脇往還

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

脇往還(わきおうかん)は、江戸時代五街道以外の主要な街道をいう。脇街道(わきかいどう)、また単に脇道[1](わきみち)ともいった。各藩の大名に管轄を任せていたため五街道ほど整備は行き届かなかったが、諸藩の経済や文化の発展に大きく寄与した[2]。のちに五街道とともに主要幹線道路として幕府から重要視されたため江戸幕府直轄となり、万治2年(1659年)に道中奉行の管轄にあった[3]宿駅一里塚並木などが整備された所も多い[4]。脇往還の全長は約6500キロメートル (km) あったとされ、小さな脇街道も含めると1万2000 kmにも達する道路網を形成した[2]

主な脇往還[編集]

主な脇往還には伊勢路水戸街道北国路羽州街道三国街道佐渡路中国路などがある[2]

五街道の脇往還[編集]

東海道の脇往還には、中原街道下田街道本坂通姫街道)、美濃路佐屋街道矢倉沢往還がある。

中山道の脇往還には、川越街道[1]北国西街道北国街道朝鮮人街道等がある。

日光街道奥州街道の脇往還・脇街道には、水戸街道日光御成道日光例幣使街道壬生街道佐倉街道日光東往還がある。

その他[編集]

その他に駿州往還川越児玉往還伊勢路日光脇往還長崎街道薩摩街道山陽道下街道 (善光寺道)、などがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b -江戸時代-”. ふじみ野市. 2017年5月10日閲覧。
  2. ^ a b c 浅井建爾 2015, p. 114.
  3. ^ 豊田・児玉(1970)105頁。
  4. ^ 浅井建爾 2001, p. 100。五街道と脇街道以外の諸街道は、勘定奉行が管轄した。

参考文献[編集]

  • 浅井建爾 『道と路がわかる辞典』 日本実業出版社2001年11月10日、初版。ISBN 4-534-03315-X
  • 浅井建爾 『日本の道路がわかる辞典』 日本実業出版社、2015年10月10日、初版。ISBN 978-4-534-05318-3
  • 豊田武、児玉幸多編『体系日本史叢書』24、交通史、山川出版、1970年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]