りんくうタウン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
りんくうタウン駅
JR Nankai Rinku Town Station.jpg
りんくうタウン駅(2019年3月)
りんくうたうん
RINKŪ-TOWN[* 1]
Rinkū-town[* 2]
所在地 大阪府泉佐野市りんくう往来北1
北緯34度24分37.64秒 東経135度17分59.61秒 / 北緯34.4104556度 東経135.2998917度 / 34.4104556; 135.2998917 (りんくうタウン駅)座標: 北緯34度24分37.64秒 東経135度17分59.61秒 / 北緯34.4104556度 東経135.2998917度 / 34.4104556; 135.2998917 (りんくうタウン駅)
所属事業者 南海電気鉄道(南海)
西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号 リンクウ(南海)
リク(JR西日本)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
(JR西日本)-2019年-
3,574人/日(降車客含まず)
乗降人員
-統計年次-
(南海)-2019年-
12,411人/日
開業年月日 1994年平成6年)6月15日[1]
乗入路線 2 路線
所属路線 南海空港線
駅番号 NK 31
キロ程 1.9 km(泉佐野起点)
難波から35.9 km
NK30 泉佐野 (1.9 km)
(6.9 km) 関西空港 NK32
所属路線 S 関西空港線(JR西日本)
駅番号 JR-S46
キロ程 4.2 km(日根野起点)
天王寺から39.1 km
JR-S45 日根野 (4.2 km)
(6.9 km) 関西空港 JR-S47
備考 共同使用駅(南海の管轄駅)
みどりの窓口有(業務委託駅扱い)
  1. ^ 南海の表記
  2. ^ JR西日本の表記
テンプレートを表示

配線図

← 1・4 泉佐野駅/2・3 日根野駅 ↑

STRg STRf
STRfq STRq KRZo KRZo STR+r
STRgq STR+r STR STR STR
STR+BSr
STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSl
STR+BSl
STRl ABZg+r ABZg+l STRr
ABZgl ABZg+r
STRg STRf

関西空港駅

りんくうタウン駅(りんくうタウンえき、英語: Rinkū-town Station)は、大阪府泉佐野市りんくう往来北にある、南海電気鉄道(南海)・西日本旅客鉄道(JR西日本)のである。駅番号は南海がNK31、JR西日本がJR-S46

概要[編集]

関西国際空港の対岸にあり、同港の開港に合わせて開発された副都心りんくうタウンの中心部に位置している。南海電気鉄道の空港線と、JR西日本の関西空港線が乗り入れている。両社の共同使用駅であり、南海の管轄駅である。JR西日本は関西空港駅が、南海は泉佐野駅が、それぞれ当駅を管理している。JR西日本のみどりの窓口も設置されているが、業務はJR西日本交通サービスに委託されている。

当駅 - 関西空港駅間は特定運賃が適用されており、JR西日本、南海[注釈 1]ともに大人370円・小児180円である。また、券売機はJR西日本と南海電鉄とで別々に設けられているが、改札口は共用しているため、当駅 → 関西空港駅間の利用に限り、相互の普通乗車券で関西空港駅ではどちらの改札口でも係員に申告することなくそのまま出場できる制度がある[注釈 2]。ただし、定期券・回数券・特別企画乗車券・株主優待割引券(JR西日本)などの場合はこの制度は適用されない。また、南海電鉄の株主優待乗車証では当駅 - 関西空港駅間は利用できないことになっている。

南海・JRの接続駅で、改札を出ずに乗換が可能な共同使用駅なのは、現在では当駅が唯一である[注釈 3]。また、当駅は南海の駅で唯一漢字を一切含まない駅名である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する高架駅。2階にある改札およびコンコースおよびトイレは、JR西日本と南海とで共用している。自動改札機設置。

ホームは3階にあり、外側の2線(1・4番線)を南海が、内側の2線(2・3番線)をJR西日本が、それぞれ使用している。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 Nankai airport line symbol.svg 南海空港線 下り Pictograms-nps-airport.svg 関西空港方面
2 S JR関西空港線
3 上り 日根野天王寺大阪方面
4 Nankai airport line symbol.svg 南海空港線 なんば和歌山市方面

利用状況[編集]

  • 南海電気鉄道 - 2019年(令和元年)次の1日平均乗降人員12,394人(乗車人員:6,263人、降車人員:6,148人)である
    南海の駅100駅中北助松駅に次いで第24位[7]
  • JR西日本 - 2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員は3,574人である。

駅開業後の1日平均乗降・乗車人員推移は以下の通り。

年度[注釈 4]
年次[注釈 5]
南海電気鉄道 JR西日本 出典
1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
順位 1日平均
乗車人員
1994年 4,118 2,039 - 919 [8]
1995年 4,271 2,085 - 1,280 [9]
1996年 5,112 2,517 - 1,685 [10]
1997年 5,756 2,919 - 1,969 [11]
1998年 5,905 3,040 - 2,136 [12]
1999年 5,881 3,051 - 2,034 [13]
2000年 6,704 3,480 - 2,439 [14]
2001年 6,896 3,579 - 2,569 [15]
2002年 6,764 3,507 - 2,580 [16]
2003年 6,432 3,354 - 2,334 [17]
2004年 6,505 3,383 - 2,410 [18]
2005年 6,625 3,449 - 2,364 [19]
2006年 7,203 3,737 - 2,417 [20]
2007年 7,931 4,108 - 2,552 [21]
2008年 8,335 4,333 - 2,633 [22]
2009年 7,928 4,103 - 2,522 [23]
2010年 8,062 4,166 - 2,460 [24]
2011年 7,821 4,018 37位 2,392 [25]
2012年 8,286 4,277 35位 2,623 [26]
2013年 8,601 4,430 34位 2,663 [27]
2014年 8,850 4,541 31位 2,753 [28]
2015年 9,792 5,003 27位 2,988 [29]
2016年 10,467 5,316 27位 3,112 [30]
2017年 11,521 5,866 25位 3,271 [31]
2018年 11,982 6,083 25位 3,491 [32]
2019年 12,411 6,263 24位 3,574 [33]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

バスのりば

駅前のバスターミナルから発着する。

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
Nankai airport line symbol.svg 南海空港線
空港急行・普通
泉佐野駅 (NK30) - りんくうタウン駅 (NK31) - 関西空港駅 (NK32)
西日本旅客鉄道
S 関西空港線
関空快速直通快速・シャトル(普通)
日根野駅 (JR-S45) - りんくうタウン駅 (JR-S46) - 関西空港駅 (JR-S47)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 南海電鉄の小児運賃は大人の半額かつ10円未満切り上げが原則だが、当駅 - 関西空港駅間についてはJR西日本に合わせて例外で切り捨てとしている。
  2. ^ 当駅 → 関西空港駅間の利用に限り、JR西日本(南海)の普通乗車券で南海(JR西日本)の列車に乗車できる「特別乗車」が認められている。なお、逆に関西空港駅 → りんくうタウン駅間ではこの制度はない。
  3. ^ かつては和歌山市駅橋本駅も同様だったが、いずれも改良工事により両社で改札口が別となった。
  4. ^ JR西日本の集計。
  5. ^ 南海電気鉄道の集計。

出典[編集]

  1. ^ a b 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』42号 阪和線・和歌山線・桜井線・湖西線・関西空港線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年5月16日、27頁。
  2. ^ 全長89mのタンカー、関空連絡橋に衝突 強風で流され 朝日新聞 2018年9月4日
  3. ^ 関空、冠水で孤立…「帰れない」3000人困惑 読売新聞 2018年9月4日
  4. ^ 関西空港線の運転について:JR西日本”. 西日本旅客鉄道. 2018年9月7日閲覧。
  5. ^ 日本放送協会. “りんくうタウン駅まで鉄道再開へ|NHK 関西のニュース”. NHK NEWS WEB. https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180907/0007041.html 2018年9月7日閲覧。 
  6. ^ “関空鉄道、2週間ぶり再開 旅客便運航回復前にアクセス大幅改善”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2018年9月18日). https://www.sankei.com/west/news/180918/wst1809180007-n1.html 2018年9月18日閲覧。 
  7. ^ ハンドブック南海2020 鉄道事業 (PDF)
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成7年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成9年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成10年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成12年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  23. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  24. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  25. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  26. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  27. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  28. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  29. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  30. ^ 大阪府統計年鑑(平成29年) (PDF)
  31. ^ 大阪府統計年鑑(平成30年) (PDF)
  32. ^ 大阪府統計年鑑(令和元年) (PDF)
  33. ^ 大阪府統計年鑑(令和2年) (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]