戸田公園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戸田公園駅
西口(2014年4月27日)
西口(2014年4月27日
とだこうえん
Toda-Kōen
*浮間舟渡 (2.4km)
(1.3km) 戸田
所在地 埼玉県戸田市本町四丁目15-1
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 JA 埼京線
(正式には東北本線別線)
キロ程 5.5km(赤羽起点)
大崎から24.4km
電報略号 トコ
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
34,129人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1985年昭和60年)9月30日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* この間に東京支社大宮支社境界あり(当駅から戸田寄りは大宮支社管内)
テンプレートを表示
東口(2015年11月)
ホーム(2008年6月)

戸田公園駅(とだこうえんえき)は、埼玉県戸田市本町四丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

当駅に乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線(別線)であるが、運転系統上は埼京線として案内される。 埼京線は当駅から大宮方面が大宮支社の管轄となる。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線(副本線)とその外側に2線の通過線(本線)を有する高架駅である。快速の停車駅ではあるが、通勤快速は通過し、平日の朝夕ラッシュ時には一部の各駅停車が通勤快速を待避する。なお、本線を走行する列車は平日ダイヤの通勤快速と回送列車のみである。高架下に駅舎があり、出入り口は駅舎の北東と南西側にある。

直営駅駅長配置)であり、管理駅として戸田駅北戸田駅を管理している。みどりの窓口指定席券売機自動改札機が設置されている。なお埼京線通勤快速通過駅では唯一のみどりの窓口設置駅である。

ATCのシステム上、当駅に停車する上り電車はホーム進入前に25km/h以下に減速してから再加速し分岐器を通過するため、車内が大きく揺れることがある[2]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 JA 埼京線 南行 池袋新宿大崎りんかい線方面
2 北行 武蔵浦和大宮川越方面

ステーションカラー[編集]

1985年昭和60年)9月30日開業の埼京線の各駅(全10駅)には駅ごとに色が設定され、JR移行後も引き継がれている。当駅のカラーは水色である。

駅周辺[編集]

駅名の由来である戸田公園は、荒川の水を引き込んだ戸田オリンピックボートコースをはじめ、荒川の河川敷に広がる野球用のグラウンドなどの総称である。

駅の周辺は主に住宅地である。西に約1キロメートル離れて工場・倉庫地区がある。戸田オリンピックボートコースまでは南に約400メートルほどだが、コースの西端にある戸田競艇場は駅から約2キロメートル西にある。

戸田市役所など、行政の中心は隣の戸田駅の方が至近である。しかし、当駅のほうが乗車人員が多いことや快速が停車することなどからJTB時刻表では、当駅が戸田市の代表駅とされている。

バス路線[編集]

コミュニティバスも含めてすべて国際興業バス(時刻表[1])により運行される。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
JA 埼京線
通勤快速
通過
快速
赤羽駅 - 戸田公園駅 - 武蔵浦和駅
各駅停車
浮間舟渡駅 - 戸田公園駅 - 戸田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 戸田市歌「ああ わが戸田市 - 戸田市
  2. ^ 埼京線内では南与野駅も同様。
  3. ^ 戸田公園TOP | さいたまの公園 - 公益財団法人埼玉公園緑地協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]