サンシャインシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
池袋サンシャインシティ
Ikebukuro Sunshine City
Sunshine City 2012.JPG
サンシャインシティーアルパ(右手のビルがサンシャイン60)
施設情報
所在地 〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-1-3
状態 完成
着工 1973年昭和48年)7月
竣工 1978年昭和53年)4月6日:サンシャイン60・専門店街アルパ(部分竣工)
1978年昭和53年)10月6日:専門店街アルパ(全面竣工)・ワールドインポートマート・文化会館
1980年昭和55年)4月:プリンスホテル
用途 店舗事務所ホテルホール博物館集合住宅駐車場
地上高
高さ 240m
各種諸元
階数 地上60階、地下4階(ワールドインポートマートビルのみ地下5階)
敷地面積 54,687.63 m²
建築面積 38,575 m²
延床面積

585,895m²

  • サンシャイン60:190,595m²
  • プリンスホテル:86,910 m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
駐車台数 1,800台
関連企業
設計 三菱地所
構造エンジニア 武藤構造力学研究所
施工 大成建設大林組竹中工務店鹿島建設清水建設東急建設
デベロッパー 株式会社新都市開発センター
(現 株式会社サンシャインシティ)
管理運営 株式会社サンシャインシティ
株式会社サンシャインシティ
Sunshine City Corporation
種類 株式会社
略称 池袋サンシャイン
本社所在地 日本の旗 日本
170-8630
東京都豊島区東池袋三丁目1番1号
設立 1966年(昭和41年)10月14日
(株式会社新都市開発センター)
業種 不動産業
事業内容 オフィス・エネルギー関連施設等の賃貸事業
商業施設事業
代表者 鈴木 誠一郎(取締役社長)
資本金 192億円
発行済株式総数 38,400,000株
売上高 271億71百万円
(2014年3月期)
純利益 37億66百万円
(2014年3月期)
純資産 516億14百万円
(2014年3月31日現在)
総資産 973億64百万円
(2014年3月31日現在)
従業員数 114名
(2015年7月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 三菱地所
セブン&アイ・ホールディングス
みずほ銀行
クレディセゾン
三菱東京UFJ銀行
東芝
主要子会社 サンシャインビーエス
サンシャインエンタプライズ
サンシャイン劇場
池袋地域冷暖房
アール・エス・シー
関係する人物 磯崎叡(元社長)
外部リンク www.sunshinecity.co.jp
テンプレートを表示
サンシャインシティ アルパ & ALTA
Sunshine City Alpa & ALTA
サンシャインシティ・首都高側の正面出入口
サンシャインシティ・首都高側の正面出入口
店舗概要
開業日 1978年10月5日
商業施設面積 45,264 m²
店舗数

248店

  • アルパ168店
  • Sunshine City ALTA80店
駐車台数 1,800台
最寄駅 東池袋駅池袋駅
最寄IC 首都高速道路5号池袋線東池袋出入口

サンシャインシティは、東京都豊島区東池袋三丁目にある、株式会社サンシャインシティが運営する複合商業施設東京拘置所巣鴨プリズン)跡地を再開発して建設された。

概要[編集]

サンシャインシティは池袋ランドマーク的役割を果たしている。1958年首都圏整備計画に沿って閣議において東京拘置所の移転が決定されるが、東京都の財政難及び移転先の用地難などから開発の進捗は滞っていた[1]。その後64年10月の東京オリンピックを控え、池袋の再開発計画も俎上に載り、副都心計画(TKプラン)は、民間事業とした上で児童センターを核として事業を進展させることとなった。そして西武百貨店が実務の中心を担い、事業の具体化が進められた[1]。64年1月には、副都心建設のためのデベロッパー会社を設立するための発起人会が経済界有志によって結成された。さらに66年度予算において、5ヵ年計画で国庫債務負担を認められ、同年10月、開発母体となる株式会社新都市開発センター(現:サンシャインシティ)が設立された[2]。新会社設立の際には、堤清二が財界首脳や丸の内の大手企業を訪問し出資を要請したほか、拘置所の移転運動でも堤が軸となり活動を推進した[3]。また、三菱地所と共に西武流通グループが最大の出資者として名を連ねた[4]

73年7月、サンシャインシティは建設を着工するが直後にオイルショックに遭遇し工費が倍増するなど紆余曲折を経ながらも[3]、78年4月6日にサンシャイン60が竣工。展望台のオープンとオフィス・テナントの入居を開始、約半年後の10月5日にプリンスホテルを除く全館が竣工しグランドオープン(街開き)を迎えた。

2008年(平成20年)2月から3月にかけ、それまで株式会社サンシャインシティの筆頭株主で持分法適用会社としていた三菱地所が、協業体制を強化する目的で同社の株式公開買付けを実施し、他株主より全発行株数の59.59%を取得、同年3月25日に同社の連結子会社になった。またサンシャインシティの主要株主の一社であった西武鉄道[5]は、TOBにより株式売却したことから株主から外れている。

超高層ビルとしては展望台の高さ都内一のサンシャイン60を中心に、複数のビルや地下街・専門店街で構成される。オフィスや専門店街を中心とする商業施設、ホテル(プリンスホテル)にとどまらず、水族館ナンジャタウンJ-WORLD TOKYOといった屋内型テーマパークプラネタリウム、劇場などのレジャー施設、コンベンションホール、さらにはマンションまで擁する、日本初の複合都市施設である。2007年(平成19年)までの15年間、毎年約3千万人が来場している。

サンシャインシティはサンシャイン60、プリンスホテル、ワールドインポートマート、文化会館、専門店街アルパの5つのエリアに分かれており、エリアごとにシンボルカラーが制定されている。エリアごとのシンボルカラーは、館内の案内表示板や地下駐車場内の駐車位置の目印になる柱番号表示などに使用されている。

キャッチコピーは、「なんか面白いこと、ある。」サンシャイン60開業35周年の2013年上半期には「おかげ様で35周年。」が加わった。

かつてはセゾングループ構成企業が18層を賃借しサンシャイン60に本社を置いていた[6]。現在もクレディセゾンファミリーマートなど一部の旧グループ企業は引き続きサンシャイン60に本社を置く。また、西武ライオンズ(現:埼玉西武ライオンズ)は、サンシャインシティに球団事務所を構えていたが、1986年に西武球場(現:西武ドーム)内に移転している。

主な施設[編集]

各エリアに様々な施設が入っている。

  • サンシャイン60 (シンボルカラー:
    • サンシャイン60展望台・スカイデッキ
      • 高層ビルの展望台の高さとしては、都内一である。また、サンシャイン60ビルは武蔵野台地に位置するため、海抜の高さでは、東京タワーの特別展望台(250m)よりも高いが、東京スカイツリーの天望デッキ(350m)より低い。
    • 企業オフィス
    • 総合診療センター
    • 郵便局(サンシャイン60内郵便局)

専門店街は、ALTA(アルタ)とalpa(アルパ)という類似した名称のものが併存している。

なお、そごうはかつて現サンシャインシティへの出店を計画していたが、池袋駅から地下道を通す条件がクリアできず出店を断念した。

サンシャインシティプリンスホテル[編集]

サンシャインシティ敷地内にプリンスホテルによりサンシャインシティプリンスホテルが1980年に開業(1996年に改装)。客室総数1166室、定員1,945人収容の大型シティホテルである。2006年3月の西武グループ再編まで、西武鉄道やコクドなどがプリンスホテルの建物を所有していた中、当施設はプリンスホテル(旧社)が直接保有する唯一の物件だった。

2007年(平成19年)には2・3階にあった宴会場を閉鎖し、跡地に株式会社プリンスホテルの本社が移転した。かつてサンシャイン60の59階にあった、本ホテルが運営するレストラン「トリアノン」は、同年に閉店している。また、本ホテルの1階にあったメインバー「ウィンザー」も同年に閉店し、その跡にファミリーマートが入っている。

バスターミナル[編集]

文化会館1階のバスターミナル

サンシャインシティには文化会館1Fバスターミナルが設置されている。都市計画法に基づく都市計画事業(都市施設)名称は、「東京都市計画自動車ターミナル第1号西巣鴨バスターミナル」である。 また、サンシャインシティプリンスホテルにサンシャインシティプリンスホテルバス停が設置され、空港連絡バスが発着している。

敷地内ではないが、南側の道路を挟んだアウルタワー前に国際興業バスの「サンシャインシティ南」停留所が存在し、池07系統江古田二又行きが発着する。

文化会館1F[編集]

路線名・愛称 経由地 行先 運行会社 備考
WILLER EXPRESS   仙台駅 南部WILLER EXPRESS
燕三条駅
メイワサンピア
新潟駅 WILLER EXPRESS北信越
  名古屋南 WILLER EXPRESS東海
京都駅高速長岡京 WILLERバスターミナル大阪梅田 WILLER EXPRESS西日本
ニュープリンス高速バス
さくら高速バス サンライフ南相馬 相馬市役所前 桜交通
  浜松
  名古屋南
南草津駅梅田 天王寺 インフォマティック
アミー号   新潟駅 武井観光 運休日あり
南草津駅 梅田 山一サービス
グレースライナー   名古屋南 グレース観光
京都鴨川十条 梅田
杉崎高速バス   名古屋(ミッドランドスクエア 杉崎観光バス 運休日あり
  梅田
  岡山
ユタカライナー 京都駅・梅田 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ユタカ交通
京都駅・梅田 神戸三宮
ハートライナー 新大阪駅難波 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 神姫観光バス
オリオンバス 草津駅 梅田 オー・ティー・ビー
ミルキーウェイEXP 鍛冶橋駐車場 名古屋南 さくら観光バス
大宮駅 仙台

上記の他にバスツアーや団体観光バスの乗降場、バス待機所・バス駐車場として使用されている。バスツアーの例として国際興業トラベルが、浦和レッズ埼玉スタジアム2002で主催試合を開催する場合に催行する、Here We号の例が挙げられる。

都営バス池86系統渋谷駅行きや池65系統目白駅練馬方面行きが発着していた時期がある。ヤマダ電機日本総本店シャトルバスが2009年の開店当初から運行されていたが、次第に減便され、2012年2月末で廃止された。

サンシャインシティプリンスホテル(バス停)[編集]

路線名・愛称 経由地 行先 運行会社 備考
リムジンバス   成田空港 東京空港交通
国際興業バス
  羽田空港

以前は、西武バス系列の高速バスが当所に停車していた。

最寄駅[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『セゾンの歴史 上巻 変革のダイナミズム』P285。
  2. ^ 『セゾンの歴史 上巻 変革のダイナミズム』P286。
  3. ^ a b 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』P54。
  4. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』P56。
  5. ^ サンシャインシティ主な株主一覧(2003年度)
  6. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』P57。
  7. ^ 池袋経済新聞「東京メトロ東池袋駅-サンシャインシティ間の地下通路が開通」(2011年02月02日付記事)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度43分45秒 東経139度43分5秒 / 北緯35.72917度 東経139.71806度 / 35.72917; 139.71806