大磯駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大磯駅
Oiso Station.JPG
駅舎
おおいそ
Ōiso
JT 11 平塚 (4.0km)
(5.3km) 二宮 JT 13
所在地 神奈川県中郡大磯町東小磯1
駅番号 JT 12
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東海道本線
キロ程 67.8km(東京起点)
電報略号 オイ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
8,236人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1887年明治20年)7月11日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

大磯駅(おおいそえき)は、神奈川県中郡大磯町東小磯にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線である。駅番号JT 12

東京駅発着系統と、新宿駅経由で高崎線に直通する湘南新宿ライン、東京駅・上野駅経由で宇都宮線・高崎線に直通する上野東京ラインが停車する(運転形態の詳細については「東海道線 (JR東日本)」を参照)。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅である。三角屋根の地上駅舎を持つ。

自動改札機みどりの窓口(営業時間 9:30 - 17:30)・指定席券売機(営業時間 6:45 - 23:50)が設置されている。2016年2月28日より、始発から午前6時45分までの間は遠隔対応(インターホン対応は平塚駅が行う)のため改札係員は不在となり、一部の自動券売機のみ稼働する。

平塚駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 JT 東海道線 下り 小田原熱海沼津方面
2 上り 横浜品川東京上野渋谷新宿方面
上野東京ライン)(湘南新宿ライン

(出典:JR東日本:駅構内図

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員8,236人である。

近年の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1995年(平成07年) 8,022 [統計 2]
1996年(平成08年) 7,801
1997年(平成09年) 7,535
1998年(平成10年) 7,402 [* 1]
1999年(平成11年) 7,291 [* 2]
2000年(平成12年) [JR 1]7,211 [* 2]
2001年(平成13年) [JR 2]7,255 [* 3]
2002年(平成14年) [JR 3]7,209 [* 4]
2003年(平成15年) [JR 4]7,184 [* 5]
2004年(平成16年) [JR 5]7,185 [* 6]
2005年(平成17年) [JR 6]7,282 [* 7]
2006年(平成18年) [JR 7]7,303 [* 8]
2007年(平成19年) [JR 8]7,441 [* 9]
2008年(平成20年) [JR 9]7,579 [* 10]
2009年(平成21年) [JR 10]7,546 [* 11]
2010年(平成22年) [JR 11]7,564 [* 12]
2011年(平成23年) [JR 12]7,605 [* 13]
2012年(平成24年) [JR 13]7,673 [* 14]
2013年(平成25年) [JR 14]7,928 [* 15]
2014年(平成26年) [JR 15]7,831 [* 16]
2015年(平成27年) [JR 16]8,033 [* 17]
2016年(平成28年) [JR 17]8,051 [* 18]
2017年(平成29年) [JR 18]8,152
2018年(平成30年) [JR 19]8,236

駅周辺[編集]

かつては駅舎内に東華軒の売店があり駅弁を販売していたが、バリアフリー化工事の際に閉店した。現在は敷地内に隣接するコンビニで大船軒の駅弁が購入できる。

バス路線[編集]

大磯駅

運行会社は、特記以外は神奈川中央交通(神奈川中央交通西)。(さゞれ石経由の路線は通らない)

  • 西行(道路向かい側)
    • [磯01] 大磯運動公園・馬場・虫窪・恒道園経由 二宮駅北口行 ※本数少。
    • [磯06] 大磯ロングビーチ行 (神奈中・伊豆箱根バス) ※夏季の一部期間に運行。ノンストップ
    • [磯07] 大磯プリンスホテル行 ※ 昼間のみ。各停だが、夏季の磯08運行時は運休となる
    • [磯13]西公園経由 湘南大磯住宅行
    • [磯14] 湘南大磯住宅経由 二宮駅北口行
    • [平47] 二宮駅南口行
  • 東行 (駅舎前)
    • [平39] 下花水橋経由 平塚駅南口
    • [平47・平48] 古花水経由 平塚駅北口行
大磯局前

運行会社は神奈川中央交通(神奈川中央交通西)

  • 西行(大磯駅経由の路線は通らない)
    • [無系統] さゞれ石・大磯小学校経由 大磯駅行
      • 古花水発の平日朝片道一回運行とされているが、大磯小学校の通学輸送兼用と思われる。
    • [平44] さゞれ石・二宮駅南口・国府津駅経由 小田原駅行(休日1本のみ)
    • [平46] さゞれ石経由 二宮駅南口行
  • 東行(大磯駅を経由した路線も停車)
    • [平39] 下花水橋経由 平塚駅南口
    • [平45・46・47・48] 古花水経由 平塚駅北口行

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JT 東海道線
通勤快速・快速「アクティー」(以上は東京方面発着)・特別快速(湘南新宿ライン経由)
通過
普通(東京方面発着)・快速(湘南新宿ライン経由、下り列車は戸塚駅から「普通」扱い)
平塚駅 (JT 11) - 大磯駅 (JT 12) - 二宮駅 (JT 13)

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ 経済産業省『近代化産業遺産群 続33』(PDF)経済産業省、2008年、7 1。2015年8月22日閲覧。
  2. ^ “東日本ユニオンNo.124号”. JR 東日本労働組合横浜地方本部. (2015年12月6日). http://jrtu-east.org/pdf/yokohama-j124.pdf 2016年3月13日閲覧。 

利用状況[編集]

JR東日本の統計データ
JR東日本の2000年度以降の乗車人員
神奈川県県勢要覧
  1. ^ 平成12年 - 220ページ
  2. ^ a b 平成13年 (PDF) - 222ページ
  3. ^ 平成14年 (PDF) - 220ページ
  4. ^ 平成15年 (PDF) - 220ページ
  5. ^ 平成16年 (PDF) - 220ページ
  6. ^ 平成17年 (PDF) - 222ページ
  7. ^ 平成18年 (PDF) - 222ページ
  8. ^ 平成19年 (PDF) - 224ページ
  9. ^ 平成20年 (PDF) - 228ページ
  10. ^ 平成21年 (PDF) - 238ページ
  11. ^ 平成22年 (PDF) - 236ページ
  12. ^ 平成23年 (PDF) - 236ページ
  13. ^ 平成24年 (PDF) - 232ページ
  14. ^ 平成25年 (PDF) - 234ページ
  15. ^ 平成26年 (PDF) - 236ページ
  16. ^ 平成27年 (PDF) - 236ページ
  17. ^ 平成28年 (PDF) -244ページ
  18. ^ 平成29年 (PDF) - 236ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]