軽井沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
軽井沢駅
北口
北口
かるいざわ - Karuizawa
所在地 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢[1][2]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
しなの鉄道駅詳細

軽井沢駅(かるいざわえき)は、長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢にある[1][2]東日本旅客鉄道(JR東日本)[1][2]しなの鉄道[3][4]である。

長野県内の鉄道駅では最東端に位置する。

乗り入れ路線[編集]

1997年平成9年)10月1日にJR東日本の北陸新幹線と、しなの鉄道のしなの鉄道線が乗り入れ、接続駅となった[5]

1997年(平成9年)9月30日まではJR東日本の信越本線の途中駅であったが、翌10月1日に北陸新幹線が長野駅まで開業した際、その並行在来線となった信越本線のうち、横川駅 - 当駅間は廃止された[6]。当駅 - 篠ノ井駅間は経営分離されてしなの鉄道線となり、当駅がその起点となった[5]

歴史[編集]

旧信越本線の横川駅 - 当駅間(碓氷峠区間)には旧国鉄の最急勾配(66.7)が存在し、これを越えるためにこの区間を通過する列車はすべて、当駅で補助機関車を連結し、横川駅(群馬県)まで走行していた[6]

北陸新幹線開業前においては、信越本線は当駅から長野方面へ2つ先の信濃追分駅までが高崎支社の管内だったが[要出典]、新幹線開業後の当駅は長野支社の管内となっている[1]

駅構造[編集]

北陸新幹線の開業に伴い駅舎を全面改築し、軽井沢の代表的樹木「白樺」をイメージしてデザインされた[21]橋上駅となった[4]。旧駅舎は解体されたが、新駅舎開業後に明治期の姿を復元した(旧)軽井沢駅舎記念館が建てられた[4]。また駅舎改築と同時に南北自由通路が設置され、両端部ともペデストリアンデッキにつながっている。北側にしなの鉄道、南側にJR東日本北陸新幹線の改札がある。

JR東日本[編集]

JR 軽井沢駅
かるいざわ - Karuizawa
*安中榛名 (23.3km)
(17.6km) 佐久平
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢[1][2]1178[要出典]
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)[1][2]
所属路線 北陸新幹線
キロ程 41.8km(高崎起点)
東京から146.8km
電報略号 カル[2]
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線[2]
乗車人員
-統計年度-
2,889人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1888年明治21年)12月1日**
備考 みどりの窓口
標高:940.5 m[23]
* この間に高崎支社長野支社境界あり(当駅から佐久平寄りは長野支社管内)
** JR東日本では新幹線開業日の1997年平成9年)10月1日としている[1]

島式ホーム(310m)2面4線を有する[2]地上駅である。最も北側に位置する1番線ホーム沿いの上り副本線から駅東側(高崎方面)に向かっては、電留線が分岐しており、軽井沢保守基地へとつながっている。

自動改札機みどりの窓口(営業時間 06:15 - 22:20)、オレンジカード対応自動券売機(3台)、指定席券売機えきねっと券売機、キオスクがある。指定席券売機は長らく設置されていなかったため、えきねっと予約ではない指定席券は窓口で購入する必要があった。入場券は自動券売機で発売。2006年度に自動体外式除細動器 (AED) が設置された。

当駅では、列車接近時にこの駅独自の接近音楽が流れ、その後はユニペックス放送が流れる。曲は品川駅2番線・大崎駅2番線で使用されているサウンドファクトリー製の「海の駅」である[要出典]

通過線はないが、駅東側(高崎方面)に急カーブ(半径800m)があることで、通過列車のホーム通過速度がATC信号により100km/h程度に減速されるため、可動式安全柵は開業当初から設置されていない[2]

駅の位置する標高940.5 mは[23]新幹線の駅の中では最も高い。そのため冬季はホームが半開放式の構造であることもあって寒く、「日本で一番寒い新幹線の駅」とも呼ばれた(後に風除室等の設置により多少改善される)[要出典]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 ■ 北陸新幹線(長野経由) 上り 高崎大宮東京方面
3・4 下り 長野富山金沢方面
  • 平日に1本、当駅始発の長野行き「あさま699号」が運転されている。
  • 当駅で通過列車の待ち合わせを行う場合は、待避線に入線する。(上りは定期「あさま626号」が当駅で「かがやき510号」の通過待ちを行なう。下りは「あさま」号の数本が臨時列車で運転される「かがやき」号の運転日と重なる場合に限り、当駅で通過列車を待ち合わせる。)

しなの鉄道[編集]

しなの鉄道 軽井沢駅
かるいざわ - KARUIZAWA
(4.0km) 中軽井沢
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢[4]1178[3]
所属事業者 しなの鉄道
所属路線 しなの鉄道線
キロ程 0.0km(軽井沢起点)
電報略号 カル[4]
駅構造 地上駅橋上駅[4]
ホーム 1面2線[4]
乗車人員
-統計年度-
1,099人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1997年平成9年)10月1日[5]*
* 北陸新幹線開業による並行在来線の経営分離により。
軽井沢駅
かるいざわ - Karuizawa
横川 (11.2km)
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 信越本線
キロ程 40.9km(高崎起点)
開業年月日 1888年明治21年)12月1日(篠ノ井・長野方面)
1893年(明治26年)4月1日(横川・高崎方面)
廃止年月日 1997年平成9年)10月1日*
* 北陸新幹線開業による並行在来線の経営分離により。現在、横川まではJRバス碓氷線が運行されている。

島式ホーム1面2線を有する地上駅[4]で、留置線を有するが、夜間停泊はないため使われていない。ほとんどの定期電車は1番線を使うが、一部の電車のみが2番線を使う。

社員配置駅で、出札窓口、自動券売機(磁気券を発売)がある[4]

のりば[編集]

番線 路線 行先
1・2 しなの鉄道線 中軽井沢小諸上田長野方面
  • しなの鉄道線の始発駅である[5]現在はホームの横川方(かつてのEF63形電気機関車切り離し位置付近)には車止めが設置され、その先の駅構内の線路も撤去されたため、碓氷峠区間および横川駅とは完全に分断されている[要出典]
  • しなの鉄道開業時から長らく、駅からしばらく横川方(旧矢ヶ崎踏切付近)には車止めが設置されており、線路も碓氷峠鉄道文化むらを経由して横川駅旧4番線へと繋がっていた[要出典]
  • 信越本線時代は単式1面1線の1番線、島式1面2線の3・4番線、機回し線、留置線など多数有していたが[8]、しなの鉄道になってから1番線は廃止され[4]3・4番線だったホームが1・2番線となっている[要出典]。また、旧1番線にはEF63形電気機関車2号機[4]アプト式電気機関車EC40形[4]軌道モーターカーマルチプルタイタンパー[要出典]が(旧)軽井沢駅舎記念館の展示物として保存されている[4]
  • 発車メロディはカンノ製作所のもので信越本線時代からの発車メロディをそのまま利用している。ただし、ワンマン運転の場合は発車メロディは取り扱わず発車ベルが用いられる[要出典]

駅弁[編集]

元々は地元業者「油屋弁当部」が駅弁を販売しており、ゴルフボールを模った容器に入った[要出典]「ゴルフ弁当」[24]テニスのラケットの形をした容器に入った「テニス弁当」などが人気だったが1986年に撤退した[要出典]2013年現在では、おぎのやが替わりに出店している。

しなの鉄道の改札前の待合室に併設されている駅そばは、JR東日本社員のアンケートで全国一となったことがある。おぎのやが営業しており、立ち食いそばとしては比較的珍しい、注文毎に生麺からゆでるタイプのものである。

利用状況[編集]

JR東日本[編集]

近年の一日平均乗車人員の推移は以下のとおり。

しなの鉄道[編集]

開業後の年間および一日平均乗車人員の推移は以下のとおり[25]

  • 1997年度 226,233人 : 1,250人/日
  • 1998年度 477,806人 : 1,309人/日
  • 1999年度 467,648人 : 1,278人/日
  • 2000年度 466,709人 : 1,279人/日
  • 2001年度 486,907人 : 1,334人/日
  • 2002年度 450,704人 : 1,235人/日
  • 2003年度 409,999人 : 1,120人/日
  • 2004年度 407,165人 : 1,116人/日
  • 2005年度 415,998人 : 1,140人/日
  • 2006年度 419,195人 : 1,148人/日
  • 2007年度 432,776人 : 1,182人/日
  • 2008年度 417,063人 : 1,143人/日
  • 2009年度 389,379人 : 1,067人/日
  • 2010年度 385,611人 : 1,056人/日
  • 2011年度 401,176人 : 1,099人/日

駅周辺[編集]

軽井沢はコクド(現・プリンスホテル)が堤康次郎堤義明の二代に渡って長年開発してきたため、西武系の施設が多く点在している。

路線バス[編集]

のりば5(JRバス関東碓氷線)

一般路線[編集]

のりば1
のりば2
のりば4
  • 西武高原バス
    • 発地方面循環(南軽井沢線)
  • 軽井沢町内循環バス
    • 発地方面循環(東・南廻り線)
のりば5

高速バス[編集]

のりば3

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
北陸新幹線
安中榛名駅 - 軽井沢駅 - 佐久平駅
しなの鉄道
しなの鉄道線
快速・普通
軽井沢駅 - 中軽井沢駅

かつて存在した路線[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
信越本線(廃止区間)
横川駅 - 丸山信号場 - (熊ノ平信号場) - 矢ヶ崎信号場 - 軽井沢駅 - 中軽井沢駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g JR東日本:各駅情報(軽井沢駅)”. 東日本旅客鉄道. 2015年3月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 長野県全駅、p.12。
  3. ^ a b 軽井沢駅”. しなの鉄道. 2015年3月31日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 長野県全駅、p.238。
  5. ^ a b c d e “期待と不安乗せ しなの鉄道スタート” 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社). (1997年10月1日)
  6. ^ a b c “信越線碓氷峠104年の歩みに幕 列車は思い出の中へ” 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社). (1997年10月1日)
  7. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 3号 関東1』新潮社 2008年7月18日 24頁
  8. ^ a b c d e f 祖田 圭介(鉄道総合技術研究所)「横川駅と軽井沢駅の配線の今昔」、『鉄道ピクトリアル』第47巻第8号、株式会社電気車研究会(鉄道図書刊行会)、1997年8月、 60-62頁。
  9. ^ a b c d 小西 純一(信州大学工学部助教授)「碓氷峠の鉄道をめぐる興味」、『鉄道ピクトリアル』第47巻第8号、株式会社電気車研究会(鉄道図書刊行会)、1997年8月、 10-19頁。
  10. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 3号 関東1』新潮社 2008年7月18日 24頁
  11. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 3号 関東1』新潮社 2008年7月18日 24頁
  12. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 3号 関東1』新潮社 2008年7月18日 24頁
  13. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1915年8月6日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  14. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 3号 関東1』新潮社 2008年7月18日 24頁
  15. ^ 『東京急行電鉄50年史』 東京急行電鉄株式会社、1973年4月18日、1189頁。
  16. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 3号 関東1』新潮社 2008年7月18日 24頁
  17. ^ 1974年(昭和49年)9月12日日本国有鉄道公示第208号「駅の営業範囲の改正」
  18. ^ 1982年(昭和57年)11月13日日本国有鉄道公示第168号「駅の営業範囲の改正」
  19. ^ 1984年(昭和59年)1月30日日本国有鉄道公示第174号「駅の営業範囲の改正」
  20. ^ 1987年(昭和62年)2月5日日本国有鉄道公示第210号「駅の営業範囲の改正」
  21. ^ a b “信濃路に新風、一番列車 響く万歳、歓迎太鼓” 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社). (1997年10月1日)
  22. ^ “横川-軽井沢 代替バスほぼ満員に” 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社). (1997年10月1日)
  23. ^ a b 軽井沢駅 - 東日本旅客鉄道株式会社 長野支社(駅の小さな物語)、2015年8月6日閲覧。
  24. ^ a b c d 長野県全駅、p.130。
  25. ^ 平成23年度「軽井沢町の統計」及び平成18年度「軽井沢町統計書」による。
  26. ^ 山ノ内町と軽井沢駅を結ぶ新路線運行開始! (PDF)”. 長電バス. 2014年10月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 信濃毎日新聞社出版部 『長野県鉄道全駅 増補改訂版』 信濃毎日新聞社、2011年7月24日。ISBN 978478407164。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]