大崎副都心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大崎副都心(おおさきふくとしん)は東京都が策定した7ヶ所の副都心のひとつであり、東京都品川区を中心に形成されている。

概要[編集]

大崎駅周辺の航空写真(1974年撮影) 駅周辺にあった工場などの建物が確認できる。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

沿革[編集]

戦後しばらくは大崎駅周辺は工場や木造住宅などが並ぶ地域であり、特に山手線沿線でも有数の工場地帯であった。1970年代頃から工場の転出が始まり、跡地にオフィスビルなどが見られるようになってきた。1982年には東京都より副都心として位置づけられ、1980年代から徐々に工場跡地にビルなどができるようになってきたが、開発自体はなかなか進まずにいた。2002年都市再生特別措置法に基づいて大崎駅から五反田駅にかけての地域が、都市再生緊急整備地域に指定されこれを機に地域全体でオフィスや住居などが一体となった街づくりが活発に行われるようになり、高さ100m前後の高層マンションやオフィスビルなどが誕生しはじめ、近年になって街の景観・機能が変化しつつある街へとなっている。

範囲[編集]

名称は大崎副都心であるが、大崎駅五反田駅を中心にしたそれぞれの業務エリアをまたいで指定されている。現在開発が行われている範囲は大崎地区側の大崎駅から隣の五反田駅付近の線路沿い(目黒川山手通りとも並行している)を中心としたエリアで、地名としては大崎のほか、東五反田(二丁目)、北品川(五丁目)に広がる[1]

法令上で副都心地域として定められているおおよその範囲は以下の通りであるが、実際に開発が進められている範囲はもっと狭い。

鉄道
道路
首都高

主な施設[編集]

このほかに、D - 4街地区計画がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大崎副都心範囲図(東京都都市整備局)

外部リンク[編集]