大崎一番太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大崎 一番太郎
OSAKI ICHIBANTARO
対象
分類 大崎駅西口商店会マスコットキャラクター
デザイン 犬山秋彦(犬山デザイン製作所)[1]
性別
公式サイト 大崎一番ブログ
テンプレートを表示

大崎 一番太郎(おおさき いちばんたろう)は、東京都品川区にある大崎駅西口商店会のマスコットキャラクターである。

プロフィール[編集]

  • ニックネーム:イッちゃん
  • 年齢:宇宙歴で6歳くらい
  • 特技:山手線に乗る
  • 趣味:園芸盆栽・空を見ながらボーッとする
  • 種別:未確認生命体(よくクマやに間違われるが、自分でもよくわからない)
  • 性別:男の子
  • 性格:やさしく、のんびり屋さん
  • 身長:0.001宇宙マイル
  • 体重:リンゴ100個分
  • 好物:誠華の味噌ラーメン
  • 得意なこと:まばたきをしない
  • 苦手なこと:まばたき
  • CV:山口勝平

概要[編集]

大崎再開発を成功させるため、「大崎一番星」からやってきた謎のマスコットキャラクターという設定。

姿は色が蛍光グリーン山手線エコロジーを表現。お腹のマークは、大崎の頭文字『O』と、山手線の大崎駅を表している。

頭にはオレンジ色のベレー帽をかぶっており、美術館学校が多くある大崎のインテリジェンスをアピール。

デザイナーである犬山秋彦がデザイン

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づき著作権を解放している[2]

ゆるキャラ』を商標登録しているみうらじゅんから「大崎一番太郎はゆるくないからゆるキャラじゃない」と直接言われていることもあり、一般名詞の『ご当地キャラ』を使っていただけると嬉しいと言っている。

兄貴分に、元宇宙海賊で現在は犬山家居候のニート・デンジ犬のシュピーゲル・ド・スパンキー(通称・パイセン)と、戸越銀座商店街で家事手伝い中のホシ猫・戸越銀次郎がいる。

歴史[編集]

  • 2006年2月21日 - 大崎西口商店会、商店街デビュー。
  • 2009年12月12日 - Twitter開始。

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 犬山デザイン製作所”. 犬山デザイン制作所公式ページ. 2013年7月12日閲覧。
  2. ^ 大崎一番ブログ”. Livedoor Blog. 2015年3月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]