中原街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中原街道道標


中原街道(なかはらかいどう)は、相模国(神奈川県)平塚武蔵国江戸(東京)とを結ぶ街道で、多摩川丸子で渡る。成立は古代に遡り[要出典]東海道の一部としても機能していた。


歴史[編集]

中原街道は、武蔵国相模国を結ぶ街道で、古代に発祥を持つ。相模国国府から、橘樹郡郡衙を通り、丸子で多摩川を渡り、江戸へ至り、東海道の一部だった。[要出典]ただし詳しい成り立ちはよくわかっていない。日蓮が利用するなど中世には利用されていたと考えられていて[1]、一部は延喜式によって定められた東海道(江戸時代のものとはルートが異なる)に含まれていたらしいが[要出典]、それ以前からあった道ではないかとも言われる[要出典]。また、鎌倉街道下の道の一部とも考えられている[2]

後北条氏の時代に本格的に整備をし、工事の際狼煙をあげ、それを目印に道を切り開いたため、比較的直線区間が多い[3]。狼煙を挙げた場所で今も記録に残っているのは、「横浜市旭区の今宿南町、清来寺の裏山」「上川井の大貫谷」「瀬谷区三ツ境駅裏側」などがある[要出典]

中原街道周辺の御殿、御茶屋の分布図

1590年(天正18年)に徳川家康が江戸入りした際もこの街道を利用したと言われる[4]

江戸時代東海道が整備された後は[5]江戸虎ノ門(現在の東京都港区虎ノ門)と平塚中原(現在の神奈川県平塚市御殿で、ここに中原御殿があった)とを結ぶ脇街道とされ、「中原街道」の名で呼ばれることとなった。別称として、相州街道・お酢街道・江戸間道・小杉道・こやし街道などがある。

小杉、下川井、中原御殿が作られると、将軍駿府往還や鷹狩などにも利用された[6]。なお、「中原街道」と呼ばれるようになったのは、江戸時代に入って徳川幕府が行った1604年の整備以降である[要出典]

東海道が整備されると幹線道としての役割は東海道に譲るが、江戸 - 平塚間をほぼ直線につなぐ道路であり、脇往還として沿道の農産物等の運搬や旅人の最速ルートとして利用された。東海道は大名行列に使われるため、その煩わしさを嫌う庶民や商人が利用した。赤穂浪士も東海道を避け、中原街道で江戸入りしたと伝えられている[要出典]

現在は江戸時代とルートが多少異なるが、なお主要地方道として利用されている。

宿場[編集]

中原街道は脇街道であったため、東海道のような宿駅は設けられず、荷物等の受け渡しを行う継立場が下記の通り設けられた(なおこの継立場を中原街道の宿場とする見解もある[誰によって?])。

現在の経路[編集]

中原街道は現在の国道1号桜田通りから東京都道・神奈川県道2号線および神奈川県道45号線に相当し、高座郡寒川町一之宮の田村の渡し、または、四之宮の渡しで相模川を渡り、平塚市御殿へ達している。

中原街道ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 品川区立品川歴史館編『平成22年度特別展・中原街道』2010年 6-12頁
  2. ^ 参考文献『中世を歩く』167-194頁
  3. ^ 横浜市ふるさと歴史財団 埋蔵文化財センター 「中原街道の整備事業に伴う発掘調査の質問に対する回答
  4. ^ 品川区立品川歴史館編『平成22年度特別展・中原街道』2010年 14-17頁。但し、大田区史編さん委員会編『大田区史』中巻 1992年 793頁 の様に、家康の入府路を池上・新井宿(現・大田区中央)を経る道と考える説もある。
  5. ^ 江戸時代に東海道は神奈川を経由し、多摩川は六郷の渡し(川崎)で渡るようになった。
  6. ^ 中島義一「徳川将軍家御殿の歴史地理的考察(第1報)ー南関東の場合ー(多田文男先生喜寿記念)」『駒澤地理』14、 駒澤大学、177-197頁、1978年。

参考文献[編集]

  • 北倉庄一 著 『中世を歩く』 1998年(平成10年)2月25日、ISBN 978-4990016531
  • 大田区史編さん委員会編『大田区史』中巻 1992年。
  • 品川区立品川歴史館編『平成22年度特別展・中原街道』2010年。
  • 中島義一「徳川将軍家御殿の歴史地理的考察(第1報)ー南関東の場合ー(多田文男先生喜寿記念)」『駒澤地理』14、 駒澤大学、177-197頁、1978年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]