羽沢横浜国大駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
羽沢横浜国大駅
駅舎(2019年11月)
はざわ よこはまこくだい
Hazawa yokohama-kokudai
地図
所在地 横浜市神奈川区羽沢南二丁目471-3
北緯35度28分53秒 東経139度35分11秒 / 北緯35.48139度 東経139.58639度 / 35.48139; 139.58639座標: 北緯35度28分53秒 東経139度35分11秒 / 北緯35.48139度 東経139.58639度 / 35.48139; 139.58639
駅番号 SO51
所属事業者 相模鉄道
東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 ワヨ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
(JR東日本)-2022年-
[JR 1]16,028人/日(降車客含まず)
乗降人員
-統計年度-
(相模鉄道)-2022年-
[相鉄 1]29,336人/日
開業年月日 2019年令和元年)11月30日[1][報道 1]
乗入路線 2 路線
所属路線 相鉄新横浜線
キロ程 2.1 km(西谷起点)
SO52 新横浜 (4.2 km)
(2.1 km) 西谷 SO08
所属路線 相鉄線直通(JR東日本)
(線路名称上は東海道本線貨物支線
キロ程 8.8 km(鶴見起点)
武蔵小杉から16.6 km
JS 15 *武蔵小杉 (16.6 km)
(- km) (西谷)**
備考 共同使用駅(相模鉄道の管轄駅[2]
JR東日本:浜 横浜市内
* この間に新川崎駅・新鶴見信号場(品川起点13.9 km)と鶴見駅(品川起点17.8 km)があるが、旅客列車は停車しない。
** 全列車が相鉄新横浜線と相互直通運転実施
テンプレートを表示

羽沢横浜国大駅(はざわよこはまこくだいえき)は、神奈川県横浜市神奈川区羽沢南二丁目にある、相模鉄道東日本旅客鉄道(JR東日本)の[3][報道 2]

概要[編集]

運輸政策審議会答申第18号神奈川東部方面線にあたる相鉄・JR直通線と相鉄・東急直通線の建設に伴い、相鉄の相鉄新横浜線とJR東日本の東海道本線貨物支線(相鉄線直通列車)の接続駅として、JR貨物・JR東日本の貨物駅横浜羽沢駅の敷地内に2019年令和元年)11月30日に開業した[報道 1][報道 3]

相鉄とJR東日本の共同使用駅で、相鉄が管轄する。このため駅構内の案内についても相鉄仕様となっている[2]駅番号は相鉄に対してのみSO51が付与されている。

鉄道不便地域だった羽沢地域の利便性向上が期待されている。特に近隣住民や横浜国立大学の関係者が当駅を利用すると見込んで、開業時点での乗降客数を1日約1万人、相鉄・東急直通線の開業後には約1.6万人になると予測している[新聞 1]

歴史[編集]

相鉄本線西谷駅から当駅までの地下新線を建設し、JRと相鉄との相互乗り入れを行う事業計画(相鉄・JR直通線)は2015年平成27年)の開業を目標に建設が進められていた[4]。しかし接続する東海道貨物線は鉄道貨物輸送の大動脈であるため、横浜羽沢駅構内の配線工事・信号システム切り替え作業に必要な間合い時間が1日で最大2時間程度しか確保できないことが判明した。また大規模な構内配線の切換えには時間がかかるため、貨物列車の運行本数が少ないゴールデンウィークや年末年始に行わなければならないことも分かった。これらの要因により、開業は2018年度内にずれ込む見通しとなった[5][報道 4]。さらに開業は延びて、2019年11月30日に開業した。

その後、当駅から新横浜駅を経て東急新横浜線日吉駅へ通じる新線(相鉄・東急直通線)も整備され、2023年3月18日に東急新横浜線も開業した。

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地下駅。改札口は地上階に1か所ある[新聞 2]。ホームの東側(東京方向)でJR線新宿方面と新横浜・東急線方面の線路が分岐し、JR線方面の線路はその先で東海道貨物線に合流する構造となる[3]。開業時からホームドアが設置されており[10]、ホームと改札の間にはエレベーター2基、エスカレーター4基が設けられている[6]

また、当駅にて相鉄の乗務員と交代を行うJR東日本新宿運輸区の乗務員専用の休憩・宿泊スペースが用意されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 SO 相鉄新横浜線 下り[11] 海老名湘南台横浜(西谷乗り換え)方面[12]
2 SO 相鉄新横浜線
(相鉄・東急直通線[12]
上り[11] 新横浜方面[12]
相鉄線直通[13]
(相鉄・JR直通線[12]
武蔵小杉渋谷新宿川越方面[13]
分岐点(外側:JR線新宿方面、内側:新横浜・東急線方面)
  • 西谷側・新横浜側ともに片渡り線が設けられており、1番線から新横浜・新宿方面、2番線から海老名方面の列車を発車させることもできる[14]。開業当初は早朝・深夜に西谷方面への折り返し列車が設定されていたが、2023年3月18日以降は定期ダイヤにおける営業列車の折り返しはない。輸送障害により直通運転が中止された際、基本的には相鉄は当駅 - 西谷間の折り返し便を運行させ、JRも状況に応じて当駅折り返しの列車を設定する[15]
  • 両番線ともにJR東日本仕様の発車メロディスイッチ制作の「キッズステーション」)が導入されており、JR線新宿方面への列車の発車時のみ扱われる[注 1]。新横浜方面・西谷方面への列車発車時は相鉄仕様のブザー・ベルが鳴動する。

配線図[編集]

羽沢横浜国大駅 構内配線略図

西谷方面
羽沢横浜国大駅 構内配線略図
新横浜方面
↓ 東海道貨物線
(相鉄線直通)
新宿方面
凡例
出典:[16]


駅デザイン[編集]

駅舎のデザインはデザインブランドアッププロジェクトに基づき、ダークグレーを基調として、レンガガラスを用いたものになっている[報道 2]

利用状況[編集]

以下の値には、いずれも相鉄・JR間の直通人員を含む。

  • 相模鉄道:2022年度の1日平均乗降人員29,336人である。相鉄線全27駅中第11位。JR線との通過人員(25,571人)を含む[相鉄 1]
  • JR東日本:2022年度の1日平均乗車人員16,028人である[JR 1]

年度別1日平均乗降人員[編集]

開業後の1日平均乗降人員の推移は以下の通り。

年度別1日平均乗降人員[乗降データ 1][乗降データ 2]
年度 相模鉄道
1日平均
乗降人員
増加率
[備考 1]2019年(令和元年) [相鉄 2]25,422
2020年(令和02年) [相鉄 3]21,309 −16.2%
2021年(令和03年) [相鉄 4]24,655 15.7%
2022年(令和04年) [相鉄 1]29,336 19.0%

年度別1日平均乗車人員[編集]

開業後の1日平均乗車人員の推移は以下の通り。

年度別1日平均乗車人員[乗降データ 3][乗降データ 2]
年度 相模鉄道 JR東日本 出典
[備考 1]2019年(令和元年) 12,017 [JR 2]12,681 [* 1]
2020年(令和02年) 10,183 [JR 3]11,597 [* 2]
2021年(令和03年) 11,777 [JR 4]13,637 [* 3]
2022年(令和04年) 14,042 [JR 1]16,028 [# 1]
備考
  1. ^ a b 2019年11月30日開業。開業日から翌年3月31日までの計123日間を集計したデータ。

運賃計算の特例(JR)[編集]

運賃計算上の隣の駅が(当駅発着の全列車が通過する)鶴見駅となっていることから、後述する運賃計算の特例が新たに設定された。この結果、列車運転上の隣駅である武蔵小杉駅までの運賃(320円[注 2])よりも、相鉄線直通列車が通過する鶴見駅や、相鉄線直通列車のルートから外れている国道駅までの運賃(いずれも180円[注 2])の方が安いという稀な現象が発生している[17]。なお、当駅 - 鶴見駅間の駅間キロ程は8.8 kmで、これは首都圏のJR電車特定区間内では最長の駅間距離である[注 3]

  • 当駅と横浜駅以遠(保土ケ谷駅または桜木町駅方面)の各駅との相互間を乗車する場合は、鶴見駅 - 武蔵小杉駅間を折り返して乗車することができる[18]
  • 当駅と鶴見駅・新子安駅東神奈川駅または川崎駅以遠(蒲田駅または尻手駅方面)、国道駅以遠(鶴見小野駅方面)もしくは大口駅以遠(菊名駅方面)の各駅との相互間を乗車する場合は、鶴見駅・新子安駅・東神奈川駅 - 横浜駅間と鶴見駅 - 武蔵小杉駅間を折り返して乗車することができる[注 4][18]
  • 当駅 - 新川崎駅相互間を乗車する場合、武蔵小杉駅 - 新川崎駅間を折り返して乗車することができる[18]
  • 横浜市内発着の乗車券で当駅から(または当駅まで)乗車する場合、途中下車をしなければ鶴見駅 - 武蔵小杉駅間を乗車できる[19]

特記事項[編集]

再開発[編集]

(相鉄・東急直通線の開業年度となる)2023年度中での完成を目指して駅前の再開発工事が進められている。2019年11月30日に開催された開業イベント「ハザコクフェスタ」で、その概要が明らかとなり、2021年10月に住居と商業地区を一体的に開発した タワーマンション「リビオタワー羽沢横浜国大」のデザインが明らかにされた[21]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

停留所名は「羽沢横浜国大駅前」で、当駅の開業に伴い「羽沢貨物駅」から改称された[報道 7]神奈川中央交通が運行する下記の路線が乗り入れる。

  • 121新横浜駅行/保土ケ谷駅西口行
  • 131〕川島住宅行 ※平日1本のみ
    • 保土ケ谷駅西口・川島住宅方面は駅のすぐ傍らに停車するが、新横浜駅方面は歩道橋を渡った先を右折したところで発着する。

隣の駅[編集]

相模鉄道[編集]

SO 相鉄新横浜線
特急・通勤特急・各駅停車[報道 8]
新横浜駅 (SO52) - 羽沢横浜国大駅 (SO51) - 西谷駅 (SO08)

東日本旅客鉄道(JR東日本)[編集]

相鉄線直通[23] (東海道貨物線)
特急・各駅停車[報道 3](いずれもJR線内・新宿駅まで各駅停車)
武蔵小杉駅 (JS 15) - (鶴見駅) - 羽沢横浜国大駅 (SO51) - (相鉄新横浜線)
※鶴見駅はホームがないが、運賃計算上の分岐点として掲載する。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1番線では、アクシデント発生による折り返し運転が行われる時のみ扱われる。
  2. ^ a b 大人かつ紙のきっぷで購入した場合。
  3. ^ 鶴見駅は営業上(運賃計算上)の「隣の駅」であり、列車運転上は全ての列車が16.6 km先の武蔵小杉駅まで停車しない。
  4. ^ 湘南新宿ライン高崎線 - 東海道線系統の特例と同一内容

出典[編集]

  1. ^ “相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線ともに開業延期 - 建設費4,000億円以上に”. マイナビニュース. (2016年8月26日). https://news.mynavi.jp/article/20160826-a421/ 2016年8月26日閲覧。 
  2. ^ a b よくあるご質問 11.30ダイヤ改正”. 相模鉄道. 2019年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月5日閲覧。
  3. ^ a b 都市鉄道利便増進事業 相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線|羽沢駅工事 - 鉄道・運輸機構、相模鉄道、東京急行電鉄(現東急電鉄)。2013年4月14日閲覧
  4. ^ 都市鉄道利便増進事業 相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線|相鉄・JR直通線 - 鉄道・運輸機構、相模鉄道、東京急行電鉄(現・東急電鉄)。2013年4月14日閲覧
  5. ^ 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構 (2013年10月). “相鉄・JR直通線事業の再評価と今後の対応方針” (PDF). 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構. 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構. pp. 10-12. 2023年4月1日閲覧。
  6. ^ a b 相鉄・JR直通線、新駅名は「羽沢横浜国大」 2019年度開業”. resemom. 2019年11月29日閲覧。
  7. ^ 相鉄・JR直通線の開業日に相鉄全駅入場券…羽沢横浜国大駅開業を記念して発売 11月30日から”. response.jp. 2019年11月29日閲覧。
  8. ^ 単独管理駅は2020年3月14日開業の高輪ゲートウェイ駅御厨駅南伊予駅までなかった。
  9. ^ 相鉄・東急直通線 開業日に関するお知らせ』(PDF)(プレスリリース)相模鉄道、2022年12月16日https://cdn.sotetsu.co.jp/media/2022/pressrelease/pdf/r22-192-31t.pdf 
  10. ^ 上新大介 (2019年3月29日). “相鉄・JR直通線レール締結式、羽沢横浜国大駅の見学も”. マイナビニュース. マイナビ. 2019年4月25日閲覧。
  11. ^ a b 時刻表”. 羽沢横浜国大駅. 東日本旅客鉄道. 2019年11月25日閲覧。
  12. ^ a b c d 羽沢横浜国大 駅構内マップ” (PDF). 相模鉄道. 2023年6月5日閲覧。
  13. ^ a b 駅構内図(羽沢横浜国大駅)”. 東日本旅客鉄道. 2023年6月5日閲覧。
  14. ^ “相模鉄道「都心直通」で誕生、20年ぶりの新駅は何がスゴいのか?”. ニコニコニュース (ニコニコニュース). (2019年4月24日) 
  15. ^ 相鉄・JR直通で誕生する「羽沢横浜国大駅」の利便性が恐ろしく悪いワケ”. ダイアモンド. 2019年12月12日閲覧。
  16. ^ 橋本浩史「神奈川東部方面線(相鉄・東急直通線)建設の概要」『鉄道ピクトリアル』第1010巻、電気車研究会、2023年4月、140頁。 
  17. ^ 「遠い駅」の方が安い? 相鉄・JR直通線の運賃のナゾ”. 鉄道コム・朝日インタラクティブ(2019年11月30日作成). 2019年11月30日閲覧。
  18. ^ a b c 特定の分岐区間に対する区間外乗車の特例│きっぷのルール:JRおでかけネット”. www.jr-odekake.net. 2019年11月26日閲覧。
  19. ^ 「横浜市内」発着となる乗車券による市外乗車の特例│きっぷのルール:JRおでかけネット”. www.jr-odekake.net. 2019年11月26日閲覧。
  20. ^ よくある質問 【電車】羽沢横浜国大駅でJR東日本の特急券などは買えますか? - 相模鉄道。2022年12月31日閲覧
  21. ^ 【公式】リビオタワー羽沢横浜国大|駅徒歩1分|新築分譲マンション”. nskre.jp. 2021年10月31日閲覧。
  22. ^ 横浜国立大学アクセス案内”. 横浜国立大学 (2019年10月31日). 2019年10月31日閲覧。
  23. ^ 路線図 - JR東日本

報道発表資料[編集]

  1. ^ a b c d 相鉄・JR直通線の開業日決定』(PDF)(プレスリリース)相模鉄道/東日本旅客鉄道、2019年3月28日。 オリジナルの2019年3月30日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190330073924/https://www.jreast.co.jp/press/2018/20190326.pdf2019年11月25日閲覧 
  2. ^ a b c d 相鉄・JR直通線 新駅名称を「羽沢横浜国大」駅に』(PDF)(プレスリリース)相模鉄道、2017年12月11日。 オリジナルの2018年1月21日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20180121023250/http://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/171211_01.pdf2020年7月28日閲覧 
  3. ^ a b c 直通運転開始により都心へのアクセスが向上 二俣川〜新宿最速44分 11月30日(土)相鉄線のダイヤ改正を実施 平日朝のラッシュ時間帯に通勤特急・通勤急行を導入』(PDF)(プレスリリース)相模鉄道、2019年11月5日。 オリジナルの2019年11月19日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20191119044337/https://www.sotetsu.co.jp/media/2019/pressrelease/pdf/r19-110-rt7.pdf2019年11月25日閲覧 
  4. ^ 相鉄・JR直通線事業に関するお知らせ』(PDF)(プレスリリース)鉄道・運輸機構、2013年4月23日。 オリジナルの2013年7月5日時点におけるアーカイブhttps://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11065169/www.jrtt.go.jp/08-2Press/pdf/H25/pressh250423.pdf2020年7月28日閲覧 
  5. ^ 神奈川東部方面線 相鉄・JR直通線発車式の開催について』(PDF)(プレスリリース)独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構、2019年11月15日。 オリジナルの2020年1月15日時点におけるアーカイブhttps://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11628931/www.jrtt.go.jp/corporate/public_relations/pdf/press20191115-2.pdf2020年11月12日閲覧 
  6. ^ 相鉄・JR直通線に関わるJR線区間の運賃等について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道、2019年2月26日。 オリジナルの2019年12月8日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20191208031722/https://www.jreast.co.jp/press/2018/20190229.pdf2020年8月9日閲覧 
  7. ^ 「羽沢横浜国大駅」開業に伴う運行時刻及び停留所名称の変更について(11/30実施)”. 神奈川中央交通 (2019年11月21日). 2020年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月22日閲覧。
  8. ^ 相鉄・東急直通線運行計画概要のお知らせ 相模鉄道 2022年11月24日

新聞記事[編集]

  1. ^ 開業目前、「相鉄・JR直通」ダイヤ作成の舞台裏 11月末開業、海老名―新宿で試運転が佳境に”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社 (2019年10月24日). 2019年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月9日閲覧。
  2. ^ 相鉄線20年ぶりの新駅「羽沢横浜国大駅」開業向けて発車式”. 港北経済新聞. 2019年11月29日閲覧。
  3. ^ <レポート>早ければ1年後に開業の「羽沢横浜国大駅」、再開発は“東急直通”時に照準”. 新横浜新聞(しんよこ新聞) (2018年9月30日). 2019年12月10日閲覧。

利用状況に関する出典[編集]

相模鉄道の1日平均利用客数
  1. ^ a b c 相鉄グループ要覧2023-2024 (PDF) (Report). p. 69. 2023年10月22日時点のオリジナル (pdf)よりアーカイブ。2023年10月22日閲覧
  2. ^ 相鉄グループ要覧2020-2021 (PDF) (Report). p. 17. 2020年9月27日時点のオリジナル (pdf)よりアーカイブ。2023年10月22日閲覧
  3. ^ 相鉄グループ要覧2021-2022 (PDF) (Report). p. 19. 2021年12月1日時点のオリジナル (pdf)よりアーカイブ。2023年10月22日閲覧
  4. ^ 相鉄グループ要覧2022-2023 (PDF) (Report). p. 18. 2023年10月22日時点のオリジナル (pdf)よりアーカイブ。2023年10月22日閲覧
JR東日本の2019年度以降の乗車人員
JR・私鉄の統計データ
  1. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  2. ^ a b 横浜市統計書 - 横浜市
  3. ^ 神奈川県勢要覧 - 神奈川県
神奈川県県勢要覧
  1. ^ 令和2年度 (PDF) - 225ページ
  2. ^ 令和3年 (PDF) - 213,217ページ
  3. ^ 令和4年 (PDF) - 217,221ページ
横浜市統計書 9運輸 -鉄道、軌道駅別利用人員

関連項目[編集]

外部リンク[編集]