元町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 中区 (横浜市) > 元町 (横浜市)
元町
—  町丁  —
元町ショッピングストリート(石川町駅側)入口のフェニックスアーチ
元町の位置(横浜市内)
元町
元町
元町の位置(神奈川県内)
元町
元町
元町の位置
座標: 北緯35度26分25.53秒 東経139度38分58.87秒 / 北緯35.4404250度 東経139.6496861度 / 35.4404250; 139.6496861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
面積[1]
 - 計 0.157km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 1,443人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 231-0861[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

元町(もとまち、Motomachi, Yokohama)は、神奈川県横浜市中区にある地名。現行行政地名は元町1丁目から元町5丁目(字丁目)。住居表示未実施区域。郵便番号は231-0861[3]。町内の大部分を占め、150周年以上の歴史がある元町商店街は、横浜を代表する商業地の一つとして特に有名である。

概要[編集]

1859年横浜開港までは半農半漁の村落であったが、1860年2月の横浜開港に伴って立ち退いた旧横浜村住民がこの地に移住したことで「横浜元町」と呼ばれるようになる。明治維新の頃には外国人向けの商店街として栄え、「元町」と改称された。

開港後の山下町外国人居留地が、山手山手居留地がそれぞれ設けられ、両地区を結ぶ場所にあった元町通りは、居留者らが日常的に多く行き交うところとなり、外国人を相手にした商売が盛んに行われるようになる。明治が始まってしばらく経つ頃には居留者がさらに増え、セント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジなどのインターナショナルスクールの開校や、当時は日本には珍しい喫茶店ベーカリー、洋服店、洋風家具店などが軒を連ね、文明開化を支えた。これが今の元町商店街の原型となる。

1970年代には、当時流行していたファッションスタイル「ニュートラ」に対抗する「ハマトラ」(横浜トラディショナルの略)というスタイルが同商店街のキタムラ、ミハマ、フクゾー、スタージュエリーなどにより生み出されるなど、独自の文化を色濃く残すエリアの一つである。

地理[編集]

町域の南・東側は山手丘陵地と隣接し、北側は堀川(運河)を挟んで山下町横浜中華街)と隣接。山と運河に挟まれた平地部分を中心に元町商店街が形成されている。町域の東端に横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅があり、町域の西に隣接する石川町にはJR根岸線石川町駅がある。

運河と並行して町内を3本の通り(運河側より元町海岸通り、元町通り、元町仲通り)が走っている。いずれの通りも非常に狭く、町内を走る道路の多くは一方通行に指定されている。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば、元町1丁目68番1外の地点で34万円/m2となっている。[5]

歴史[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
元町1丁目 279世帯 505人
元町2丁目 83世帯 168人
元町3丁目 140世帯 205人
元町4丁目 72世帯 128人
元町5丁目 263世帯 437人
837世帯 1,443人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
元町1丁目 全域 横浜市立元街小学校 横浜市立港中学校
元町2丁目 全域
元町3丁目 全域
元町4丁目 全域
元町5丁目 全域

元町商店街[編集]

元町ショッピングストリート[編集]

元町1丁目から5丁目までの元町通りを中心とする商店街。

フェニックスアーチ[編集]

元町ショッピングストリートの両端にあるウェルカムゲートで商店街の目印となっている。1985年に建立、アーチの高さは10.5m。「翔べ光の中へ」という意味がある。

元町ライトフェニックス[編集]

チャーミングセールなど人出が多い時に、元町ショッピングストリート内で交通整理や案内などを行う女性の事。それまでは男性警備員が交通整理を行っていたが、元町に訪れる人の多くが女性であるため、女性に交通整理を行わせるアイデアを元町SS会と横浜のイベント企画会社が共同で考え、元町の近くにあるフェリス女学院大学の女子学生をアルバイトとして採用し、1987年2月のチャーミングセールでデビュー。揃いの制服姿で交通整理を行う光景は元町ショッピングストリートの名物にもなっている。名前の由来は、商店街のシンボル「フェニックス」と光を意味する「ライト」を併せたもの。

元町クラフトマンシップ・ストリート[編集]

元町ショッピングストリートよりも1本山側の元町仲通りを中心とする商店街。元町仲通り、本牧通り、汐汲坂通り、代官坂通り、水屋敷通りの5本の通りで構成されている。1994年7月に元町仲通り会が発足し、2004年12月に「元町クラフトマンシップ・ストリート」という名称になった。

イベント[編集]

チャーミングセール[編集]

毎年2月末と9月末の2回、約1週間にわたって開催される元町ショッピングストリートを代表するバーゲンセールイベント。期間中は関東近郊のみならず全国からこのイベント目当てに大勢の人が訪れる。以前は「謝恩セール」という名称であったが、1961年に現在の「チャーミングセール」と言う名前が付けられた。 期間中は日本テレビtvkfm yokohamaなどでCMが流れる。

セントパトリックデー・パレード[編集]

元町のセントパトリックデー・パレード
毎年3月に開催されるアイルランドのお祭り(聖パトリックの祝日)。同国のシンボルカラーである緑の衣装を身に着けたパレード隊が元町ショッピングストリートを練り歩く。

モトマチ・ハロウィン[編集]

毎年10月31日に開催される。仮装した大勢の子供たちが元町ショッピングストリートに集まる。店舗の従業員も仮装して、子供たちにお菓子をプレゼントする。

フードフェア[編集]

元町クラフトマンシップ・ストリートで毎年10月頃に開催される食のイベント。第1回は2000年11月

Red Bull Energy for Japan[編集]

元町に日本各地や世界中から訪れたF1ファン達とF1マシン。日本初の公道F1イベントである「Red Bull Energy for Japan」。
(写真は2011年6月5日
2011年6月5日自動車競技フォーミュラ1の公道デモ走行が元町商店街で行われた。F1マシンが日本の公道を走行するのは日本初の試みであり、RB5セバスチャン・ブエミがドライバーとして乗車した。公表観客数は1万1000人[7]

ギャラリー[編集]

最寄り駅[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 現在は元町プラザが建っている一角に存在。震災後は南区へ移転。
出典
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。
  7. ^ “復興支援でF1マシン「元町」疾走、公道でのデモ走行は国内初/横浜”. カナロコ. (2011年6月5日). http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1106050046/ 2011年6月6日閲覧。 
  8. ^ ヨコハマ・ふくまち.net~市内施設バリアフリー情報~

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度26分25.2秒 東経139度38分53.4秒 / 北緯35.440333度 東経139.648167度 / 35.440333; 139.648167