御徒町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
御徒町駅
北口。左奥がアメヤ横丁(2016年8月21日)
北口。左奥がアメヤ横丁(2016年8月21日)
おかちまち
Okachimachi
所在地 東京都台東区上野五丁目27
所属事業者 JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 オチ←ヲチ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
66,975人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1925年大正14年)11月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 JK 京浜東北線*
駅番号 JK 29
キロ程 3.0km(東京起点)
大宮から27.3km
JK 28 秋葉原 (1.0km)
(0.6km) 上野 JK 30
所属路線 JY 山手線*
駅番号 JY 04
キロ程 3.0km(東京起点)
JY 03 秋葉原 (1.0km)
(0.6km) 上野 JY 05
乗換 上野広小路駅東京メトロ銀座線
仲御徒町駅東京メトロ日比谷線
上野御徒町駅都営地下鉄大江戸線
備考 みどりの窓口
山区 東京山手線内東京都区内
*いずれも正式には東北本線
テンプレートを表示

御徒町駅(おかちまちえき)は、東京都台東区上野五丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。駅番号は京浜東北線がJK 29、山手線がJY 04

乗り入れ路線[編集]

乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線1路線のみである(詳細は路線記事および鉄道路線の名称参照)が、当駅には京浜東北線電車および山手線電車の2系統が停車し、旅客案内では「東北(本)線」とは案内されていない。また当駅は、特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属している。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

開業当時の町名(御徒町、仲御徒町)から。御徒町の由来については、御徒町を参照のこと。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する高架駅である。出口は北口と南口の2か所がある。

1番線の東側には、中距離電車が上野東京ラインおよび回送に使用する3本の線路があり、当駅付近で進行目的の線路[1]に転線するポイントが設置されているため、上野東京ラインは当駅通過ながらも減速して通過している。

のりば[編集]

2番線より東京方面を望む(2016年2月20日)
JR御徒町駅プラットホーム
番線 路線 方向 行先
1 JK 京浜東北線 南行 東京横浜大船方面
2 JY 山手線 外回り 東京・品川方面
3 内回り 上野池袋方面
4 JK 京浜東北線 北行 上野・赤羽大宮方面

(出典:JR東日本:駅構内図

バリアフリー設備[編集]

発車メロディ[編集]

  1. 1番線 京浜東北線南行
  2. 2番線 山手線外回り 「せせらぎ」
  3. 3番線 山手線内回り 「春トモレロver」[2]
  4. 4番線 京浜東北線北行

利用状況[編集]

2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員66,975人である。JR東日本管内の駅では第67位。1993年度をピークに減少傾向にある。

近年の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[* 1]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1989年(平成元年) 88,547 [* 2]
1990年(平成02年) 91,104 [* 3]
1991年(平成03年) 93,424 [* 4]
1992年(平成04年) 93,995 [* 5]
1993年(平成05年) 94,271 [* 6]
1994年(平成06年) 90,375 [* 7]
1995年(平成07年) 88,634 [* 8]
1996年(平成08年) 87,553 [* 9]
1997年(平成09年) 83,792 [* 10]
1998年(平成10年) 81,616 [* 11]
1999年(平成11年) [JR 1] 80,752 [* 12]
2000年(平成12年) [JR 2] 79,539 [* 13]
2001年(平成13年) [JR 3] 80,822 [* 14]
2002年(平成14年) [JR 4] 80,253 [* 15]
2003年(平成15年) [JR 5] 79,824 [* 16]
2004年(平成16年) [JR 6] 78,208 [* 17]
2005年(平成17年) [JR 7] 77,011 [* 18]
2006年(平成18年) [JR 8] 76,294 [* 19]
2007年(平成19年) [JR 9] 75,733 [* 20]
2008年(平成20年) [JR 10] 74,094 [* 21]
2009年(平成21年) [JR 11] 71,934 [* 22]
2010年(平成22年) [JR 12] 69,565 [* 23]
2011年(平成23年) [JR 13] 68,402 [* 24]
2012年(平成24年) [JR 14] 67,737 [* 25]
2013年(平成25年) [JR 15] 67,593 [* 26]
2014年(平成26年) [JR 16] 67,502 [* 27]
2015年(平成27年) [JR 17] 66,804 [* 28]
2016年(平成28年) [JR 18] 66,975

駅周辺[編集]

春日通り(御徒町駅西側を望む)(2016年2月20日)

駅のすぐ北側を春日通りが東西に通っている。

  • 松坂屋上野店は、北口を出て湯島天満宮方面に向かって左側にメインの出入口がある。
  • アメヤ横丁は、北口を出て上野方向すぐ。

当駅構内にA6・A7出入口があり、以下の路線への乗り換えが可能である。

南口の松坂屋パークプレイス24正面には、2012年(平成24年)秋から「パンダ広場」という駅前広場があり、待ち合わせスポットの他、季節により音楽などのイベントも催される。その地下には自転車駐輪場がある。

御徒町の沿革[編集]

駅周辺には宝石・貴金属店が多く見られるが、1955年(昭和30年)頃まではむしろ東上野一丁目に多く集まっていた。当駅前は戦災で焼けて空き地が多く、上野駅にも近いという立地を活かして、同年11月21日時計関係の問屋有志12社で「仲御徒町問屋連盟」が結成された。1975年(昭和50年)以降、クオーツ時計が広まるにつれ、駅の南側近辺において時計バンド卸商や時計の修理店がそれまで副業的に取り扱っていたジュエリーに業種転換を図るようになる。宝石の消費の増大と、それに対応する供給サイドの増大がうまくかみ合って、業者数も増えていった。

街作りと共同セールの開催を目的として、1987年(昭和62年)9月、上野五丁目と三丁目のジュエリー業者159社が集まって「ジュエリータウンおかちまち」(略称・JTO)が設立された。1989年(平成元年)頃には御徒町地区だけで1,000社以上もあると言われていたが、過当競争と景気低迷で数が次第に減り、2000年代に入ってからは半分程度になったと言われ、インド人業者の進出がめざましい。

その他、かつて御徒町周辺に多く見られた業者に自転車組み立て業があったが、2000年代ではほとんど存在していない。その代わりにゴルフ道具スニーカー化粧品、そしてメガネなどを取り扱う業種の進出がアメ横商店街を中心に目立つようになった。また、ガード下や駅周辺に居酒屋が増え、昭和通り沿いには飲食店が増えている。

バス路線[編集]

近くの「御徒町駅前」「御徒町」停留所に加え、少し離れた「上野広小路」「上野松坂屋前」停留所から都営バスが発着している。

御徒町駅前
御徒町
上野広小路
上69系統は中央通り上、それ以外の系統は春日通り上にバス停が設置されている。
上野松坂屋前
学01系統は春日通り上、それ以外の系統は中央通り上にバス停が設置されている。

隣の駅[編集]

JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
JK 京浜東北線
快速(平日ダイヤ)
通過
快速(土曜・休日ダイヤ)・各駅停車
秋葉原駅 (JK 28) - 御徒町駅 (JK 29) - 上野駅 (JK 30)
JY 山手線
秋葉原駅 (JY 03) - 御徒町駅 (JY 04) - 上野駅 (JY 05)

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北側は1番線側から順に上野駅5番線・6番線・7-9番線にそれぞれ繋がっている。南側は東京駅方面からの下り線・上り線・秋葉原駅付近にある留置線にそれぞれ繋がっている。
  2. ^ 5月23日放送 TBS マツコの知らない世界 駅メロの世界

統計資料[編集]

JR東日本の1999年度以降の乗車人員
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]