錦糸町・亀戸副都心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

錦糸町・亀戸副都心(きんしちょう・かめいどふくとしん)は東京都が策定した7ヶ所の副都心のひとつであり、東京都墨田区江東区をまたがって形成されている。

概要[ソースを編集]

その範囲は墨田区本所地域東部を代表する錦糸町エリア(錦糸町駅)と江東区城東地域北部を代表する亀戸エリア(亀戸駅)により構成される。センター・コア・エリアに指定されているのは墨田区錦糸太平江東橋と江東区亀戸の1〜2、5〜8丁目[1]。周辺の職住近接ゾーンには墨田区横川亀沢文花と江東区亀戸3〜4丁目及び毛利大島が含まれる。

範囲[ソースを編集]

鉄道
道路

商業施設[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 錦糸町・亀戸副都心範囲図(東京都都市整備局)

外部リンク[ソースを編集]