横川運転区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横川運転区(1988年頃)

横川運転区(よこかわうんてんく)は、群馬県安中市にかつて存在した東日本旅客鉄道(JR東日本)の車両基地である。この項では、前身である横川機関区についても述べる。

歴史[編集]

信越本線横川 - 軽井沢、通称:横軽)開通を前にした1892年7月に横川機関庫が横川駅南側に設置された[1]。同区間は最大66.7もの急勾配が連続する難所であり、列車に連結する補助機関車と乗務員が所属することとなった。

1928年には軽井沢機関庫を統合し、横川機関庫の分庫とした[2]。1936年9月1日付で、横川機関区に改称した[2]。なお、日本国有鉄道時代は高崎鉄道管理局に属していた[3]

国鉄分割民営化を前にした1987年3月1日付で横川運転区に改称され、分割民営化後はJR東日本に継承された。その後1997年同区間が廃止になると同時に本運転区も閉鎖された。跡地には、1999年に碓氷峠鉄道文化むらが開園した。

所属車両の車体に記される略号[編集]

横川を示す「」である。

所属車両[編集]

EC40形
EC40形
ED42形
ED42形
EF63形
EF63形

推移[編集]

初期は、海外から輸入したものや、それをベースに国内で製造された蒸気機関車が使用された。

1912年の電気機関車牽引開始に伴いEC40形が配置された。1919年から1923年にかけてはED40形が14両製造され、輸送量の増加や蒸気機関車の廃止に対応した[4]。1926年にはED41形がスイスから輸入された[4]

1934年にはED42形の配置がなされ、1947年までに24両が配置された[2][5]。これによりED40形とED41形は廃車となった[5]

1962年にはアプト式運転から粘着運転への切り替えに合わせてEF63形が落成し、1963年末までにED42形全車が運用離脱・廃車となった[5]

  • EF63 1 - 13の新製配置は高崎第二機関区(現・JR貨物高崎機関区)であったが1964年8月に転入[5]。以降1966年から1976年まで14 - 25の12両が新製配置された。

分割民営化時にはEF63 2 - 4・6 - 8・10 - 13・15 - 25の21両が継承された。

1997年9月30日をもって本運転区は閉鎖。用途喪失のEF63形は1998年9月の全車廃車までは、車籍を高崎運転所(現・高崎車両センター)所属とされた。

乗務範囲[編集]

  • 信越本線 横川 - 軽井沢間

同区間を通過する全列車に連結されるEF63形の乗務はもちろんの事、同区間を走行する客車列車や貨物列車で運用されるEF62形の乗務も担当した[6]

脚注[編集]

  1. ^ Rail Magazine』153、ネコ・パブリッシング、1996年、p.22
  2. ^ a b c 『Rail Magazine』153、ネコ・パブリッシング、1996年、p.49
  3. ^ 『復刻版国鉄電車編成表』1986.11ダイヤ改正、ジェー・アール・アール 、交通新聞社、p.107 ISBN 9784330106090
  4. ^ a b 『Rail Magazine』153、ネコ・パブリッシング、1996年、p.26
  5. ^ a b c d 『Rail Magazine』153、ネコ・パブリッシング、1996年、p.50
  6. ^ 鉄道ジャーナル』1997年1月号、鉄道ジャーナル社、1996年、p.55
[ヘルプ]