真鶴駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真鶴駅
駅舎(2016年12月)
駅舎(2016年12月)
まなづる
Manazuru
JT 18 根府川 (5.4km)
(3.3km) 湯河原 JT 20
所在地 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1824
駅番号 JT 19
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東海道本線
キロ程 95.8km(東京起点)
電報略号 マナ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
3,298人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1922年大正11年)12月21日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

真鶴駅(まなづるえき)は、神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴(まなつる)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線である。駅番号JT 19

歴史[編集]

東海道本線の開通以前は、人車軌道軽便鉄道豆相人車鉄道(のちの熱海鉄道)も1896年 - 1923年にかけて存在し、この付近に「真鶴駅」を設けていた。1922年 - 1923年にかけては連絡駅でもあった。

年表[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅舎とホームは地下通路で連絡している。

直営駅で、根府川駅を管理している。Suica対応自動改札機・指定席券売機・みどりの窓口設置駅。ホームが大きく湾曲しており、見通しが悪く、輸送担当駅員が発車メロディを扱い、乗降終了合図を行う。

2015年1月末までにATOSプログラム放送が上野東京ライン対応の内容に更新された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 JT 東海道線 下り 熱海伊東沼津方面
2 上り 小田原横浜東京宇都宮高崎方面
上野東京ライン
上野駅から宇都宮線高崎線へ直通

(出典:JR東日本:駅構内図

駅弁[編集]

真鶴駅構内のNewDaysで販売している。

  • 小鯵押寿司
  • 鯛めし
  • おたのしみ弁当
  • うなぎ、金目鯛と銀鮭のあいのせ御膳

食材の仕入れ状況等により、日によって取り扱い商品が異なる[注釈 1]

利用状況[編集]

2018年度の1日平均乗車人員3,298人である。

近年の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[5][6]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1995年(平成07年) 5,091 [* 1]
1998年(平成10年) 4,928 [* 2]
1999年(平成11年) 4,844 [* 3]
2000年(平成12年) [JR 1]4,779 [* 3]
2001年(平成13年) [JR 2]4,545 [* 4]
2002年(平成14年) [JR 3]4,300 [* 5]
2003年(平成15年) [JR 4]4,314 [* 6]
2004年(平成16年) [JR 5]4,213 [* 7]
2005年(平成17年) [JR 6]4,161 [* 8]
2006年(平成18年) [JR 7]4,153 [* 9]
2007年(平成19年) [JR 8]4,141 [* 10]
2008年(平成20年) [JR 9]4,070 [* 11]
2009年(平成21年) [JR 10]3,948 [* 12]
2010年(平成22年) [JR 11]3,781 [* 13]
2011年(平成23年) [JR 12]3,669 [* 14]
2012年(平成24年) [JR 13]3,642 [* 15]
2013年(平成25年) [JR 14]3,574 [* 16]
2014年(平成26年) [JR 15]3,456 [* 17]
2015年(平成27年) [JR 16]3,444 [* 18]
2016年(平成28年) [JR 17]3,376 [* 19]
2017年(平成29年) [JR 18]3,356
2018年(平成30年) [JR 19]3,298

駅周辺[編集]

駅前
後方に跨線人道橋が見える。

駅名と町名は「まなづる」、大字は「まなつる」と読む。

官公庁・公共施設[編集]

教育[編集]

医療[編集]

  • 真鶴町国民健康保険診療所

金融機関・郵便局[編集]

店舗[編集]

道路[編集]

漁港[編集]

海水浴場[編集]

公園[編集]

神社・仏閣[編集]

バス路線[編集]

真鶴駅

タクシー[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JT 東海道線
快速「アクティー」・普通(快速アクティー東京方面は小田原まで各駅に停車)
根府川駅 (JT 18) - 真鶴駅 (JT 19) - 湯河原駅 (JT 20)

なお、湘南新宿ラインの特別快速が小田原 - 熱海駅間で延長運転されることがあるが、新宿方面行き列車は当駅を出ると次の停車駅は小田原駅となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 東日本旅客鉄道からの回答

出典[編集]

  1. ^ 朝日新聞1977年5月28日朝刊23面
  2. ^ 「日本国有鉄道時刻表1981年10月1日ダイヤ改正号」
  3. ^ 神奈川県鉄道輸送力増強促進会議[リンク切れ]「平成20年度要望に対する東日本旅客鉄道の回答【東海道本線】」
  4. ^ 木村和夫 「真鶴工臨の中止とEF65-1059」『鉄道ファン』2003年10月号
  5. ^ まなづるの統計 - 真鶴町
  6. ^ 神奈川県県勢要覧
  7. ^ a b c d e 「真鶴駅」停留所情報. 箱根登山バス株式会社. 2017年10月28日閲覧。
  8. ^ a b c d e 真鶴駅 行き先一覧. 伊豆箱根バス株式会社. 2017年10月28日閲覧。
  9. ^ a b c コミュニティバス時刻表. 湯河原町 2017年10月28日閲覧。

利用状況[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員
神奈川県県勢要覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]