大崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大崎駅
駅全景(2006年3月14日)
駅全景(2006年3月14日)
おおさき - Ōsaki
所在地 東京都品川区大崎一丁目21-4
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
東京臨海高速鉄道ロゴマーク.svg 東京臨海高速鉄道(TWR)
電報略号 オサ←ヲサ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 4面8線
乗車人員
-統計年度-
(JR東日本) -2014年-
145,672人/日(降車客含まず)
(東京臨海高速鉄道) -2014年-
60,467人/日(降車客含まず)
開業年月日 1901年明治34年)2月25日
乗入路線 4 路線
所属路線 山手線(JR東日本)
キロ程 2.0km(品川起点)
品川 (2.0km)
(0.9km) 五反田
所属路線 湘南新宿ライン(JR東日本)
(正式には山手線)
西大井* (5.6km)
(3.6km) 恵比寿
所属路線 埼京線**(JR東日本)
(正式には山手線)
(3.6km) 恵比寿►
所属路線 東京臨海高速鉄道ロゴマーク.svg 東京臨海高速鉄道りんかい線**
キロ程 12.2km(新木場起点)
大井町 (1.7km)
備考 共同使用駅(JR東日本の管轄駅)
みどりの窓口
山区 東京山手線内東京都区内
* 運行計算上は品川駅経由。
** 両線で相互直通運転実施。
テンプレートを表示
東口(2005年6月13日)
南口(2005年6月13日)
貨物線(2006年5月21日)
夏には七夕の装飾が施される(2006年7月7日)

大崎駅(おおさきえき)は、東京都品川区大崎一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京臨海高速鉄道(TWR)のである。JR東日本とTWRが構内を共用する共同使用駅である。

乗り入れ路線[編集]

JR東日本の各線(後述)と東京臨海高速鉄道のりんかい線が乗り入れている。りんかい線は当駅を終点としている。

当駅に乗り入れているJR東日本の路線は、線路名称上は山手線のみである(詳細は各路線の記事および「鉄道路線の名称」を参照)。ただし、東海道本線の支線(通称「品鶴線」)と接続する大崎支線と旧蛇窪信号場までも当駅構内の扱いとなっている。運転系統としては次の3系統が停車し、旅客案内ではそれぞれ別路線として扱われている。

また当駅は、JRの特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属している。

歴史[編集]

  • 1901年明治34年)2月25日 - 日本鉄道品川線の駅として開業。当時は島式ホーム1面2線だった。
  • 1902年(明治35年)10月15日 - 貨物取り扱いを開始。
  • 1906年(明治39年)11月1日 - 日本鉄道が国有化
  • 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定により山手線の所属となる。
  • 1945年昭和20年)5月24日 - 太平洋戦争中に空襲に遭い、ホーム全焼。
  • 1965年(昭和40年)7月 - 目黒川信号場と蛇窪信号場を、当駅構内に統合。
  • 1966年(昭和41年)- 橋上駅化。山手線ホームを拡張の上、現在の島式ホーム2面4線とした。
  • 1980年(昭和55年)10月1日 - 貨物取り扱いを廃止。なお、1970年(昭和45年)頃まで明電舎大崎工場(現・東京事業所)への専用線があり、貨物輸送を行っていた。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本所属の駅となる。
  • 1996年平成8年)3月16日 - 埼京線の運行区間を恵比寿駅まで延長。同駅では折り返しが不可能だったため当駅との間を回送し、当駅で折り返しを実施していた。
  • 2001年(平成13年)11月18日 - ICカードSuica供用開始。
  • 2002年(平成14年)12月1日 - りんかい線が当駅まで延伸開業[1]。大崎支線のホームの供用が開始された事により、埼京線の客扱運転区間が当駅まで延長されてりんかい線との直通運転を開始、また、湘南新宿ラインの停車駅となる。同時期にコンコースを拡幅し、南改札口を供用開始、従来の改札口は北改札口となる。
  • 2010年(平成22年)11月 - 南連絡通路の拡幅工事始まる。また、Dilaの整備も進み、ユニクロなどが入居する。

駅構造[編集]

島式ホーム4面8線を有する地上駅で、橋上駅舎を有している。相互直通運転している関係でJR東日本・TWRの両社で駅舎・改札内・ホーム・着発線を共用している。

標識などを見る限りJR東日本の色が強いが、どちらか一社の所有ではなく、鉄道資産としても両社の共同所有となっている[2]。両社の財産境界は5 - 8番線の途中に設定されており、TWR「りんかい線」とJR「大崎支線」一緒の終点標が設置されている。

架空電車線への電力供給は通常JR東日本から行われる。万一JRから給電できなくなった場合に備えてTWRから6・7番線に供給できる電線を設けている。そのため、TWR線はJR線の停電にかかわらず当駅構内を含む自社線内の通常運行が継続できる仕組みである。

一方、駅管理はJR東日本が行っている[3]。すべての着発線がJR東日本(東京圏輸送管理システム)の運行管理下にあり、駅務においてもJR東日本(東京支社)が社員を配置して行っている。

通路[編集]

駅舎は、五反田寄りと品川寄りとにそれぞれ北改札口と南改札口を持ち、両コンコースは「Dila大崎」を介してつながっている。品川寄りのコンコースからのJR山手線ホームへのエスカレーターは、設置位置のホームが狭いために1人用である。また、北改札口からの出口は東口と西口が、南改札口からの出口は新東口と新西口があり、東口及び新東口にはゲートシティ大崎などへ、新西口にはThinkParkなどへのペデストリアンデッキがつながっている。

設備[編集]

自動精算機でりんかい線の乗車券の精算を行うことは可能だが、精算にパスネット(現在は発売終了)は使用できない。自動券売機もJR東日本線用のものとTWR線用のものが別に設置されているように表記されているが、TWR線の券売機でもJR東日本線の乗車券を購入することが可能である。なお、乗車券の地紋はJR東日本(JR E)のもので発行される。

JR東日本が営業する当駅みどりの窓口では、当駅発着のりんかい線の普通乗車券往復乗車券定期乗車券も発売している。

のりば[編集]

番線 会社 路線 方向 行先 備考
1・2 東日本旅客鉄道 山手線 内回り 品川新橋東京上野方面 2番線は当駅始発・終着列車
3・4 外回り 五反田渋谷新宿池袋方面 4番線は当駅始発・終着列車
5 埼京線 北行 新宿・池袋・赤羽大宮方面 定期列車使用なし
東京臨海高速鉄道 東京臨海高速鉄道ロゴマーク.svg りんかい線 上り 東京テレポート新木場方面 主にJR埼京線からの直通
東日本旅客鉄道 湘南新宿ライン 南行 横浜大船小田原逗子方面 大船駅から東海道線横須賀線へ直通
6・7 埼京線 北行 新宿・池袋・赤羽・大宮方面 6番線はごく一部のみ
東京臨海高速鉄道 東京臨海高速鉄道ロゴマーク.svg りんかい線 上り 東京テレポート・新木場方面 主に当駅折り返し
8 東日本旅客鉄道 埼京線 北行 新宿・池袋・赤羽・大宮方面  
東京臨海高速鉄道 東京臨海高速鉄道ロゴマーク.svg りんかい線 上り 東京テレポート・新木場方面 ごく一部
東日本旅客鉄道 湘南新宿ライン 北行 大宮・宇都宮高崎方面 大宮駅から宇都宮線高崎線へ直通
  • JR山手線
    • 電車の保守整備を担当するJR東日本東京総合車両センター(東総セ)が隣接しており、当駅始発・終着の山手線列車が多数ある(山手線#設備・運転を参照)。
    • 1番線ホームの線路の品川寄りの一番反対側には、詰所に直結する運転士交代用のホームが設置されている。
    • 主に1・3番線を使用し、2・4番線は主に当駅始発・終着の列車が使用する。2012年12月22日より、1・3番線のみ可動式ホーム柵の使用が始まった[4]
    • 環状運転列車は当駅で列車番号を変更する。
  • TWR
    • 現地の案内では、5 - 8番線全てに埼京線・りんかい線が表示されている。
    • 線内折り返し(新木場方面行き)列車は6・7番線から発車する。
  • 5・8番線の駅名標の線
    • JR横須賀線武蔵小杉駅開業までは3方向に分かれ、恵比寿 - 大崎 - 大井町(りんかい線)・西大井・横浜となっており、青・緑・オレンジ・紺色のラインカラーが使用されていた。
    • 武蔵小杉駅開業後は恵比寿 - 大崎 - 大井町(りんかい線)・西大井の2方向となっている。
    • 湘南新宿ライン北行については当駅を境に種別案内が変更される場合がある。高崎線直通の快速列車は当駅から先では各駅に停車するため、当駅から北では「普通」として案内される。逆に、宇都宮線直通の普通列車で大宮 - 小山駅間を快速運転する列車については、当駅から北では「快速」として案内される。

発車メロディ[編集]

1 (山手線品川方面) 遊園地のある駅
2 (同上・当駅始発) 海の駅
3 (山手線渋谷方面) 教会の見える駅
4 (同上・当駅始発) SF10-38(整理番号)
5 東京臨海高速鉄道(埼京線・りんかい線・湘南新宿ライン) 瞬く街並みV1
6 東京臨海高速鉄道(りんかい線新木場方面) ホリデイV1
7 東京臨海高速鉄道(埼京線・りんかい線・湘南新宿ライン) 春待ち風V2
8 東京臨海高速鉄道(同上) 小川のせせらぎV2(山手線渋谷駅と同じ)

配線図[編集]


  • JR山手貨物線は、駅の北方から構内に向けて品川方面に向かう本線と、蛇窪信号場方面に向かう大崎支線とに分岐する。本線側の線路にはホームが設けられていない。
    かつては大崎支線側の線路にもホームはなく通過線着発線があり、埼京線が恵比寿発着だった頃は、同駅が閉塞内の駅で折り返し設備がなかったため、当駅まで回送してこの着発線を使用して折り返しが行われていた。
    この大崎支線側の線路には、2002年12月1日からJR埼京線・湘南新宿ライン・TWRりんかい線用として5 - 8番線のホームが設置された。
  • JR湘南新宿ラインは蛇窪信号場横須賀線品鶴線)と合流するが、北行は信号場手前のポイントを通過する。この事態を解消するため、当駅に近い位置に新たな短絡線を新設する計画がある。
  • 新宿方面発着成田エクスプレスは山手貨物線を走行し当駅を通過、目黒川信号場で横須賀線(品鶴線)と合流する。

利用状況[編集]

  • JR東日本 - 2014年度の1日平均乗車人員は145,672人である[利用客数 1]
    同社では浜松町駅に次いで第17位。埼京線りんかい線の開業以前はJR山手線のみ停車する駅で、乗車人員が5万人程度であった。しかし、両線の開業(延長)や湘南新宿ラインの停車開始、次項で記す駅周辺の再開発などもあり、急激に乗車人員が増加している。
  • 東京臨海高速鉄道 - 2014年度の1日平均乗車人員は60,467人である[利用客数 2]
    りんかい線内全8駅中第1位。

各年度の1日平均乗車人員は下表のとおり。

年度別1日平均乗車人員[* 1][* 2]
年度 JR東日本 東京臨海
高速鉄道
出典
1989年(平成元年) 36,090 未開業 [東京都統計 1]
1990年(平成02年) 39,131 [東京都統計 2]
1991年(平成03年) 42,071 [東京都統計 3]
1992年(平成04年) 42,915 [東京都統計 4]
1993年(平成05年) 43,329 [東京都統計 5]
1994年(平成06年) 44,189 [東京都統計 6]
1995年(平成07年) 43,904 [東京都統計 7]
1996年(平成08年) 44,789 [東京都統計 8]
1997年(平成09年) 45,481 [東京都統計 9]
1998年(平成10年) 47,545 [東京都統計 10]
1999年(平成11年) [JR 1] 57,081 [東京都統計 11]
2000年(平成12年) [JR 2] 57,101 [東京都統計 12]
2001年(平成13年) [JR 3] 57,069 [東京都統計 13]
2002年(平成14年) [JR 4] 61,462 18,661 [東京都統計 14]
2003年(平成15年) [JR 5] 79,231 25,560 [東京都統計 15]
2004年(平成16年) [JR 6] 84,180 29,268 [東京都統計 16]
2005年(平成17年) [JR 7] 93,709 35,389 [東京都統計 17]
2006年(平成18年) [JR 8] 101,941 40,099 [東京都統計 18]
2007年(平成19年) [JR 9] 115,483 46,536 [東京都統計 19]
2008年(平成20年) [JR 10] 123,918 49,718 [東京都統計 20]
2009年(平成21年) [JR 11] 124,577 50,622 [東京都統計 21]
2010年(平成22年) [JR 12] 126,436 50,653 [東京都統計 22]
2011年(平成23年) [JR 13] 127,838 49,835 [東京都統計 23]
2012年(平成24年) [JR 14] 138,811 55,666 [東京都統計 24]
2013年(平成25年) [JR 15] 143,397 58,041 [東京都統計 25]
2014年(平成26年) [JR 16] 145,672 60,467

駅周辺[編集]

以前は山手線だけの駅であり、周辺はソニー明電舎などの工場地帯であった。東京都が1982年大崎副都心に指定すると緩やかながら再開発が進み、2002年12月に埼京線・りんかい線・湘南新宿ラインが利用可能になってからは開発が加速している。

このうち、大崎ニューシティ、ゲートシティ大崎、ThinkPark、NBF大崎ビル、大崎ウエストシティタワーズ、大崎ウィズシティは、ペデストリアンデッキを介して駅と直接つながっている。

バス路線[編集]

東急バスは従来東口側の大崎駅停留所に発着していた。品川区によって新たに西口側に大崎駅西口バスターミナルが整備され[5]WILLER EXPRESSが2015年(平成27年)12月7日夜行便より、東急バスが翌12月8日より乗り入れを開始した[6]。それぞれ以下の路線が乗り入れている[6][7]

大崎駅[編集]

大崎駅西口バスターミナル[編集]

西口バスターミナルは一般社団法人大崎エリアマネージメントによって運営されている[6]。面積は約1392平方メートルで、バス乗降場は0 - 3番の4バースある[6]。品川区や運営団体では今後以下の路線の他、盛岡・青森、秋田、富山・金沢、鳥取・島根、広島などを発着する路線の乗り入れを目指していく[8]

0番のりば
  • 渋41系統:大崎広小路・不動前駅入口・大鳥神社前・中目黒駅経由 渋谷駅行(東急バス)
  • 渋41系統:大崎広小路・不動前駅入口・大鳥神社前・目黒消防署経由 清水行(東急バス)
1 - 3番のりば

その他[編集]

隣の駅[編集]

JR logo (east).svg東日本旅客鉄道・東京臨海高速鉄道ロゴマーク.svg 東京臨海高速鉄道
山手線
品川駅 - 大崎駅 - 五反田駅
湘南新宿ライン
特別快速(東海道線 - 高崎線直通)
武蔵小杉駅 - (旧蛇窪信号場) - 大崎駅 - 渋谷駅
快速(東海道線 - 高崎線直通)
武蔵小杉駅 - (旧蛇窪信号場) - 大崎駅 - 恵比寿駅
快速(横須賀線 - 宇都宮線直通、西大井方では「普通」扱い)・普通
西大井駅 - (旧蛇窪信号場) - 大崎駅 - 恵比寿駅
埼京線・東京臨海高速鉄道ロゴマーク.svg りんかい線
通勤快速・快速・各駅停車
大井町駅(りんかい線) - 大崎駅 - 恵比寿駅(埼京線)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「鉄道記録帳2002年12月」、『RAIL FAN』第50巻第2号、鉄道友の会、2003年3月1日、 25頁。
  2. ^ 臨海副都心線工事誌 - 日本鉄道建設公団東京支社 2003年9月
  3. ^ 大崎駅 - TWR
  4. ^ 山手線大崎駅で可動式ホーム柵の使用開始
  5. ^ 〈バス事業者の皆様へ〉大崎駅西口バスターミナルのご案内”. 大崎エリアマネージメント (2015年8月17日). 2016年1月24日閲覧。
  6. ^ a b c d 『大崎駅西口バスターミナル』のご紹介”. 大崎エリアマネージメント. 2016年1月24日閲覧。
  7. ^ “「渋41系統」大崎駅西口バスターミナル乗入れに伴うダイヤ改正のお知らせ【2015年12月8日(火)実施】” (プレスリリース), 東急バス, (2015年12月1日), http://www.tokyubus.co.jp/top/news/001074.html 2016年1月24日閲覧。 
  8. ^ 国内他都市を結ぶ 大崎駅西口バスターミナル運営開始”. 品川区 (2015年11月20日). 2016年1月24日閲覧。
  9. ^ 「しながわ夢さん橋」Webサイト

出典[編集]

JR・私鉄の1日平均利用客数
  1. ^ JR東日本 各駅の乗車人員” (日本語). 東日本旅客鉄道 (2015年7月1日). 2015年7月11日閲覧。
  2. ^ よくあるご質問 | りんかい線
JR東日本の1999年度以降の乗車人員
JR・私鉄の統計データ
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]