日本の共同使用駅一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本の共同使用駅一覧 (にほんのきょうどうしようえきいちらん)は日本にある共同使用駅を地域別、都道府県別に一覧にしたものである。「共同使用駅」の定義は場合により異なるが、本記事では検証可能性の観点から、旅客駅において改札内を複数の事業者で共同使用している駅を取り上げる。なお一部の駅を除いて改札口も共用である。また旅客営業を行う駅同士の共同使用駅を対象とし、貨物専用の駅については含めない。

  • 括弧内の太字の事業者は、その事業者が駅業務を単独で管轄していることを示す。
  • 改札口・改札内とも共用の場合は類型は示さない。特記のある場合は下記の類型を示す。
  • 中間改札口とは、全ての乗客が通過しなければならない改札口を指し、ICカード乗車券専用の簡易改札機は含まない。
  • 改札外から入場できる改札口が各社毎に分かれており(他社の乗車券で自社の改札口を通過不可能[注釈 1])、乗換え用としての目的で設置されている中間改札口は、除外して考える。
(類型1)A社とB社(共同使用している事業者。以下同じ)で改札口が分かれているが、改札内は共用である。
(類型2)A社とB社の共用改札口と、B社のみの中間改札口がある。B社の乗客は、共用改札口を通過したあと中間改札口を通過する。
(類型3)A社とB社の改札口があるが、A社・B社の乗客とも双方の改札口を利用できる。ただしA社とB社の境界に中間改札口が存在する。
(類型4)(類型3)がA社側の改札口のみに適用されている事例。B社側の改札口はA社・B社の改札口が分かれている。

北海道・東北地方[編集]

関東地方[編集]

  • 神奈川県

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

四国地方[編集]

九州地方[編集]

  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 熊本県
  • 鹿児島県
    • 川内駅(九州旅客鉄道、肥薩おれんじ鉄道)(類型2) - 肥薩おれんじ鉄道線の利用には中間改札口を使用。 九州新幹線の駅は別改札内で九州旅客鉄道単独管理。

今後共同使用駅となる予定の駅[編集]

今後廃止が決まっている共同使用駅[編集]

  • 石川県
    • 金沢駅(西日本旅客鉄道、IRいしかわ鉄道) - 2023年春北陸新幹線延伸により、JR在来線の金沢駅以東もIRいしかわ鉄道に移管される予定のため、在来線区間がIRいしかわ鉄道単独駅となる。なお、北陸新幹線の駅に関しては引き続き別改札内で西日本旅客鉄道単独管理。

かつて存在した共同使用駅[編集]

●印は改札分離で共同使用駅を解除された例。
★印は相手の路線廃止で単独駅になった例。
▲印は相手の路線が吸収や譲渡で自社に編入されて単独駅になった例。
  • 群馬県
    • 高崎駅(東日本旅客鉄道、上信電鉄)● - 2005年7月3日に東西2箇所の改札口が1箇所に統合され改札分離して共同使用駅を解除。
    • 伊勢崎駅(東日本旅客鉄道、東武鉄道)● - 2010年3月13日に東武鉄道の仮駅舎が使用を開始により改札分離して共同使用駅を解除。
  • 茨城県
  • 埼玉県
    • 熊谷駅(秩父鉄道、東武鉄道)● - 1983年6月1日に東武熊谷線廃線により秩父鉄道単独駅となる。
  • 千葉県
  • 東京都
    • 新宿駅(東日本旅客鉄道、小田急電鉄、京王電鉄)● - 中央東口改札口の共用を解消。実施当時は巨大な共同使用(出改集札)であった。現在も東日本会社の中央西口は位置の関係で京王が受託(出改集札)しているが共用はしていない。
    • 下北沢駅(小田急電鉄、京王電鉄)● - 2019年3月16日に中央改札が開設され改札分離して共同使用駅を解除。
    • 武蔵境駅(東日本旅客鉄道、西武鉄道)● - 2004年11月7日に高架化工事に伴い改札分離して共同使用駅を解除。
  • 長野県
  • 三重県
    • 鳥羽駅(東海旅客鉄道、近畿日本鉄道)● - 2020年3月17日に近鉄・JR乗換連絡通路閉鎖。共同使用駅を解除。
    • 桑名駅(東海旅客鉄道、近畿日本鉄道、養老鉄道)(養老鉄道に関して類型2)● - 養老鉄道のみ中間改札口を設置。2020年8月30日に新駅舎の供用開始に伴いJR・近鉄の改札分離して共同使用駅を解除。
  • 大阪府
    • 三国ヶ丘駅南海電気鉄道、西日本旅客鉄道)● - 2013年9月7日に南海の改札をJRと分離したため共同使用駅を解除。
  • 兵庫県
    • 厄神駅(西日本旅客鉄道、三木鉄道)★ - 2008年4月1日の三木鉄道廃線によりJR単独駅となる。
    • 三宮駅[注釈 4]阪急電鉄、神戸高速鉄道)▲ - 2010年10月1日の神戸高速鉄道の事業形態変更により阪急の単独駅となったため共同使用駅を解除。
    • 元町駅阪神電気鉄道、神戸高速鉄道)▲ - 同上で阪神の単独駅となる。
    • 湊川駅神戸電鉄、神戸高速鉄道)▲ - 同上で神戸電鉄の単独駅となる。
    • 新神戸駅神戸市交通局、北神急行電鉄)▲ - 2020年6月1日北神急行電鉄が北神線を神戸市交通局へ移管したため神戸市交通局の単独駅となる。
  • 和歌山県
    • 橋本駅(南海電気鉄道、西日本旅客鉄道)● - 2011年3月1日に改修工事により改札分離して共同使用駅を解除。
    • 和歌山市駅南海電気鉄道、西日本旅客鉄道)● - 2017年7月15日に改修工事により改札分離して共同使用駅を解除。
  • 徳島県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 厳密には、新幹線と在来線を管轄するJR旅客会社が異なる駅では、新幹線のみの乗車券で在来線の改札口を通過可能である等の例外があるが、除外して考える。
  2. ^ 2020年6月1日北神急行電鉄北神線を神戸市交通局へ移管し、神戸市営地下鉄の路線となった[39]
  3. ^ 奇しくもこの日は国鉄分割民営化と同日のため国鉄の駅は東日本旅客鉄道の駅となる。
  4. ^ 解除後の2013年12月21日に「神戸三宮駅」に改称。
  5. ^ 1987年4月1日の国鉄分割民営化により九州旅客鉄道となる。

出典[編集]

  1. ^ 五稜郭駅構内図”. 道南いさりび鉄道. 2020年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  2. ^ 青森駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2019年6月). 2019年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  3. ^ 新青森駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2018年11月). 2018年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  4. ^ 大鰐温泉駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2018年12月). 2020年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  5. ^ 五所川原駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2019年7月). 2020年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  6. ^ 野辺地駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2018年10月). 2020年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  7. ^ 八戸駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2018年6月). 2019年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  8. ^ 目時駅(路線図・各駅情報)”. 青い森鉄道. 2019年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  9. ^ 釜石駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2019年9月). 2020年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  10. ^ 釜石駅(リアス線 駅情報)”. 三陸鉄道. 2020年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  11. ^ 久慈駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2019年9月). 2020年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  12. ^ 久慈駅(リアス線 駅情報)”. 三陸鉄道. 2020年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  13. ^ 好摩駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2017年9月). 2020年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  14. ^ 宮古駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2020年2月). 2020年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  15. ^ 宮古駅(リアス線 駅情報)”. 三陸鉄道. 2020年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  16. ^ 名取駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2017年6月). 2020年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  17. ^ 槻木駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2018年5月). 2020年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  18. ^ 羽後本荘駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2019年8月). 2020年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  19. ^ 羽後本荘駅(各駅・駅周辺みどころ案内)”. 由利高原鉄道. 2019年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  20. ^ 鷹ノ巣駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2019年8月). 2020年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  21. ^ 赤湯駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2020年1月). 2020年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  22. ^ 今泉駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2019年7月). 2020年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  23. ^ 会津高原尾瀬口駅(駅情報)”. 会津鉄道. 2019年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  24. ^ 西若松駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2019年6月). 2020年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  25. ^ 福島駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2019年9月). 2020年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  26. ^ 鹿島サッカースタジアム駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2019年6月). 2019年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月31日閲覧。
  27. ^ 勝田駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2016年3月). 2020年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月31日閲覧。
  28. ^ 下館駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2018年9月). 2019年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月31日閲覧。
  29. ^ 水戸駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2018年11月). 2019年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月31日閲覧。
  30. ^ 新藤原駅(構内図含む)”. 東武鉄道. 2019年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月31日閲覧。
  31. ^ 相老駅(構内図含む)”. 東武鉄道. 2020年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月31日閲覧。
  32. ^ 赤城駅(構内図含む)”. 東武鉄道. 2020年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月31日閲覧。
  33. ^ 桐生駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2018年12月). 2019年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月31日閲覧。
  34. ^ 桐生駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2018年8月). 2020年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月31日閲覧。
  35. ^ 寄居駅構内図”. 東日本旅客鉄道 (2019年5月). 2020年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月31日閲覧。
  36. ^ 寄居駅(構内図含む)”. 東武鉄道. 2020年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月31日閲覧。
  37. ^ 和光市駅構内図”. 東京地下鉄. 2019年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月31日閲覧。
  38. ^ 十日町駅の構内図”. 東日本旅客鉄道. 2020年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月11日閲覧。
  39. ^ 北神急行線事業の譲渡譲受にかかる認可について”. 神戸市交通局、北神急行電鉄、神戸高速鉄道 (2020年3月4日). 2020年3月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年7月11日閲覧。
  40. ^ “阿佐東線に関するお知らせです!” (日本語) (プレスリリース), 阿佐海岸鉄道, (2020年11月1日), http://asatetu.com/archives/2806 2020年11月1日閲覧。 

関連項目[編集]