目黒川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
目黒川
Meguro Meguro River Cherry Trees 1.JPG
春の目黒川(目黒区三田、田道橋より)
水系 二級水系 目黒川
種別 二級河川
延長 7.82 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 45.8 km²
水源 武蔵野台地世田谷区
水源の標高 -- m
河口・合流先 東京湾品川区
流域 東京都
テンプレートを表示

目黒川(めぐろがわ)は、日本南関東の、東京都世田谷区目黒区および品川区を流れて東京湾に注ぐ河川二級水系の本流である。

概要[編集]

河口付近では古くは「品川」(しながわ)といい、湾岸開発が進む以前は河口付近で流路が湾曲していて流れが緩やかであったため、古くは湊(みなと。cf. 品川湊)として使われ、の行き交っていたであった。これが地名「品川」の起こりとされる。

江戸時代の絵図などでは、その上流の下目黒付近では「こりとり川」と記され、江戸時代に「目黒川」と記した絵図は確認されない。「こりとり」は「垢離取り」の意で、この川で身を清めてから目黒不動尊(瀧泉寺)に詣でたことにちなむ[1]

1957年(昭和32年)には、台風22号による集中豪雨で氾濫が発生したことがある[2]

地理と生物[編集]

目黒川起点。右から北沢川が、左から烏山川が合流する。
2014年の年末に初の試みで中目黒付近の目黒川沿いの木々に青色のイルミネーションが施されて多くの人が訪れたが[3]、2015年は実施されなかった。[4]

東京都世田谷区三宿の東仲橋付近で北沢川烏山川が合流して目黒川となり南東へ流れ、品川区の天王洲アイル駅付近で東京湾に注ぐ。

起点(北沢川と烏山川の合流点)から国道246号大橋までの600m強の区間は暗渠化され、それと併せて地表部分には人工のせせらぎを抱いた緑道(目黒川緑道)が整備されており、カルガモコイザリガニなど様々な生物が住み着いている。大橋より下流は開渠となっている。

1995年(平成7年)以降、「清流復活事業」として、目黒川を流れる水の大部分は新宿区東京都下水道局落合水再生センター下水を高度処理したものを導いている。これにより水質が改善されてスミウキゴリなど魚類が増え、東京湾からマハゼアユボラが遡上するようになった。子供達によるイベント「いきもの発見隊」で採取された魚などは12種類(2017年時点)であった[5]

目黒区の辺りでは岸に並木があり、花見の時期には多くの見物客で賑わう。

下流部の地下には首都高速中央環状線山手トンネルが建設された。

かつては品川橋から北方面に流れていた。北品川橋付近が河口であった。途中には品海橋が架かっていた。また、荏原神社の北側を蛇行して流れていたが、直線化された。

流域の自治体[編集]

支流[編集]

ほとんどは暗渠化され、その多くは緑道として整備されている。また天然源流の北端は玉川上水、西端は立会川に近いため、この二河川と水源を共有する地点が複数存在する。

支流のうち名前が付いているのは、森巌寺川と、だいだらぼっち川の二河川のみ。
北沢川とともに世田谷区による緑道整備の主要な対象となっている。
環八沿い(蘆花恒春園北方、八幡山アパート脇)に約300mにわたって、2012年(平成24年)頃までは開渠が遺っていた。
現在の天然源流は世田谷区の高源院の池とされているが、希望ヶ丘団地付近で合流する水無川(世田谷区での河川名)/中川(三鷹市での河川名)が、目黒川を形成する天然河川ではもっとも奥からの源流で、1964年の河川法改正までは水無川・中川が烏山川の本流だった。
  • 空川
緑道化されていない。主たる水源地は駒場野公園として保全されている。
立会川の源流の一つである、目黒区清水の清水稲荷の少し東が源流。1キロ強という河川としては短い全区間が、目黒区と品川区の境界である。途中、崖から湧き出る湧水にパイプを差した地点があり、絵になる事から、東京の暗渠歩きを記した書籍やネット記事にもよく登場する。支流も多く、東急バス目黒営業所が源流となる六畝川(ろくせがわ。前述の蛇崩川は東急バス弦巻営業所の中を通る)、目黒不動尊に北から流れ込む入谷川、反対方向の禿坂より南から流れ込む無名支流の三つが存在する。上流は苔むした緑道がたどれるが、下流は通常の道路と化していて判別不能。

橋梁[編集]

大橋(国道246号)
中の橋 (歩行者専用)
目黒川水門(2019年10月18日撮影)

北沢川と烏山川の合流点より記載。

目黒区目黒、目黒新橋より

描かれた目黒川[編集]

ここでは、絵画などに描かれた目黒川について解説する。なお、千代が池(2)は目黒川北岸にあった池である。

長谷川雪旦画。天保5年(1834年)~天保7年(1836年)刊行。墨摺絵
目黒川に架かる石造りの太鼓橋とその周辺を描いている。最寄りの旧景勝地「夕日の岡」が背景に見られない画角であることや、橋向こうの家屋が手前の家屋よりかなり低い位置にあることから、行人坂の側(高所側)から南南東方面を描いたものと考えられる。
  • 2. 歌川広重 『名所江戸百景 目黒千代か池(めいしょえどひゃっけい めぐろ ちよがいけ)』 
名所浮世絵揃物名所江戸百景』第23景。安政4年(1857年)刊行。板元魚屋栄吉。縦大判錦絵
  • 3. 歌川広重 『名所江戸百景 目黒太鼓橋 夕日の岡(めいしょえどひゃっけい めぐろ たいこばし ゆうひのおか)』
名所浮世絵揃物『名所江戸百景』第111景。安政4年(1857年)刊行。板元は魚屋栄吉。縦大判錦絵。
目黒川の上流側から東南東方面を描いている。かつては夕陽に映える木立の紅葉が美しいと絶賛される有名な景勝地であったが、当時すでに見る陰も無くなってしまっていた「夕日の岡」を、これも有名な目黒太鼓橋と共に描く絵師は多かった。広重は、この図では暗い空から牡丹雪が静かに舞い降りる雪景として描いてみせた。一面雪景色の中、目黒川は画面奥へと流れている。道行く人々は男性達のにも女性の差す和傘にも雪が降り積もっている。これら雪の表現は全て紙の白地を活かして描かれている。ここの太鼓橋は江戸では珍しい石造り(石造アーチ橋)として誰もが知るところであった。橋を画面左へ向かえば行人坂、右へ向かえば目黒不動道(目黒不動へ到る街道)で、左手はここから険しい上り坂、右手は緩やかな下り坂である。左手奥に山のような斜面が見えるが、これが「夕日の岡」で、江戸時代には熊本藩細川家江戸下屋敷の敷地内にあった(※現在はホテル雅叙園東京の敷地内になっている)。右手前に屋根だけ見えているのは、しるこ餅を売る茶屋「正月屋」かも知れない。20年以上前に刊行された『江戸名所図会』にこの家屋が表側から描かれていて、暖簾に書かれた屋号も確認できるのであるが、時期がかなり離れているため、同じ店が存続していればの話になる。
  • 5. 歌川広重 『冨士三十六景 東都目黒夕日か岡』 [6]
安政5年(1858年)刊行。板元蔦屋吉蔵。縦大判錦絵

歌と目黒川[編集]

この川をモチーフにした楽曲を複数の歌手が発表している。

公表年 歌手名 曲名 収録アルバム名
2002年 KAB. 目黒川 向日葵
2004年 奥井亜紀 目黒川 cyclong
2010年 miwa めぐろ川 don't cry anymore

この他、2012年2月29日に発売されたFlowerの楽曲「SAKURAリグレット」の歌詞のフレーズにも目黒川が登場する。

2018年3月28日に、西島三重子の「目黒川」が発売されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 山本和夫『目黒区史跡散歩』学生社、1992年、p73
  2. ^ 「ヒヤヒヤの中小河川 整備計画足ぶみ 無秩序な都市化も一因」『朝日新聞』昭和42年9月8日夕刊、3版、11面
  3. ^ FASHION PRESS 目黒川が青の洞窟に!中目黒に神秘的なクリスマスイルミネーション出現
  4. ^ http://nakameguro-aonodokutsu.jp/
  5. ^ “目黒川のハゼに大はしゃぎ”. 産経新聞朝刊(東京面). (2017年5月30日). http://www.sankei.com/region/news/170530/rgn1705300016-n1.html 
  6. ^ 10 東都目黒夕日か岡”. 浮世絵に聞く! 江戸・富士・東海道・木曽街道を巡って(個人ブログ) (2015年9月10日). 2019年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]