海水浴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
海水浴客でにぎわう熱海サンビーチ

海水浴(かいすいよく)は、海岸水泳日光浴ビーチバレーなど遊びを行うレジャー。海水浴向けに整備された砂浜海水浴場と呼ぶ。

概要[編集]

に入ることが多いため、それぞれの地域において暑い季節に行われる。日本では、海水浴場で公式に遊泳できるようになる日が海開きと呼ばれる。

一般的には水着を身につける。一部の外国には海浜で全裸になれるヌーディスト・ビーチが存在する(ヌーディズムを参照)。

歴史[編集]

貝塚などから出土する海産の貝殻釣り針といった遺物から、人類は古代から海辺で活動していたことが分かる。

現代のような海水浴の歴史は、欧米では17世紀ヨーロッパに遡り、18世紀後半から一般的になった。馬を用いる更衣用の専用車の開発に続き、鉄道の進歩が海水浴の発展に役立った。当初は温泉浴と同様に、健康の維持と回復のためのものとして処方されて出かけるようなものだった。

日本でも健康や療養のために海水に入る風習があったことが、平安時代から江戸時代にかけての和歌や文献に記されている。これらは潮湯治(塩湯治)や潮浴み、塩湯浴み(しほゆあみ)と呼ばれた。幕末開国で欧米人が持ち込んだ西洋風の海水浴と相まって、明治時代にも受け継がれた[1]

愛知県常滑市大野海水浴場は、鴨長明が塩湯治に訪れたとの伝承があり、「世界最古の海水浴場」を称する[2]。潮湯治は平磯(茨城県ひたちなか市)などでも行われ、現代で言う「タラソテラピー」(海洋療法)の元祖と位置付ける見方もある[3]

物理学者の寺田寅彦は身体が弱かった幼少期の明治14年、医師の勧めに従った父に連れられて上記の大野海岸へ療養に行き、海を怖がったため海水を沸かした風呂に入った思い出を随筆『海水浴』に記している。翌明治15年には後藤新平が『海水功用論 附海浜療法』を著している[4]神奈川県の大磯海水浴場(大磯町)は、オランダの文献で海水浴の効能を知った陸軍軍医総監松本良順の勧めで明治18年に開設された[5]

日本の海水浴の初期[6]において、京都時代祭りに登場するの引く御所車のような乗り物に乗り、牛に後ろ向きに海の中に入って後ろのドアを両開きに開き、自分たちが他から見えないようにして海に浸かったという。また、当初はパジャマに似たような服装で海水浴を行った。

行楽用も含めて、海水浴場も各地で増えた。東京湾京浜地区でも、太平洋戦争後に埋め立てや水質汚濁が進む前は海水浴場があった。ジェームス・カーティス・ヘボンが海水浴の適地と推奨して発展した宮の前海岸(神奈川県横浜市金沢区京急富岡駅付近にある富岡八幡公園に「海水浴発祥 宮の前海岸跡」の碑が建つ)のほか、扇島[7][8]新子安[9]本牧[10]などでもかつては海水浴が楽しめた。

20世紀後半にはレジャーとしての海水浴は庶民層にも普及した。水着は、特に女性用はファッション性を重視してビキニ、セパレーツ、Tバックなどへ発展した。

21世紀になると、日本においては海水浴は低迷傾向にある。1996年と2016年を比べると、海水浴客の総数は約2820万人から約730万人へ(日本生産性本部調べ)、海水浴場数は1320カ所から1111カ所へ(日本観光振興協会調べ)と減った。レジャーの多様化や、日焼けや砂による汚れを嫌う心理、河川・海岸工事による砂浜の砂減少などが影響していると見られる。このため観光庁は、ビーチバレーなど多様で通年型の海水浴場の観光利用を検討している[11]

東日本大震災でも約70カ所の海水浴場が休止となり、2018年時点で再開されたのは3割である[12]

注意点[編集]

海水浴の際の履物としてビーチサンダルがある。海でも傷まず、足を洗う際に楽であるため、必需品とされている。裸足で過ごしてもかまわないが、ビーチサンダル気軽に履いたり脱いだりできるうえ、砂に隠れた石やガラス片といった危険物による怪我を防げる。

このほか、ビーチで飲酒する場合は水分補給を忘れずに行い、飲酒量はいつもより控えめにすること[13]が呼び掛けられており、 飲酒後の海水浴は厳禁されている[13]

入れ墨、タトゥーなど、他の海水浴客に威圧感を与えるものは露出禁止となっている海水浴場もある[14][15]

脚注[編集]

  1. ^ 國木孝治「我が国における潮湯治から海水浴への変化過程に関する歴史的研究」(2018年9月11日閲覧)。
  2. ^ ぐるり東海(6)【常滑通信】潮湯治 にぎわった街朝日新聞DIGITAL(2018年4月13日)2018年9月11日閲覧。
  3. ^ 古(いにしえ)の海水浴/潮湯治・潮風呂(2018年9月11日閲覧)。
  4. ^ 『産経新聞』朝刊2018年7月17日・産経抄(2018年9月11日閲覧)。
  5. ^ 大磯照ヶ崎海水浴場発祥の地碑大磯町(2013年6月26日)2018年9月11日閲覧。
  6. ^ 「海水浴、鎌倉で発祥か…明治の軍医が効能紹介」 - 読売新聞2010年6月27日(インターネットアーカイブ2010年6月30日分キャッシュ)
  7. ^ http://hamarepo.com/news.php?news_id=403
  8. ^ http://hamarepo.com/story.php?story_id=5371
  9. ^ http://hamarepo.com/story.php?story_id=2900
  10. ^ http://hamarepo.com/story.php?story_id=3027
  11. ^ 『朝日新聞』朝刊2018年9月4日「列島を歩く■無人島ビーチ 静かに幕」解説記事「海水浴客、4分の1に」。
  12. ^ 東日本大震災:被災3県、海水浴場の再開3割『毎日新聞』朝刊2018年8月14日(2018年9月11日閲覧)。
  13. ^ a b 危険!飲酒後の海水浴!小田原市立病院2015年12月17日閲覧)
  14. ^ 安全で快適な逗子海水浴場の確保に関する条例及び施行規則逗子市(2015年12月17日閲覧)
  15. ^ 平成27年度開設の県内海水浴場神奈川県(2015年12月17日閲覧)

関連項目[編集]