安茂里駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安茂里駅
駅全景(2009年6月14日)
駅全景(2009年6月14日)
あもり
Amori
川中島 (2.1km)
(2.9km) 長野
所在地 長野県長野市大字安茂里[1]3580
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 信越本線
キロ程 6.4km(篠ノ井起点)
電報略号 アモ[1]
駅構造 地上駅[1]
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
1,056人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1985年昭和60年)3月14日[1]
備考 業務委託駅
標高:360.3m
篠ノ井線しなの鉄道線直通含む。
テンプレートを表示

安茂里駅(あもりえき)は、長野県長野市大字安茂里にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)信越本線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[1]。跨線橋を有している[1]

長野駅管理の業務委託駅で、長鉄開発が駅業務を受託しており、POS端末により乗車券を販売している(料金補充券による指定券は取り扱っていない)。乗車券販売は下り線(長野方面行)ホーム側のみで一定時間行うだけであり、改札はない[1]。上り線(しなの鉄道、篠ノ井線方面)での販売はなく、乗車駅証明書発行機から乗車駅証明書を入手して乗車する。なお、改札がないにも関わらず降車時の車内運賃収受は行われていない。

南側の高架部には北陸新幹線が通っている[1]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 信越本線 下り 長野方面[4]
2 篠ノ井線 上り 篠ノ井方面[4]
しなの鉄道線 小諸軽井沢方面

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員1,056人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,024 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,009 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 987 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,025 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,050 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,097 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,087 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,034 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,030 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,016 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,046 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,058 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,063 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,083 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,032 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 1,059 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 1,073 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 1,079 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 1,056 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

西河原バス停(駅北の国道19号上)[5]

宮沖団地西バス停(駅南の市道上)

  • アルピコ交通長野支社
    • 22 長野駅 →…→ 宮沖団地西 → 長野バスターミナル → 長野駅 (循環系統)
    • 22 長野駅 →…→ 宮沖団地西 - 犀北団地 - 長野工業高校前
    • 103 長野工業高校前 →…→ 宮沖団地西 → 長野バスターミナル → 県庁前 → 信大教育学部前 → 善光寺大門 (平日朝のみ)

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
信越本線・篠ノ井線・しなの鉄道線(篠ノ井線・しなの鉄道線は篠ノ井駅 - 当駅間JR信越本線)
快速「しなのサンライズ」・快速「しなのサンセット」・快速
通過
普通(「みすず」含む)
川中島駅 - 安茂里駅 - 長野駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 信濃毎日新聞社出版部『長野県鉄道全駅 増補改訂版』信濃毎日新聞社、2011年7月24日、23頁。ISBN 9784784071647
  2. ^ a b 鉄道ジャーナル』第21巻第5号、鉄道ジャーナル社、1987年4月、 104頁。
  3. ^ a b 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』11号 信越本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年9月20日、25頁。
  4. ^ a b 時刻表 安茂里駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月11日閲覧。
  5. ^ 新町線(長野~信州新町)、高府線(長野~高府)、小市線(長野~小市団地)”. アルピコグループ. 2016年1月4日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月11日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]