上野・浅草副都心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

上野・浅草副都心(うえの・あさくさふくとしん)は東京都が策定した7ヶ所の副都心のひとつであり、東京都台東区の中部が範囲にあたる。

概要[編集]

その範囲は浅草上野御徒町地域都道463号上野駅 - 田原町駅間)を中心としたエリア。センター・コア・エリアに指定されている地域は松が谷寿雷門駒形花川戸秋葉原エリアの北端である千代田区外神田にまで及ぶ[1]

この地域は約1,400年前から町を形成していた東京でも歴史があるエリア。江戸時代には江戸を代表する街として成り立っていた地域である。(近代東京15区が範囲)

範囲[編集]

鉄道
道路
首都高

脚注[編集]

  1. ^ 上野・浅草副都心範囲図(東京都都市整備局)

外部リンク[編集]