会津高原尾瀬口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
会津高原尾瀬口駅
駅舎(2006年8月)
駅舎(2006年8月)
あいづこうげんおぜぐち
Aizukōgen-Ozeguchi
福島県南会津郡南会津町滝原字羽根子1056-1
所属事業者 会津鉄道
野岩鉄道
電報略号 コケ(会津鉄道)・アコ(野岩鉄道)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
(会津鉄道)-2015年-
36人/日(降車客含まず)
(野岩鉄道)-2015年-
224人/日(降車客含まず)
開業年月日 1953年昭和28年)11月8日
乗入路線 2 路線
所属路線 会津鉄道会津線
キロ程 57.4km(西若松起点)
所属路線 野岩鉄道会津鬼怒川線
キロ程 30.7km(新藤原起点)
男鹿高原 (5.7km)
備考 共同使用駅(会津鉄道の管轄駅)
テンプレートを表示
ホーム(2011年10月)
駅に併設されている「会津高原駅プラザ憩の家」(2011年10月)
転車台の遺構

会津高原尾瀬口駅(あいづこうげんおぜぐちえき)は、福島県南会津郡南会津町滝原字羽根子にある会津鉄道野岩鉄道

概要[編集]

会津鉄道会津線と野岩鉄道会津鬼怒川線の分界駅。会津鉄道会津田島駅までが電化区間のため、大半の列車は直通運転される。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅

会津鉄道の管轄駅であるが、前述のように野岩鉄道の開通当初は野岩鉄道の管轄であったため、野岩鉄道仕様の案内サインも混在している。駅舎は線路の西側に立地し、ホームとは新藤原端の構内踏切で連絡している。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 野岩鉄道会津鬼怒川線 新藤原鬼怒川温泉下今市新栃木浅草方面
2 会津鉄道会津線 会津田島西若松会津若松方面

乗車券は駅舎窓口のほか、階下の「会津高原駅プラザ 憩の家」(観光物産館)でも会津鉄道・野岩鉄道・会津乗合自動車(会津バス)のものを発売している。

駅構内の新藤原側に転車台の遺構がある。

利用状況[編集]

  • 会津鉄道 - 2015年度の1日平均乗車人員は36人であった[1]
  • 野岩鉄道 - 2015年度の1日平均乗車人員は224人であった[2]
乗車人員推移
年度 会津鉄道 野岩鉄道
1996 540
1997 477
1998 433
1999 422
2000 74 386
2001 66 375
2002 55 373
2003 52 348
2004 41 323
2005 41 334
2006 38 310
2007 38 314
2008 30 304
2009 27 271
2010 33 263
2011 33 216
2012 36 266
2013 33 263
2014 49 247
2015 36 224

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

隣の駅[編集]

会津鉄道
会津線
快速「AIZUマウントエクスプレス
会津田島駅 - (会津若松方面行きの一部 七ヶ岳登山口駅) - 会津高原尾瀬口駅 - (野岩鉄道会津鬼怒川線)
普通
七ヶ岳登山口駅 - 会津高原尾瀬口駅 - (野岩鉄道会津鬼怒川線)
野岩鉄道
会津鬼怒川線
  • 東武線直通特急「リバティ会津」停車駅
快速「AIZUマウントエクスプレス」
上三依塩原温泉口駅 - 会津高原尾瀬口駅 - (会津鉄道会津線)
普通
男鹿高原駅 - 会津高原尾瀬口駅 - (会津鉄道会津線)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]