寄居駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
寄居駅
Yorii Station South Exit.jpg
南口(2022年1月)
よりい
Yorii
所在地 埼玉県大里郡寄居町大字寄居1071-2
北緯36度7分4.37秒 東経139度11分40.22秒 / 北緯36.1178806度 東経139.1945056度 / 36.1178806; 139.1945056座標: 北緯36度7分4.37秒 東経139度11分40.22秒 / 北緯36.1178806度 東経139.1945056度 / 36.1178806; 139.1945056
所属事業者 秩父鉄道(秩父)
東武鉄道(東武)
東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 ヨリ(秩父・東武・JR東日本)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 計3面6線(各1面2線)
乗車人員
-統計年度-
(秩父鉄道)-2020年-
895人/日(降車客含まず)
(東武)-2020年-
1,188人/日(降車客含まず)
(JR東日本)-2021年-
316人/日(降車客含まず)
乗降人員
-統計年度-
(秩父鉄道)-2020年-
1,757人/日
(東武)-2021年-
2,928人/日
開業年月日 1901年明治34年)10月7日(秩父)
1925年大正14年)7月10日(東武)
1933年昭和8年)1月25日(JR東日本)[1]
乗入路線 3 路線
所属路線 秩父本線(秩父鉄道)
キロ程 33.8 km(羽生起点)
桜沢 (1.9 km)
(3.9 km) 波久礼
所属路線 東上本線(東武)
駅番号 TJ39
キロ程 75.0 km(池袋起点)
TJ 38 玉淀 (0.6 km)
所属路線 八高線(JR東日本)
キロ程 63.9km(八王子起点)
高麗川から32.8 km
折原 (3.6 km)
(4.5 km) 用土
備考 共同使用駅(秩父鉄道の管轄駅)
直営駅管理駅
テンプレートを表示
北口(2022年4月)

寄居駅(よりいえき)は、埼玉県大里郡寄居町大字寄居にある、秩父鉄道東武鉄道東日本旅客鉄道(JR東日本)のである[1]。郡部にある駅では唯一3つの鉄道事業者の路線が乗り入れる。

秩父鉄道の秩父本線(秩父線)、東武鉄道の東上本線(東上線)、JR東日本の八高線の3路線の接続駅となっており、東上線に関しては当駅が終点となっている。東武鉄道の駅にはTJ 39駅番号が付与されている。秩父鉄道の管轄駅で3社線で改札を共用する共同使用駅となっている[1]。八高線内の休日おでかけパスのフリーエリアは当駅までである。

歴史[編集]

初代寄居駅駅舎(1901年)

年表[編集]

付記[編集]

1992年(平成4年)春までは、東上線から秩父線への直通特急が当駅を介して直通運転を実施していた。廃止後にそれまで野上駅まで運転されていた西武鉄道池袋線西武秩父線からの直通列車が当駅まで延長されるものの、2007年(平成19年)3月6日から長瀞駅までに短縮されている。

駅構造[編集]

島式ホーム3面6線を有する地上駅で、3社がホーム各1面ずつを使用する。橋上駅舎を備えている。

秩父鉄道の直営駅で、東武鉄道とJR東日本は出改札業務を秩父鉄道に委託している[1]管理駅として、小前田駅 - 和銅黒谷駅長瀞駅を除く)間の各駅を管理している。

JR駅設備については、以前は高崎支社群馬藤岡駅、2013年6月1日からは同高崎駅が管理している。秩父線3・4番線ホームには待合室清涼飲料水自動販売機、東上線1・2番線ホームと八高線5・6番線ホームには、清涼飲料水自動販売機と待合室が設置されている。以前は秩父線ホームに立ち食いそば店が営業していたが2015年4月6日限りで閉店し、長瀞駅に移転した[注釈 1]

改札内でJR、東武、秩父鉄道相互間で乗り換え可能である。改札口には、JR東日本の簡易Suica改札機が設置されていた。2007年(平成19年)3月18日からPASMOの利用開始に伴い、東上線の連絡通路と秩父線の階段付近に乗換用の簡易ICカード改札機が設置された。当駅からSuica、PASMOなどで東上線に乗車する利用客は、改札口にある簡易改札機と、東上線の連絡通路にある簡易改札機の計2回タッチを必要としていた。出場の場合は逆の形で計2回タッチとなる。これを行わなかった場合は、当駅を含む降車駅で実際の乗車経路とは異なった運賃が差し引かれる。東上線用自動改札機が1基のみ設置されていた時期もあったが、他社の乗車券類を間違えて投入するなどのトラブルが相次いだため、2008年(平成20年)6月のダイヤ改正をもって撤去された。これにより、東上線(越生線を除く)では唯一の自動改札機非設置駅となった。

2022年3月12日から秩父鉄道でもPASMOを導入したことに伴い、券売機付近の共通改札機は廃止され(八高線専用として八高線連絡通路上に移設)、当駅から乗車する場合はどの鉄道会社であっても乗車路線の1回タッチだけで乗車可能になった(乗り換えの場合は乗換元路線の出場と乗換先路線の入場で必ず2回タッチが必要)。秩父鉄道のICカード専用簡易改札機は専用通路が短いため、ホーム上に設置されている。

自動券売機は各社1基ずつ設置されている(JRは普通回数券も発売可能)。また、秩父線の定期券やフリーきっぷなどを発売する有人窓口が設置されており、JRの定期券は寄居発となるものに限り発売できる(ただし手書きの補充定期券のため自動改札利用不可でICカードでの発売もできない。2021年9月までは東上線の定期券も同様に補充券で発売していた)。なお、Suica、PASMOなどICカードへの対応はJRの券売機でのみ可能である。なお現在のJR券売機には東上線の乗車券口座があるため、ICカードで東上線の乗車券を購入することができるようになっている。

三社線共に発着列車本数は少ないが、特に接続は考慮されていない。

エレベーター・トイレは南口、北口、秩父線ホーム、東上線ホーム、八高線ホームに設置されている[6]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1・2 TJ 東上線 上り 小川町方面[6]  
3・4 秩父線 羽生方面[7]  
下り 三峰口方面[7]  
5 八高線 上り 高麗川八王子方面[8] 八王子方面は、高麗川で乗り換え
6 下り 児玉高崎方面[8]  

(出典:JR東日本:駅構内図

利用状況[編集]

1999年度(平成11年度)以降の推移は以下のとおりである。

乗車人員・乗降人員推移
年度 秩父鉄道
(年間乗車人員)
東武鉄道
(1日平均乗降人員)
JR東日本
(1日平均乗車人員)
1999年(平成11年) 633,942[秩父 2]    
2000年(平成12年) 615,342[秩父 3]   460[JR 2]
2001年(平成13年) 607,942[秩父 4]   448[JR 3]
2002年(平成14年) 594,901[秩父 5]   448[JR 4]
2003年(平成15年) 577,323[秩父 6] 4,923[東武 2] 461[JR 5]
2004年(平成16年) 577,651[秩父 7] 4,946[東武 3] 475[JR 6]
2005年(平成17年) 570,407[秩父 8] 4,856[東武 4] 473[JR 7]
2006年(平成18年) 571,286[秩父 9] 4,638[東武 5] 479[JR 8]
2007年(平成19年) 579,947[秩父 10] 4,507[東武 6] 482[JR 9]
2008年(平成20年) 580,285[秩父 11] 4,520[東武 7] 494[JR 10]
2009年(平成21年) 559,327[秩父 12] 4,337[東武 8] 470[JR 11]
2010年(平成22年) 526,604[秩父 13] 4,347[東武 9] 423[JR 12]
2011年(平成23年) 503,433[秩父 14] 4,108[東武 10] 376[JR 13]
2012年(平成24年) 511,378[秩父 15] 4,230[東武 11] 399[JR 14]
2013年(平成25年) 517,797[秩父 16] 4,300[東武 12] 417[JR 15]
2014年(平成26年) 524,442[秩父 17] 4,179[東武 13] 413[JR 16]
2015年(平成27年) 521,357[秩父 18] 4,043[東武 14] 435[JR 17]
2016年(平成28年) 513,764[秩父 19] 3,884[東武 15] 421[JR 18]
2017年(平成29年) 503,747[秩父 20] 3,885[東武 16] 401[JR 19]
2018年(平成30年) 504,676[秩父 21] 3,886[東武 17] 402[JR 20]
2019年(令和元年) 482,366[秩父 1] 3,821[東武 1] 385[JR 21]
2020年(令和02年) 327,394 258[JR 22]
2021年(令和03年) 2,928 316[JR 1]

駅周辺[編集]

寄居駅付近空中写真(1974年撮影 国土画像情報オルソ化空中写真[国土交通省]より)

橋上駅舎化される前から駅舎があった南口(荒川)側は埼玉県道296号菅谷寄居線秩父往還)沿いに宿場町としての歴史を持つ商店街が発達している。南口からは「和紙の里」(東秩父村役場方面)行のイーグルバスが発着している。武蔵観光が運行する「深谷駅」行と「本庄駅南口」行のバスは、南口からやや離れた商店街(埼玉県道296号菅谷寄居線上)に寄居駅入口バス停にて連絡する。また、駅南口にはライフ寄居店があったが、2013年8月をもって閉店した。

北口は橋上駅舎供用開始時に新設された出口で、周辺は元々住宅地であったが、旧寄居中学校跡地に寄居町役場が移転し、行政機能が集積するようになった。静かな町並みで国道140号沿いにコンビニエンスストアや小売チェーン店などが立地する。また、本庄・深谷方面の各私立高校や私立大学スクールバスは北口側から発着する。

南口[編集]

北口[編集]

北口から望む。正面は寄居町役場(2006年12月)。

バス路線[編集]

南口[編集]

寄居駅
  • イーグルバス
    • W03:和紙の里行
寄居駅入口
その他
  • 寄居駅入口停留所は、南口から南方約200m先の県道296菅谷寄居線上にあり、駅側から見て、深谷・本庄方面は手前側、寄居車庫方面は県道を渡った反対側となる。
  • かつては東秩父村営バスによりさいたま川の博物館行も運転されていたが、2013年3月31日に廃止となった。

北口[編集]

隣の駅[編集]

秩父鉄道
秩父本線
急行「SLパレオエクスプレス
武川駅 - 寄居駅 - 長瀞駅
急行「秩父路
武川駅 - 寄居駅 - 野上駅
各駅停車
桜沢駅 - 寄居駅 - 波久礼駅
東武鉄道
TJ 東上本線
玉淀駅 (TJ 38) - 寄居駅 (TJ 39)
東日本旅客鉄道(JR東日本)
八高線
折原駅 - 寄居駅 - 用土駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 参考外部リンク[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『週刊 JR全駅・全車両基地』 46号 甲府駅・奥多摩駅・勝沼ぶどう郷駅ほか79駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年7月7日、27頁。 
  2. ^ 増田勝彦(2014年8月26日). “JR東日本:八高線で80周年記念号 上越線、信越線はSL−−秋臨時列車”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  3. ^ 「鉄道記録帳2002年2月」『RAIL FAN』第49巻第5号、鉄道友の会、2002年5月1日、 24頁。
  4. ^ “東上線 新駅の駅名を「みなみ寄居<ホンダ寄居前>」とし、 開業日を2020年10月31日に決定しました!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2019年12月23日), オリジナルの2019年12月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191223134054/https://www.tobu.co.jp/file/pdf/51dba5bd3c0fc22ad440481d923095f7/191223_1.pdf?date=20191223103108 2020年10月30日閲覧。 
  5. ^ “秩父鉄道、交通系ICカード「PASMO」を導入 〜2022年3月12日(土)よりサービス開始〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 秩父鉄道, (2022年1月27日), オリジナルの2022年1月27日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220127093258/https://www.chichibu-railway.co.jp/wp-content/uploads/2022/01/20220127_ICcard.pdf 2022年1月29日閲覧。 
  6. ^ a b 構内マップ | 寄居駅 | 東武鉄道” (日本語). railway.tobu.co.jp. 2019年7月20日閲覧。
  7. ^ a b 駅情報 - 寄居”. 秩父鉄道. 2019年8月18日閲覧。
  8. ^ a b 駅構内図(寄居駅)”. 東日本旅客鉄道. 2019年11月24日閲覧。

利用状況[編集]

秩父鉄道[編集]

  1. ^ a b 8-1 鉄道による駅別旅客及び貨物輸送状況 (Excel)”. 令和3年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2022年8月13日閲覧。
  2. ^ 110 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成12年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  3. ^ 110 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成13年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  4. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成14年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  5. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成15年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  6. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成16年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  7. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成17年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  8. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成18年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  9. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成19年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  10. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成20年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  11. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成21年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  12. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成22年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  13. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成23年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  14. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成24年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  15. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成25年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  16. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成26年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  17. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成27年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  18. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成28年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  19. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成29年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  20. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 平成30年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  21. ^ 8-1 鉄道による駅別旅客・貨物輸送状況 (Excel)”. 令和元年埼玉県統計年鑑. 埼玉県. 2021年4月15日閲覧。

東武鉄道[編集]

  1. ^ a b 駅情報(乗降人員)”. 東武鉄道. 2021年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月15日閲覧。
  2. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成15年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 11. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月3日閲覧。
  3. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成16年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 25. 2017年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月3日閲覧。
  4. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成17年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 25. 2017年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月3日閲覧。
  5. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成18年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 25. 2019年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  6. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成19年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 25. 2019年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  7. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成20年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 26. 2019年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  8. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成21年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 24. 2019年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  9. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成22年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 24. 2019年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  10. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成23年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 24. 2019年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  11. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成24年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 24. 2019年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  12. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成25年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 22. 2019年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  13. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成26年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 22. 2019年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  14. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成27年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 22. 2019年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  15. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成28年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 22. 2019年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  16. ^ 東武鉄道 (PDF)”. 平成29年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 22. 2019年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月21日閲覧。
  17. ^ 駅情報(乗降人員)”. 東武鉄道. 2019年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月21日閲覧。

JR東日本[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月12日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月6日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月21日閲覧。
  21. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月21日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]