相鉄新横浜線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
相模鉄道 相鉄新横浜線
シンボルマーク
羽沢横浜国大駅の相鉄・JR直通線分岐点 直進の新横浜方面(相鉄・東急直通線)は建設中
羽沢横浜国大駅の相鉄・JR直通線分岐点
直進の新横浜方面(相鉄・東急直通線)は建設中
基本情報
通称 相鉄・JR直通線、JR直通線
日本の旗 日本
所在地 神奈川県横浜市
起点 西谷駅
終点 羽沢横浜国大駅
駅数 2
路線記号 SO
開業 2019年令和元年)11月30日
所有者 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
運営者 相模鉄道
車両基地 かしわ台車両センター
川越車両センター(JR東日本車)
路線諸元
路線距離 2.1 km
軌間 1,067 mm
電化方式 直流1,500 V
架空電車線方式
閉塞方式 自動閉塞式
保安装置 ATS-P
最高速度 120 km
路線図
Sagami Railway Linemap.svg
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
STR
相鉄本線
STRq KRZu STR+r
JR海東海道新幹線
BHF STR
0.0 SO08 西谷駅
STRq STRq ABZgr STR
相鉄:本線
tSTRa@g STR
STRq STR+r tSTR STR
JR東東海道本線(貨物支線)
STR tBHF STR
2.1 SO51 羽沢横浜国大駅
BST tSTRe@g STR
横浜羽沢駅
KRWg+l
STR
SKRZ-Au extSKRZ-A SKRZ-Au
第三京浜道路
tSTRe@fq STRr extSTR STR
JR東:東海道本線(相鉄・JR直通線
STR3
STRc2 xtKRZ3+1 STRc4
STR+1
STR3+l
JR東:横浜線
STR+c2 xtKRZ3+1 STRc4
STRc2 KRZ3+1o
新横浜駅
STRc4
HUBc3
6.3 新横浜駅(仮称)
tSTRq KRZt
横浜市営地下鉄ブルーライン 新横浜駅
extSTR
東急東急新横浜線(建設中)

相鉄新横浜線(そうてつしんよこはません)は、神奈川県横浜市保土ケ谷区西谷駅から神奈川区羽沢横浜国大駅までを結ぶ、相模鉄道(相鉄)の鉄道路線である。ただし、国土交通省への届出上用いられている名称は、西谷駅 - 羽沢横浜国大駅間が相鉄・JR直通線となっている(後述)。駅ナンバリングで使われる路線記号はSO

概要[編集]

もともとはこの路線は旧運輸政策審議会(現在の交通政策審議会答申第7号第18号にある神奈川東部方面線計画の一部分を構成する区間であった。2000年代に「都心直通プロジェクト[1] と銘打たれ、相鉄本線JR東日本湘南新宿ラインおよび東急電鉄東横線目黒線を連絡し東京都心部へのアクセス路線として整備が進んでいる路線である。

整備主体である鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)によれば、西谷駅 - 羽沢横浜国大駅(仮称・羽沢駅)間の第一期線は相鉄・JR直通線として、羽沢横浜国大駅 - 新横浜駅(仮称)間の第二期線は東急新横浜線とともに相鉄・東急直通線の名称で建設が進められている区間となっている。

名称について[編集]

この路線全体の運営者である相模鉄道による路線名は、単に「新横浜線」ではなく会社の略称「相鉄」を含めた「相鉄新横浜線」である。これは同じく神奈川東部方面線計画の一部分を構成する東急新横浜線(こちらも会社の略称「東急」を含めた「東急新横浜線」が正式名称)との混同を防ぐためである。

一方、前述の通り保有者である鉄道・運輸機構による事業名称は西谷駅 - 羽沢横浜国大駅間が相鉄・JR直通線、羽沢横浜国大駅 - 新横浜駅(仮称)間が相鉄・東急直通線となっている。なお、相模鉄道による国土交通省への運賃認可申請書上の路線名としてはこちらの事業名称のものが用いられている[2][3]

2019年11月30日の相鉄・JR直通線区間開通時点では新横浜駅(仮称)まで路線が到達していないため、相鉄は当面の間旅客案内において「相鉄新横浜線」の名称の使用を控えており、「相鉄・JR直通線[4]あるいは単に「JR直通線[5]などの名称を用いている[6]。ただし直通先のJR東日本では公式ホームページにおける羽沢横浜国大駅案内において接続交通機関として「相鉄新横浜線」の名を用いている[7]など、相鉄以外の事業者においてはこの限りではない。

路線データ[編集]

  • 路線距離:西谷 - 羽沢横浜国大間 2.1km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:2駅(両端の駅を含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 保安装置:ATS-P

当路線の西谷駅 - 羽沢横浜国大駅を利用する場合、30円の加算運賃が必要である[8]

運行形態[編集]

2019年11月30日の第一期線開業時点では、本路線を走行する列車は、ほとんどの列車が海老名方面とJR線新宿方面とを直通する列車である。特急は全列車が直通である。また、本路線内においては全列車が各駅に停車する[9]

日中1時間あたりの運行本数は、以下のようになる。

日中の運行パターン(2019年11月30日改正)
種別\駅名 新宿 羽沢横浜国大 西谷 海老名
運行範囲 特急 1本
各停 1本

列車番号[編集]

列車番号は以下のように定められている(2019年11月30日改正時点)。

  • 3120 - :特急
  • 6220 - :各駅停車(JR線直通系統)
  • 7200 - :各駅停車(羽沢横浜国大発着系統)
  • 8000 - :試運転列車
  • 8700 - :臨時試運転列車
  • 9020 - :回送列車

運行番号[編集]

列車番号とは別に先頭車両の左上か左窓下に二桁の運行番号を表示している。なお列車番号と運行番号の関連性は無い。なおこれは2019年11月30日ダイヤ改正現在のものである。

  • 7群 (71 - 74):相鉄車での運用
  • 8群 (81 - 86):JR車で相鉄線内出庫の運用
  • 9群 (91 - 96):JR車で相鉄線内入庫の運用

十の位の数字によって「群」として管理されており、7群は原則として、1日ごとに順送りされる(例として本日71運用なら明日72運用、本日74運用なら明日は71運用という具合)。相鉄線内のみ運行番号を表示し、JR線内は列車番号を表示する。これとは別に回送として全日深夜に1往復、羽沢横浜国大駅まで直通未対応車が乗り入れるときに上記の運番に該当しない列車が入線するが、ここでは省略する。

8・9群については、その日に川越車両センター(一部列車は新宿駅大崎駅新木場駅)から出庫して埼京線・りんかい線内の運用に就いたあと、新宿駅以北を始発とする相鉄・JR直通線として相鉄線内に入線し、9群の運用として新宿駅以南の相鉄・JR直通線を運行し相鉄線内に滞泊する。翌日に8群の運用として相鉄線内から出庫し、新宿駅以北を終点とする相鉄・JR直通線の列車に就いたあと、埼京線・りんかい線内の運用に就いて入庫する運用となっている。

例外として、試運転列車には運行番号が設定されていない。試運転で表示されている番号は、出場時の検査で使用された番号となる。

現在の列車種別[編集]

すべて通勤型車両で運転され、乗車券のみで乗車できる。全列車10両編成で運転されている。本線で運転されている種別でいずみ野線直通列車と双方ある通勤急行、快速、各停と接続、待ち合わせがある列車については本線通勤急行、いずみ野線通勤急行、本線快速、いずみ野線快速、本線各停、いずみ野線各停とそれぞれ記す。また、特急と記す列車は相鉄本線内のみで走る列車である。

特急[編集]

英語表記は「Limited Express」。種別色は橙色(相鉄線内完結)、および緑色(JR線直通)。相鉄線内最速の種別である。

相鉄線内羽沢横浜国大駅 - 海老名駅間の途中停車駅は西谷駅二俣川駅大和駅である。基本的には相鉄海老名駅 - JR新宿駅で運転されているが、朝時間帯に赤羽・武蔵浦和・大宮・指扇・川越発着が運転されている。新宿駅発着列車以外はすべてJR車で運転される。また、川越発着の列車については、JR線内で平日は通勤快速、土休日は快速運転を行う。それ以外の列車は各駅停車となる。日中は毎時1本、それ以外の時間は毎時1 - 4本設定されている。基本的に西谷駅で本線快速かいずみ野線快速に連絡し、二俣川駅でいずみ線各停か本線各停に接続する。ラッシュ時間帯は瀬谷駅で急行・本線快速・本線各停を追い抜く列車もある。時間調整の兼ね合い上、午前中を中心に西谷駅でいずみ野線快速やいずみ野線各停の接続待ちを行う列車もあるほか、急行の通過待ちを受ける列車もある。一部列車は、西谷駅でいずみ野線各停、本線通勤急行と接続する列車、二俣川駅で通勤特急、いずみ野線通勤急行と接続する列車がある[10]

相鉄線内は全列車が海老名駅発着の運転であり、相鉄線内での途中駅発着の列車はない。

各駅停車(各停)[編集]

英語表記は「Local」。種別色は黒色または灰色(相鉄線内完結)、および緑色(JR線直通)。各停は各駅停車の略称であり、その名の通り各駅に停車する。種別幕や路線図などでは「各停」と表記されることが多いが、駅や車内の案内放送などでは「各駅停車」と放送することが多い。

JR線直通系統・本線直通系統・線内系統の3つに分けて以下に示す。

JR線直通系統
JR線内に乗り入れる系統で、基本的には相鉄海老名駅 - JR新宿駅で運転されているが、朝時間帯に武蔵浦和・大宮・指扇・川越発着が運転されている。新宿駅発着列車以外はすべてJR車で運転される。また、川越発着の列車については、JR線内で快速運転を行う。それ以外の列車は各駅停車となる。日中は毎時1本、それ以外の時間は毎時1 - 3本設定されている。基本的に西谷駅で特急の待ち合わせを行い、二俣川駅でいずみ野線各停に接続する。一部列車は西谷駅でいずみ野線快速の待ち合わせ、二俣川駅で特急の待ち合わせ、本線各停と接続、瀬谷駅で特急の通過待ちを行う列車がある。
相鉄線内は全列車が海老名駅発着の運転であり、相鉄線内での途中駅発着の列車はない。
本線直通系統
早朝に下り1本・深夜に上り1本設定されており、通常はいずれもJR車で運転されている。土休日下りは西谷駅でいずみ野線各停と特急の待ち合わせを行い、二俣川駅でいずみ野線各停と連絡する。平日夜は二俣川駅、土休日夜は西谷駅でいずみ野線各停と接続する。
全列車が羽沢横浜国大駅 - 海老名駅間の運転であり、途中駅発着の列車はない。
線内系統
早朝に下り3本・深夜に上り1本設定されており、通常は全てJR車で運転されている。下りは西谷駅で本線各停かいずみ野線各停の接続を行う。上りは、土休日のみ本線快速の接続を受ける。
全列車が羽沢横浜国大駅 - 西谷駅間の運転であり、途中駅発着の列車はない。営業運転は片道のみであり、早朝の上り・深夜の下りはJR線直通列車があるため回送となる。

車両[編集]

自社車両[編集]

他の自社車両は終電後に回送列車としてのみ羽沢横浜国大駅まで入線している。なおJR車の代走で相鉄線内折り返し列車に使用されることがある。

導入予定車両[編集]

  • 20000系 - 8両編成は東急目黒線・都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線直通用、10両編成は東急東横線直通用。

乗り入れ車両[編集]

現在の乗り入れ車両[編集]

JR東日本

  • E233系7000番台 -(海老名駅 - )西谷駅 - 羽沢横浜国大駅間の相鉄線内折り返し列車にも使用される。

将来の乗り入れ予定車両[編集]

女性専用車[編集]

平日の朝ラッシュ時間帯に、上り列車(10両編成)のうち、最後尾車両が女性専用車に設定されている[11]

設定列車・区間は、平日朝ラッシュ時間帯の7時20分から9時30分までにJR埼京線大崎駅へ到着する新宿方面行JR線直通列車[注釈 1]の海老名→大崎間。

歴史[編集]

延伸計画[編集]

第一期線開業後、引き続き第二期線となる羽沢横浜国大 - 新横浜(仮称)間4.2kmが整備される。開業時期は2022年(令和4年)度下期を予定し、同時に開通する東急新横浜線を介して東急東横線目黒線都営地下鉄三田線東京メトロ南北線[要出典]との直通運転を開始する予定となっている。また東京メトロ副都心線東武東上線埼玉高速鉄道と直通するかは不明、西武池袋線とは直通しない[要出典]予定である。

尚、同区間は基本的に車両規格の小さい相鉄・東急直通線用の車両により運行されるものの、JR線内での輸送障害時に相鉄・JR直通線の列車が新横浜駅(仮称)で折り返せるように第一期線と同一の車両限界で建設されている[12]

駅一覧[編集]

営業中の区間[編集]

  • 全列車区間内各駅に停車
駅番号 駅名 駅間キロ 接続路線 所在地
直通運転 SO 海老名駅まで(2022年度下期開業予定の東急直通線列車はいずみ野線湘南台駅にも)直通運転
SO08 西谷駅 - 相模鉄道:SO 本線海老名方面直通運転) 保土ケ谷区
SO51 羽沢横浜国大駅 2.1 東日本旅客鉄道東海道本線支線(相鉄・JR直通線。西谷方面から直通) 神奈川区
直通運転 ○JR東日本: JS 湘南新宿ライン武蔵小杉駅大崎駅渋谷駅経由新宿駅(一部 JA 埼京線大宮駅経由 川越線川越駅)方面へ直通運転

延伸予定区間[編集]

  • 新設される駅については、2019年11月時点では正式駅名および駅番号が決定されていない状態であるが、現在プレスリリースに記載されている仮称名の駅を記述する。
  • 優等列車の設定や停車駅などは現時点では未定のため、省略する。
  • 累計キロは西谷駅からのもの。
駅番号 駅名 駅間キロ 累計キロ 接続路線 所在地
SO51 羽沢横浜国大駅 - 2.1 東日本旅客鉄道:東海道本線支線(相鉄・JR直通線) 神奈川区
新横浜駅(仮称) 4.2 6.3 東海旅客鉄道■ 東海道新幹線
東日本旅客鉄道:JH 横浜線 (JH 16)
横浜市営地下鉄B ブルーライン (B25)
港北区
直通運転 ○東急・都営地下鉄・東京メトロ: 東急新横浜線日吉駅MG 目黒線武蔵小杉駅・目黒駅経由 JA 三田線西高島平駅 / JA 南北線赤羽岩淵駅(一部 TY 東横線武蔵小杉駅経由渋谷駅)方面へ直通運転予定

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 平日ダイヤの海老名駅6時31分 - 8時31分発、西谷駅6時50分 - 8時59分発の列車

出典[編集]

  1. ^ 都心とつながる(都心直通プロジェクト)”. 相模鉄道. 2019年10月31日閲覧。
  2. ^ 鉄道事業の旅客運賃(加算運賃)上限設定認可申請書”. 相模鉄道. 2019年11月12日閲覧。
  3. ^ 鉄道事業の旅客運賃上限変更認可申請書”. 相模鉄道. 2019年11月12日閲覧。
  4. ^ 「相鉄沿線災害時帰宅支援マップ」を発行”. 相模鉄道 (2019年10月31日). 2019年10月31日閲覧。
  5. ^ 駅・時刻表 | 電車 | 相鉄グループ”. 相模鉄道. 2019年11月30日閲覧。
  6. ^ 鶴通孝、久保田敦「S・J直結 2019.11.30」『鉄道ジャーナル2019年12月号』第53巻第12号、鉄道ジャーナル社・成美堂出版、2019年12月1日、 14頁、 ISSN 0288-2337
  7. ^ 駅の情報(羽沢横浜国大駅):JR東日本”. 東日本旅客鉄道. 2019年12月5日閲覧。
  8. ^ 相鉄・JR直通線の運賃認可申請について”. 相模鉄道. 2019年12月9日閲覧。
  9. ^ 11.30ダイヤ改正|都心とつながる(都心直通プロジェクト)|未来への取り組み|相鉄グループ”. www.sotetsu.co.jp. 2019年11月9日閲覧。
  10. ^ 平日ダイヤ 上り (PDF)”. 相模鉄道 (2019年11月26日). 2019年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月1日閲覧。
  11. ^ “相鉄・JR直通線開業 11月30日(土)ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 相模鉄道株式会社, (2019年9月6日), オリジナルの2019年9月4日時点におけるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20190906224530/https://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/190906_01.pdf 2019年9月14日閲覧。 
  12. ^ 草町義和 (2015年9月22日). “相鉄「都心直結線」はどこへ乗り入れるのか 相鉄「都心直結線」はどこへ乗り入れるのか”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2019年11月7日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]