坂城駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂城駅
駅舎
駅舎
さかき
SAKAKI
(4.5km) 戸倉
長野県埴科郡坂城町大字坂城101-1
所属事業者 Shinano Railway Symbolmark.svgしなの鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 しなの鉄道線
キロ程 50.4km(軽井沢起点)
電報略号 サキ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
881人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1888年明治21年)8月15日
備考 簡易委託駅
標高:396m
テンプレートを表示
到着した石油貨物列車を荷役線へ移動するスイッチャー。左奥のものは予備機(2009年1月)

坂城駅(さかきえき)は、長野県埴科郡坂城町大字坂城にあるしなの鉄道日本貨物鉄道(JR貨物)しなの鉄道線である。

日中の快速電車は停車するが、朝夕の快速と「しなのサンライズ号・しなのサンセット号」は通過する。

北陸新幹線が開業する前は、特急「あさま」の一部も停車した。

沿革[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。構内北側の駅舎とホームの間はエレベーター付きの跨線橋で連絡している。坂城町が業務を受託する簡易委託駅である。

なお、当駅には発車ベルが設置されており、スピーカーによって音色が異なる。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 しなの鉄道線 上り 上田小諸軽井沢方面
2 しなの鉄道線 下り 戸倉篠ノ井長野方面

貨物取扱・専用線[編集]

JR貨物の駅は、専用線発着の車扱貨物の取扱駅となっている。

駅南側にある、JXTGエネルギー北信油槽所の荷役設備へ続く専用線があり、当駅では油槽所に到着する石油の取扱いがある。石油を輸送する貨物列車は1日2往復、根岸駅との間に設定されている。うち1往復は高速貨物列車、残りの1往復は専用貨物列車である。

利用状況[編集]

旅客[編集]

年間乗車人数及び1日あたり乗車人員は以下のとおり[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人員
2002 1,119
2003 1,061
2004 1,059
2005 1,043
2006 1,043
2007 1,008
2008 976
2009 983
2010 993
2011 990
2012 960
2013 964
2014 894
2015 881

貨物[編集]

当駅発着の貨物量は以下のとおりである[2]

  • 2001年度 - 発送 39,012トン、到着 410,945トン
  • 2002年度 - 発送 41,508トン、到着 441,610トン
  • 2003年度 - 発送 41,712トン、到着 443,850トン
  • 2004年度 - 発送 45,200トン、到着 474,731トン
  • 2005年度 - 発送 41,028トン、到着 435,908トン
  • 2006年度 - 発送 37,784トン、到着 403,988トン
  • 2007年度 - 発送 37,056トン、到着 397,342トン
  • 2008年度 - 発送 33,040トン、到着 354,824トン
  • 2009年度 - 発送 32,628トン、到着 351,401トン
  • 2010年度 - 発送 35,500トン、到着 380,284トン
  • 2011年度 - 発送 42,092トン、到着 452,488トン
  • 2012年度 - 発送 39,392トン、到着 452,488トン
  • 2013年度 - 発送 43,140トン、到着 463,702トン

駅周辺[編集]

バス[編集]

最寄り停留所は、坂城駅前となる。坂城町循環バス(信州観光バスに運行を委託)が乗り入れている。

隣の駅[編集]

しなの鉄道
しなの鉄道線
快速「しなのサンライズ」・快速「しなのサンセット」
通過
快速(愛称なしの列車、このうち一部列車のみ停車)
上田駅 - 坂城駅 - 戸倉駅
普通
テクノさかき駅 - 坂城駅 - 戸倉駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「坂城町統計書」(平成28年度版)による
  2. ^ 「坂城町統計書」(平成26年度版)による

関連項目[編集]

外部リンク[編集]