東日本旅客鉄道高崎支社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東日本旅客鉄道 > 東日本旅客鉄道高崎支社

東日本旅客鉄道高崎支社(ひがしにほんりょかくてつどうたかさきししゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の支社の一つ。旧国鉄高崎鉄道管理局の流れを汲んでいる。

支社所在地[編集]

歴史[編集]

管轄路線[編集]

群馬県埼玉県栃木県の一部を管轄としている。

路線

支社境界はいずれも閉塞区間上にあるため、境界線の内側の停車場信号場など)を記載している。

路線名 区間 備考
上越新幹線 熊谷駅 - 上毛高原駅 熊谷駅 - 高崎駅間は長野新幹線列車も走行
北陸新幹線 高崎駅 - 安中榛名駅 旅客案内上は「長野新幹線」と呼称
高崎線 宮原駅[1] - 高崎駅  
上越線 高崎駅 - 土合駅[2]  
吾妻線 渋川駅 - 大前駅(全線)  
両毛線 思川駅[3] - 新前橋駅  
信越本線 高崎駅 - 横川駅  
八高線 毛呂駅[4] - 倉賀野駅  
旧管理路線
  • 信越本線(横川駅 - 軽井沢駅 - 信濃追分駅
    • 長野新幹線の開業に伴い、横川駅 - 軽井沢駅は廃線、軽井沢駅 - 信濃追分駅はしなの鉄道に移管。新幹線駅となった軽井沢駅は長野支社に移管。

車両基地[編集]

乗務員区所[編集]

運転士・車掌[編集]

なお、運転士の内、蒸気機関車を運転する甲種蒸気機関車運転免許を所有し、蒸気機関車牽引列車の運転業務が可能な運転士は高崎運輸区にて勤務となる。

設備関係区所[編集]

保線技術センター[編集]

  • 高崎新幹線保線技術センター
  • 高崎保線技術センター
  • 熊谷保線技術センター
  • 渋川保線技術センター
  • 桐生保線技術センター

その他の区所[編集]

  • 高崎土木技術センター
  • 高崎建築技術センター
  • 高崎機械技術センター
  • 高崎電力技術センター
  • 高崎信号通信技術センター

乗車人員ベスト40(2010年度)[編集]

順位 駅名 一日平均
乗車人員
順位 駅名 一日平均
乗車人員
順位 駅名 一日平均
乗車人員
順位 駅名 一日平均
乗車人員
1 上尾駅 40,491人 11 深谷駅 10,402人 21 渋川駅 3,515人 31 安中駅 1,874人
2 熊谷駅 30,715人 12 吹上駅 9,711人 22 足利駅 3,318人 32 北高崎駅 1,673人
3 高崎駅 27,443人 13 前橋駅 9,422人 22 佐野駅 3,271人 32 倉賀野駅 1,536人
4 桶川駅 27,055人 14 北鴻巣駅 7,959人 24 岡部駅 3,129人 34 前橋大島駅 1,513人
5 宮原駅 23,217人 15 行田駅 6,750人 25 神保原駅 2,822人 35 群馬総社駅 1,486人
6 北本駅 19,986人 16 新前橋駅 5,899人 26 駒形駅 2,614人 36 国定駅 1,296人
7 鴻巣駅 19,908人 17 栃木駅 5,124人 27 高崎問屋町駅 2,537人 37 群馬藤岡駅 1,167人
8 籠原駅 14,860人 18 伊勢崎駅 5,118人 28 井野駅 2,042人 38 磯部駅 1,133人
9 北上尾駅 14,172人 19 新町駅 3,731人 29 本庄早稲田駅 2,010人 39 岩宿駅 1,090人
10 本庄駅 10,502人 20 桐生駅 3,681人 30 沼田駅 1,973人 40 中之条駅 1,042人

関連会社[編集]

以下の3社は、支社別グループ会社ではなく[1]、高崎支社管内(のみ)を営業地域としているというだけの本社直轄の子会社(ホテルメトロポリタン高崎は孫会社)であるが、参考に記載する。高崎支社の支社別グループ会社としてはジェイアール高崎商事が存在していた。

高崎ターミナルビル[編集]

高崎支社管内の駅ビル等の商業施設(高崎駅の駅ビル:モントレー熊谷駅の駅ビル:アズ、高崎・前橋・上尾駅構内商業施設・籠原駅ビル商業施設:イーサイト)の経営などを行なっている。以前は、管内の宿泊施設の経営・運営も行っていた。

JR高崎鉄道サービス[編集]

高崎支社管内で駅構内・駅ビルなどの清掃、駅業務の業務委託等を行なっている。 2009年4月1日、高崎鉄道整備が、高崎支社の支社別グループ会社であったジェイアール高崎商事を吸収合併したことにより設立。

ホテルメトロポリタン高崎[編集]

  • 首都圏を営業範囲とする日本ホテル株式会社の子会社。日本ホテルより委託を受けて、ホテルメトロポリタン高崎及びファミリーオ新治の運営を行っている。

その他[編集]

  • グリーン車Suicaシステム搭載の普通列車グリーン車が走る路線のある各支社(高崎・東京・横浜・大宮・千葉・水戸)の中でも、特に積極的に普通列車グリーン車利用促進キャンペーン(Suicaグリーン券を利用してグリーン車に乗って応募する形式)を主催しており、時には常磐線など高崎支社管内ではない線区を主体としたキャンペーンも高崎支社が主催していることもある。
  • 毎年9月1日(防災の日)に行われるJR東日本の総合防災訓練時には、「東京直下型の大地震に伴い、東京方面と通信できなくなり、高崎支社が本社対策本部を設置し、その後、準備が整った東京支社に引き継ぐ」という初期段階に重要な役割での想定による訓練が多く行われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大宮駅との間の川越線並走区間を抜けた後の、大成第六踏切付近(大宮起点3.0km地点)を大宮支社との境界としている。
  2. ^ 土樽駅との間の、上り線の清水トンネルの出口付近を新潟支社としている。
  3. ^ 小山駅との間の、思川の鉄橋の手前(小山起点2.0km地点)を大宮支社との境界としている。
  4. ^ 高麗川駅との間の、高麗川を跨ぐ鉄橋の北側(八王子起点33.5km地点)を八王子支社との境界としている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]