市営化)、神奈川停留所 - 大江橋駅(のちの桜木町駅前)が開業(同社初の営業路線)。横浜市電の路線網整備が開始。
  • 1905年(明治38年)7月24日:横浜電気鉄道の大江橋駅 - 元町駅間が開業(のちの桜木町駅 - 石川町駅間に相当)。
  • 1925年(大正14年)12月5日:横浜市電気局(横浜市電)杉田線八幡橋駅(根岸駅西側) - 聖天橋駅(新杉田駅東側)が開業。横浜市中心部と磯子・杉田地区が路面電車で直結。尾上町駅(関内駅東側) - 八幡橋駅間は現在の根岸線より西側の別ルートで営業。
  • 1928年(昭和3年)5月18日東京横浜電鉄の神奈川駅 - 高島駅(のちの高島町駅)間が開業。
  • 1932年(昭和7年)3月31日:東京横浜電鉄の高島町駅 - 桜木町駅間が開業。
  • 1970年(昭和45年)7月1日:横浜市電本牧線廃止により、根岸線と並行する区間の市電が全廃。
  • 1976年(昭和51年)9月4日:横浜市営地下鉄(現在のブルーライン伊勢佐木長者町駅 - 横浜駅間延長開業。横浜駅 - 関内駅間で根岸線と並行。
  • 2004年(平成16年)

駅一覧

  • ◆:貨物取扱駅(定期貨物列車発着あり)、[浜]特定都区市内制度における「横浜市内」エリアの駅
  • 全電車各駅に停車する(臨時列車は除く)
  • 接続路線 : 東日本旅客鉄道の路線名は、貨物線を除き、運転系統上の名称(正式な路線名とは異なる)。駅名が異なる場合は⇒印で駅名を記す。
  • 全駅神奈川県内に所在
  • 線路は全線複線
駅番号 駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 所在地
 
JK 京浜東北線東京駅大宮駅方面・JH 横浜線八王子駅方面へ直通運転
JK12 [浜] 横浜駅 - 0.0 東日本旅客鉄道JK 京浜東北線 (JK12)〈直通運転〉・JT 東海道線 (JT05)・JO 横須賀線 (JO13)・JS 湘南新宿ライン (JS13)
相模鉄道SO 本線 (SO01)
京浜急行電鉄KK 本線 (KK37)
東京急行電鉄TY 東横線 (TY21)
横浜高速鉄道MM みなとみらい線 (MM01)
横浜市営地下鉄B ブルーライン(3号線)(B20)
横浜市 西区
JK11 [浜] 桜木町駅 2.0 2.0 横浜市営地下鉄:B ブルーライン(3号線)(B18)
東日本旅客鉄道:東海道本線貨物支線(高島線
中区
JK10 [浜] 関内駅 1.0 3.0 横浜市営地下鉄:B ブルーライン(1号線・3号線)(B17)
JK09 [浜] 石川町駅 0.8 3.8  
JK08 [浜] 山手駅 1.2 5.0  
JK07 [浜] 根岸駅 2.1 7.1 神奈川臨海鉄道本牧線(貨物線) 磯子区
JK06 [浜] 磯子駅 2.4 9.5  
JK05 [浜] 新杉田駅 1.6 11.1 横浜シーサイドライン金沢シーサイドライン (1)
京浜急行電鉄:KK 本線 ⇒杉田駅[22]
JK04 [浜] 洋光台駅 3.0 14.1  
JK03 [浜] 港南台駅 1.9 16.0   港南区
JK02 [浜] 本郷台駅 2.5 18.5   栄区
JK01 大船駅 3.6 22.1 東日本旅客鉄道:JT 東海道線 (JT07)・JO 横須賀線 (JO09)・JS 湘南新宿ライン (JS09)・東海道貨物線[23]
湘南モノレール江の島線
鎌倉市

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 県庁舎に最も近いのはみなとみらい線日本大通り駅である。
  2. ^ 京浜東北線の駅(JR東日本)
  3. ^ 上り横浜方面については「横浜線」も案内される。
  4. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年 ISBN 978-4533029806
  5. ^ 線形、平行・交差する鉄道・道路、周辺の地形・建造物についての出典:Google マップ 地図および航空写真(2011年)
  6. ^ 同地域は横浜国際港都建設法に基づく総合基幹計画により、1957年に工業港湾・大規模臨海工業地帯としての埋立が正式決定し、磯子区内の計画地域は1964年までに竣工していた。
  7. ^ a b c 根岸線が区民を招いた - 横浜市
  8. ^ 地上信号機で閉塞が管理されるものの保安装置はATCをそのまま使用する「ATCバックアップ方式」となっていたが、埼京線の池袋駅 - 新宿駅間がATC・ATS-S形併設からATS-P・S形併設に変更され、当路線が2009年8月14日にデジタルATC化されたことに伴い、ATCバックアップ方式は日本の鉄道線路上から姿を消した。
  9. ^ デジタルATCは京浜東北線鶴見駅 - 南浦和駅間で2003年12月21日より先行導入されている。
  10. ^ 一部を除き、地上信号機は残るが、デジタルATC対応車(京浜東北線・横浜線直通車)は地上信号機の現示に関わらず、車内信号機の現示で運転する。例として、北行の石川町 - 桜木町間は、速度制限がかかる「減速・注意・警戒信号」が地上信号機に現示されているが、デジタルATC搭載車はそれに関わらず、車内信号に出ている最高速度まで出すことができる。
  11. ^ a b 京浜東北線・根岸線への女性専用車の導入について (PDF) - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2010年3月11日
  12. ^ a b 「JR貨物機関車運用区間一覧(2012年3月17日改正現在)」、『鉄道手帳2013』、創元社、 46-47頁。
  13. ^ 『貨物時刻表 平成26年3月ダイヤ改正』、鉄道貨物協会、2014年
  14. ^ 「全国貨物列車運行路線一覧」、『鉄道手帳2013』、創元社、 44-45頁。
  15. ^ 『貨物時刻表 平成24年3月ダイヤ改正』、鉄道貨物協会、2012年
  16. ^ a b “E233系1000番代/京浜東北に22日登場”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2007年12月7日) 
  17. ^ 2013年10月1日『交通新聞』
  18. ^ 秋田新幹線用車両と埼京線・横浜線用車両の新造について (PDF) - 東日本旅客鉄道、2012年4月10日
  19. ^ 石勝線長崎本線長崎トンネル経由の新線(浦上線)、岡多線瀬戸線伊勢線などと同ランク
  20. ^ 東京圏輸送管理システム(ATOS)の展開と更新 (PDF) 『JR East Technical Review』No.36 Summer 2011、東日本旅客鉄道、p.64
  21. ^ 超高密度線区向け輸送管理システムの段階的構築 (PDF) 『日立評論』1999年3月号、日立製作所、p.33
  22. ^ 両駅間は徒歩約10分要するが、定期券のみ連絡業務を行っている。
  23. ^ ただし東海道貨物線にはホームは設置されていない。

参考文献

関連項目