川崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川崎駅
Kawasaki-Sta-E-201110.JPG
東口駅舎(2011年10月)
かわさき
Kawasaki
 KWS 
右上は乗換駅の京急川崎駅
所在地 川崎市川崎区駅前本町26-1*
北緯35度31分53秒 東経139度41分49秒 / 北緯35.53139度 東経139.69694度 / 35.53139; 139.69694座標: 北緯35度31分53秒 東経139度41分49秒 / 北緯35.53139度 東経139.69694度 / 35.53139; 139.69694
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 カワ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 3面6線
乗車人員
-統計年度-
215,234人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1872年7月10日明治5年6月5日
乗入路線 3 路線
所属路線 東海道線
東海道本線列車線)
駅番号 JT04
キロ程 18.2 km(東京起点)
JT 03 品川** (11.4 km)
(10.6 km) 横浜 JT 05
所属路線 京浜東北線
(東海道本線電車線)
駅番号 JK16
キロ程 18.2km(東京起点)
大宮から48.5 km
JK 17 蒲田** (3.8 km)
(3.5 km) 鶴見 JK 15
所属路線 南武線
駅番号 JN01
キロ程 0.0 km(川崎起点)
(1.7 km) 尻手 JN 02
乗換 京急川崎駅京急本線
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
浜 横浜市内
日本初の鉄道の中間駅。
* 正式な所在地。駅西半分は川崎市幸区にまたがる。
** 蒲田 - 当駅間に東京支社横浜支社境界あり(当駅から鶴見・横浜方面は横浜支社管内)
テンプレートを表示

川崎駅(かわさきえき)は、神奈川県川崎市川崎区駅前本町(駅の西半分は同市幸区)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

乗り入れ路線[編集]

当駅に乗り入れている路線は、線路名称上は東海道本線南武線の2路線(詳細は路線記事および鉄道路線の名称を参照)で、東海道本線は当駅の所属線としており、南武線は当駅が起点となっている。東海道本線は現在、列車線を走行する東海道線列車と電車線を走行する京浜東北線電車の2系統が停車し、旅客案内ではそれぞれ別路線として扱っている。現在はこれらの3系統の列車が停車しているが、加えて1980年9月30日までは東海道線と線路を共用していた横須賀線電車も停車していた。また、当駅には「KWS」のスリーレターコードが付与されている。

当駅は川崎市内にあるが、便宜上、特定都区市内制度における「横浜市内」に属している(南武線・鶴見線の川崎区および幸区にある各駅も同様)。

東海道本線では当駅が横浜市内エリアとしての北限となり、当駅が属する横浜支社管理エリアの東京支社との境界も当駅と蒲田駅の間、東海道本線六郷川橋梁の蒲田側堤防上にある。

京浜急行電鉄本線大師線が乗り入れている近隣の京急川崎駅とは、コンコースや地下街によって互いに行き来できる。乗り換えには北改札の利用が便利で、およそ7~9分程で可能である。なお、JR線の京急川崎連絡京急線乗車券と京急線の川崎連絡JR線乗車券は発売されていないが、連絡定期券が2008年3月15日から発売されている。

歴史[編集]

明治34年頃の川崎駅
西口(2011年10月8日)

駅構造[編集]

島式ホーム3面6線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。ホーム中央部とコンコースを連絡するエスカレーター(上りのみ)・エレベーターが設置されている。

ホームの横浜寄りの端には乗り換え専用の跨線橋がある。

また、2018年2月17日、北改札を含む北口自由通路が完成した[報道 5][報道 6][新聞 6]

中央北改札、北改札はJR東日本ステーションサービスに委託されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 JT 東海道線 下り 横浜熱海方面
2 上り 東京上野大宮方面
上野東京ライン
3 JK 京浜東北線 南行 横浜・関内方面
4 北行 東京・大宮方面
5・6 JN 南武線 下り 登戸立川方面

(出典:JR東日本:駅構内図

東海道線ホームはかつて横須賀線と共用していたが、1980年10月1日ダイヤ改正時のSM分離により品鶴線経由になった。これに伴い、品鶴線に新川崎駅が開業した。

東海道線ホーム(1・2番線)は終日立番が配置され、発車メロディ扱いと乗降終了合図を行う。

発車メロディ[編集]

東海道線ホームの1・2番線では坂本九が川崎市の出身であることにちなんで、2016年12月10日から代表曲である「上を向いて歩こう」に変更された[報道 3][新聞 3]。メロディはスイッチの制作で、編曲は福嶋尚哉が手掛けた[5]。また、南武線ホームの5・6番線では、当時の川崎市立商業高校ビジネス教養科の生徒らによる働きかけによって、2016年4月5日に「川崎市歌」に変更している[報道 2]。京浜東北線ホームの3・4番線では日本電音制作のメロディを使用している。

1・2 JT 上を向いて歩こう
3 JK 高原
4 JK
5・6 JN 川崎市歌

以前の東海道線ホームは1番線が日本電音制作の「せせらぎ」、2番線が同じく「春(トレモロVer)」、南武線ホームは5・6番線とも共通で東洋メディアリンクス制作の「Water Crown」であった。

駅構内設備[編集]

中央通路(写真奥が東口)
  • みどりの窓口
  • 売店など
    • NewDays
      • 川崎店 - 中央南改札内コンコース(東海道線ホーム側)
      • 川崎中央南改札店 - 中央南改札外コンコース
      • 川崎東口店 - 東口道路脇
      • アトレ川崎北口店 - 北口改札内コンコース
      • アトレ川崎北側改札内店 - 北口改札内コンコース
    • NewDays KIOSK 川崎駅改札内店
    • マンスリースイーツ アトレ川崎 - 北改札外アトレ川崎内
    • 崎陽軒 川崎駅コンコース店 - 中央南改札内コンコース
    • ミスターミニット JR川崎駅店 - 中央南改札内コンコース
  • 飲食店など
    • いろり庵きらく 川崎店 - 中央南改札内コンコース
    • 濱そば 川崎店 - 京浜東北線 ホーム上
    • アトレ川崎 デリ・スイーツ・イートインゾーン - 北側改札内コンコース

駅弁[編集]

主な駅弁は下記の通り[6]

  • 横濱中華弁当
  • 幕の内弁当
  • お赤飯弁当
  • かながわ味わい弁当(春・初夏・夏・秋・冬)(季節により内容が変わる)
  • 炒飯弁当
  • シウマイ弁当
  • しょうが焼弁当
  • おべんとう(春・初夏・夏・秋・冬)(季節により内容が変わる)
  • 横濱チャーハン
  • 横濱ピラフ
  • ハマの朝ごはん弁当(平日午前中のみ販売)
  • いなり寿司

利用状況[編集]

  • JR東日本 - 2019年度の1日平均乗車人員215,234人である[利用客数 1]
    JR東日本の駅では北千住駅に次ぐ第11位で、神奈川県内での同社の駅では横浜駅に次ぐ第2位である。また、南武線の駅の中では第1位である。

川崎市の拠点となる駅の一つであり、ピーク時の1968年度には19万人を上回る乗車人員を記録したものの、その後1985年度までは概ね減少し、15万人を下回った。1986年度からは再度増加に転じたが、1993年度からは2000年度までは再び減少傾向となった。2001年度以降は上昇傾向が続き、2013年度は45年ぶりに過去最大の乗車人員を更新した。2014年度には北千住駅、高田馬場駅を上回るとともに、初めて乗車人員が20万人を越えた。

近年の推移は下表の通りである。

  • 年度全体の乗車人員を365(閏日が入る年度は366)で除して1日平均乗車人員を求めている。2012年度以降の定期外と定期の値は、計算で生じた小数点以下の値は切り捨てているため、定期外と定期の和は必ずしも合計と一致しない。
  • 2008年度以前の定期外と定期の値は、川崎市統計書による。平成19年版以前の川崎市統計書は閏日が入る年度も365で除しているため、表中の値は365で乗じた後、366で除している。
年度別1日平均乗車人員[乗降データ 1]
年度 1日平均乗車人員 出典
定期外 定期 合計
1968年(昭和43年) 192,349
1990年(平成02年) 158,234
1995年(平成07年) 163,468 [乗降データ 2]
1996年(平成08年) 56,316 107,173 163,489
1997年(平成09年) 56,028 106,019 162,047
1998年(平成10年) 56,357 104,351 160,708 [神奈川県統計 1]
1999年(平成11年) 56,888 101,182 [JR 1]158,070 [神奈川県統計 2]
2000年(平成12年) 56,074 100,217 [JR 2]156,291 [神奈川県統計 2]
2001年(平成13年) 57,472 100,007 [JR 3]157,479 [神奈川県統計 3]
2002年(平成14年) 60,222 97,655 [JR 4]157,877 [神奈川県統計 4]
2003年(平成15年) 62,025 95,928 [JR 5]157,953 [神奈川県統計 5]
2004年(平成16年) 63,687 96,540 [JR 6]160,227 [神奈川県統計 6]
2005年(平成17年) 65,000 98,495 [JR 7]163,495 [神奈川県統計 7]
2006年(平成18年) 71,734 102,916 [JR 8]174,650 [神奈川県統計 8]
2007年(平成19年) 76,677 106,900 [JR 9]183,577 [神奈川県統計 9]
2008年(平成20年) 77,563 108,922 [JR 10]186,485 [神奈川県統計 10]
2009年(平成21年) [JR 11]187,147 [神奈川県統計 11]
2010年(平成22年) [JR 12]185,300 [神奈川県統計 12]
2011年(平成23年) [JR 13]185,651 [神奈川県統計 13]
2012年(平成24年) [JR 14]75,656 [JR 14]112,536 [JR 14]188,193 [神奈川県統計 14]
2013年(平成25年) [JR 15]77,994 [JR 15]119,015 [JR 15]197,010 [神奈川県統計 15]
2014年(平成26年) [JR 16]80,195 [JR 16]123,958 [JR 16]204,153 [神奈川県統計 16]
2015年(平成27年) [JR 17]80,898 [JR 17]126,827 [JR 17]207,725 [神奈川県統計 17]
2016年(平成28年) [JR 18]81,337 [JR 18]128,142 [JR 18]209,480 [神奈川県統計 18]
2017年(平成29年) [JR 19]82,546 [JR 19]129,350 [JR 19]211,896 [神奈川県統計 19]
2018年(平成30年) [JR 20]83,915 [JR 20]130,686 [JR 20]214,601 [神奈川県統計 20]
2019年(令和元年) [JR 21]82,467 [JR 21]132,766 [JR 21]215,234

駅周辺[編集]

川崎市の古くからの繁華街は駅東側である。工場跡地のあった駅西側は2000年代に入って商業開発が進んだ。川崎市は北口通路の整備に資金負担するなどして、JR駅の北東にある京急川崎駅周辺を含めて往来しやすくする再開発を進めている[新聞 8]

東口を中心に繁華街が広がりその規模は首都圏有数である。

東口[編集]

川崎駅東口バスターミナル(2013年8月)

駅舎に接続して駅ビルの「アトレ川崎」がある。

2003年に西武百貨店川崎店、2018年1月14日に丸井川崎店(いずれも川崎ルフロンに入居)が業績不振でそれぞれ撤退したことにより、百貨店は老舗のさいか屋(大型店舗は閉店)のみとなったものの、その他の多くの店舗が出店したほか、新たな商業施設も建設された。

駅前にはバスターミナルがあり、川崎市交通局川崎鶴見臨港バス京浜急行バス羽田京急バスなどが周辺各地への路線バス高速バスを運行している。バスターミナルの地下には地下商店街の「川崎アゼリア」があり、バスターミナル・京急川崎駅や近隣の商業施設への連絡通路になっている。アゼリアと川崎モアーズとの連絡通路には設置当時世界一短かったエスカレーター(プチカレーター)がある。

京急川崎駅は当駅から北東に200m程離れている。バスターミナルの南東部を京急本線の高架線が通過している。

郵便局・主な金融機関

東口駅前再整備[編集]

川崎駅東口(2005年6月)

現在の駅前広場は1986年に整備されたが、整備されてから20年以上経過し、施設の老朽化が進んでいた。また、一度アゼリアを経由しなければバスターミナルにアクセスできないことや、街路樹や地下街の入口などで視界が遮られるなどの課題が多かった。

そこで、川崎市では2007年から有識者や市民で構成する会議で検討を重ね、2008年3月に具体策をまとめた。案では、視界を遮っている東口からアゼリアに降りる中央階段の屋根と壁面を透明な素材にするなどして開放的な空間にすることや、混雑が激しい階段で上下移動が多くなる島式のバス乗り場を7か所から2か所に再編成し、横断歩道やエスカレーター・エレベーターの整備などバリアフリー化のための整備が進められる。また、駅前広場全体でもエスカレーターやエレベーターを既存の倍に増やすことや、タクシーと一般車の乗降スペースを駅側に整備し、街路樹の景観工夫がされる。

この再整備工事は2009年度に着工され、2011年4月に完成した[報道 15]

その他にも、6千台分の駐輪場の整備、北口の開設、西口側とを結ぶ新たな自由通路の計画もなされている。

北口自由通路[編集]

2010年1月22日に川崎市とJR東日本との間で北口自由通路と改札口の新設に関する費用負担や整備概要について合意された。整備費用は200億円で、そのうち5 - 6割は川崎市の負担。ホーム東京寄りの乗換跨線橋を拡幅してコンコース化するもので、2012年度に着工し、2018年2月17日に供用を開始した[報道 5][報道 6][新聞 6]。コンコースの整備のほか、エスカレーター、エレベーター、店舗も整備された[報道 16]

西口[編集]

川崎駅西口北バスターミナル「ラゾーナ広場」

かつての川崎駅西口は、東芝堀川町工場や明治製菓の工場などが建ち並ぶ工業地域であった。これらの工場撤退後は更地が広がっていたが、後年大規模な再開発が行われて風景を一新した。

駅北東部の地区は、明治製糖・明治製菓の跡地が「かわさきテクノピア」として再開発され、明治製菓工場跡地には、1995年4月に大規模オフィスビルのソリッドスクエアが完成している。

駅南西側の地区は「ミューザ川崎」として再開発され、2004年7月1日にミューザ川崎シンフォニーホールがオープンし、川崎市の目指す「音楽のまち」の拠点施設となった。

西側駅前の地区は、2004年に閉鎖された東芝川崎事業所の跡地が「ラゾーナ川崎」として再開発され、商業部分の「ラゾーナ川崎プラザ」が2006年9月28日に開業した。郊外型ショッピングセンターの規模・テナント構成でありながら、ターミナル駅前に立地し、ショッピングセンターとしては成田国際空港に次ぐ日本2位の売上高を誇る。ビックカメラ丸善などが、シネマコンプレックスとして109シネマズ(東急レクリエーションが運営)が入居し、ファミリー層向けのテナントが充実している。同じく開業した住宅部分のラゾーナ川崎レジデンスは2007年春に入居を開始した。

残された南西部の区画は2013年3月に業務ゾーン「ラゾーナ川崎東芝ビル」として東芝グループの新事業拠点となるオフィスビルが完成した。2階には東芝未来科学館が併設されている。この地に東芝があったことを偲ばせる施設として旧正門脇に「川崎東芝前郵便局」があったが、2004年9月24日限りで閉鎖され、2年後の2006年9月26日に「川崎駅西口郵便局」として再開している。

東口より小規模ながら西口にもバスターミナルがあり、川崎鶴見臨港バス、川崎市交通局、横浜市交通局東急バスの路線が発着する。ラゾーナ川崎プラザ前には、新たに川崎駅西口北バスターミナルが完成し、東口発着のバス系統が一部西口北バスターミナル発着に変更された。詳細は下記参照。

駅に隣接して、JR東日本グループのホテルメッツ川崎がある。2021年1月27日より、駅ナカシェアオフィス「STATION WORK」が利用可能である(事前予約制)[8]

2018年5月18日、JR東日本により川崎駅西口開発計画の起工式が開催された。オフィス高層棟、オフィス低層棟、ホテル棟の3棟を建設。ホテルは2020年春、全体完成は2021年春を予定[報道 17][新聞 10]

2020年3月26日、JR東日本横浜支社は川崎駅西口開発計画の街区名称を、この地が多摩川三角州上にあったことから「KAWASAKI DELTA (カワサキ デルタ) 」に決定したとし、「JR川崎タワー オフィス棟・商業棟」と「ホテルメトロポリタン 川崎」、歩行者デッキ上の中央広場「デルタプラザ」による構成とすることを発表した。なお、「ホテルメトロポリタン 川崎」は2020年5月18日に開業[報道 18][新聞 11]し、全面供用は2021年4月が予定されている[報道 19]

2021年1月22日に、JR東日本横浜支社、ジェイアール東日本ビルディング、JR東日本スポーツが、JR川崎タワーの商業棟を順次開業させ、川崎駅西口開発計画「KAWASAKI DELTA」がグランドオープンすることを発表した[報道 20]。JR川崎タワーの商業棟のうち、2階が2021年5月13日、3 - 5階が同月19日の開業が予定されている[報道 20]。2階にはカフェ、レストラン、保育園など、3 - 5階には「ジェクサー・フィットネス&スパ24川崎」が併設される予定である[報道 20]。なお、歩行者デッキ、JR川崎タワーのオフィス棟は2021年4月、オフィス棟内に併設される「ステーションコンファレンス川崎」は同年6月1日の開業が予定されている[報道 20]

川崎駅西口の再開発地区[編集]

バス路線[編集]

東口(川崎駅・川崎駅前)[編集]

後述の西口北バスターミナル新設に伴い、東口から発着していた路線の一部が西口北バスターミナルに移転するとともに、一部のりばにはバスが発着しなくなっている。2008年12月15日から川崎市交通局の川74系統が日中に限り東口から再び発着するようになった。

前述の通り、バスのりばは改良工事により、2009年10月19日から北側、2010年2月15日から南側ののりばを一時移設(一部は統合)していたが、同年6月8日に完了して現在ののりば形態となり、横浜側が「海島」、東京側が「空島」となった。これにより、駅から横断歩道を通ってアクセスすることもできるようになったほか、新たに川崎アゼリア地下街からバスのりばに直結するエレベーターも新設された。

高速バスのりばを除き、同じバスターミナル内のバス停であるが、事業者によって名称が異なっており、川崎市交通局・日東交通・小湊鉄道は「川崎駅」、川崎鶴見臨港バス・京浜急行バスは「川崎駅前」を使用する。

海島(横浜側バス島)[編集]

1番のりば(川崎鶴見臨港バス
  • <川21> 水江町行、エリーパワー前行
2番のりば(川崎鶴見臨港バス)
3番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <川25> 富士電機前行
  • <川26> 川崎駅前行【富士電機循環】
4番のりば(川崎鶴見臨港バス)
5番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <川24> 川崎駅前行【鋼管循環】、ダイエー川崎プロセスセンター行、浜川崎営業所行
6番のりば(川崎市交通局
  • <川15> 川崎駅行【小田栄循環】
  • <川40> JFE前行、塩浜営業所前行、水江町行、カワサキアイランドスイート行
7番のりば(川崎鶴見臨港バス)
8番のりば(川崎鶴見臨港バス)
9番のりば(川崎鶴見臨港バス)
10番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <川27> 日清製粉前行
  • <急行> 浜川崎営業所行、富士電機前行

空島(東京側バス島)[編集]

11番のりば(川崎市交通局)
12番のりば(川崎市交通局)
  • <川04> 市営埠頭行、京セラ前行、塩浜営業所前行
  • <川05> 東扇島循環行
  • <川07> 東扇島西公園行、かわさきファズ物流センター行
13番のりば(川崎市交通局)
14番のりば(川崎市交通局)
  • <川10> 水江町行、ゼロ・エミ工業団地行、塩浜行、塩浜営業所前行
15番のりば(川崎市交通局)
  • <川13> 扇町行、塩浜営業所前行
  • <川15> 小田栄循環
  • <直行> 市立川崎高校前行
16番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <川03> 浮島バスターミナル行
17番のりば(川崎鶴見臨港バス)
18番のりば
19番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <急行> エリーパワー前行、水江町行、ゼロ・エミ工業団地行
  • <直通> 大師行
20番のりば(川崎鶴見臨港バス)

駅前通り側(海島・空島の反対側)[編集]

21番のりば
  • 川崎市交通局
    • <川05> 東扇島循環【特急】
  • 川崎市交通局・川崎鶴見臨港バス
21-2番のりば
  • 川崎市交通局
    • <川21> 水江町【急行】
  • 川崎鶴見臨港バス・京浜急行バス
22番のりば
23番のりば(川崎市交通局・川崎鶴見臨港バス)

ラ チッタデッラ前(高速バス乗り場)[編集]

西口(川崎駅西口)[編集]

51番のりば(川崎鶴見臨港バス)
52番のりば(横浜市営バス
53番のりば(川崎市交通局)
  • <川81> 上平間行
54番のりば(川崎市交通局)
  • <川83> 江川町行
55番のりば(川崎市交通局)
56番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <川60> 元住吉行、鹿島田駅入口行、神明町車庫行、塚越行
57番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <川56> 川崎駅西口行【矢向末吉橋循環】
  • <川61> 元住吉行、江川町行
  • <川69> 川崎駅西口行【小倉循環】
58番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <川54> 元住吉行、谷戸行
  • <川55> 横須賀線小杉駅行
59番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <川53> 元住吉行
  • <川57> 川崎駅西口行【末吉橋矢向循環】
60番のりば(川崎鶴見臨港バス)

ラゾーナ広場(川崎駅ラゾーナ広場、旧・川崎駅西口北)[編集]

川崎駅北口通路が供用開始となった2018年2月17日以降、案内上は「川崎駅北口西のりば」の表記となっている。

2018年4月1日から、ネーミングライツにより停留所名が「川崎駅ラゾーナ広場」となった[報道 21][報道 22][9][報道 23]

81番のりば(東急バス
82番のりば(東急バス)
83番のりば(東急バス)
  • <直行> 東芝小向事業所行
84番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <川61> 神明町車庫行
85番のりば(川崎市交通局)
  • <川71> 小杉駅前行、上平間行
86番のりば(川崎市交通局)
  • <川74> 小杉駅前行、上平間行、川崎駅ラゾーナ広場行【河原町循環】
  • <川75> 上平間行
87番のりば(川崎市交通局)
  • <川73> 上平間行

計画[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JT 東海道線
快速「アクティー」・普通
品川駅 (JT 03) - 川崎駅 (JT 04) - 横浜駅 (JT 05)
JK 京浜東北線
快速・各駅停車
蒲田駅 (JK 17) - 川崎駅 (JK 16) - 鶴見駅 (JK 15)
JN 南武線
快速
川崎駅 (JN 01) - 鹿島田駅 (JN 04)
各駅停車
川崎駅 (JN 01) - 尻手駅 (JN 02)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 平日朝のみ、急行便を運行。

出典[編集]

  1. ^ a b c 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』38号 青梅線・鶴見線・南武線・五日市線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年4月11日、20-21頁。
  2. ^ マイナビニュース 鉄道トリビア第98回「ラッシュ時の川崎駅、東海道本線の普通列車が通過していた時期がある」
  3. ^ 駅の情報(川崎駅):JR東日本”. 東日本旅客鉄道. 2020年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月14日閲覧。
  4. ^ お知らせ一覧 > 3/18(木) 新たに9カ所でSTATION BOOTHが開業します!”. STATION WORK (2021年3月17日). 2021年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月22日閲覧。
  5. ^ 株式会社スイッチ. “株式会社スイッチオフィシャルサイト” (日本語). 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 2019年7月21日閲覧。
  6. ^ 『JTB時刻表』2019年3月号、JTBパブリッシング、2019年、 148頁。
  7. ^ お知らせ一覧 > 3/12(金)よりダイワロイネットホテル4施設と提携開始!”. STATION WORK (2021年3月11日). 2021年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月22日閲覧。
  8. ^ お知らせ一覧 > 1/27(水) ホテルメッツの利用可能施設が拡大します!”. STATION WORK (2021年1月26日). 2021年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月4日閲覧。
  9. ^ 停留所名称変更のお知らせ(川崎駅西口北)”. 川崎鶴見臨港バス (2018年3月22日). 2018年3月23日閲覧。
報道発表資料[編集]
  1. ^ Suicaご利用可能エリアマップ(2001年11月18日当初) (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月25日閲覧。
  2. ^ a b “~地元高校生による地域活性化~ 川崎駅南武線ホーム発車メロディとして川崎市歌を導入します” (PDF) (プレスリリース), 川崎市/東日本旅客鉄道横浜支社, (2016年3月29日), オリジナルの2020年5月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200524040642/https://www.jreast.co.jp/press/2015/yokohama/20160329_y02.pdf 2020年5月24日閲覧。 
  3. ^ a b “~駅と地域の活性化を目指して~ 川崎駅 東海道線ホーム発車メロディに「上を向いて歩こう」を導入します” (PDF) (プレスリリース), 川崎市/東日本旅客鉄道横浜支社, (2016年12月6日), オリジナルの2020年5月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200524040553/https://www.jreast.co.jp/press/2016/yokohama/20161206_y01.pdf 2020年5月24日閲覧。 
  4. ^ “6月18日(日)にJR川崎駅中央北改札を先行開業します” (PDF) (プレスリリース), 川崎市/東日本旅客鉄道横浜支社, (2017年5月25日), オリジナルの2020年5月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200523125905/https://www.jreast.co.jp/press/2017/yokohama/20170525_y02.pdf 2020年5月23日閲覧。 
  5. ^ a b c “平成30年2月17日(土)に新たにJR川崎駅が生まれ変わります。” (プレスリリース), 川崎市, (2017年11月22日), オリジナルの2018年7月28日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180727150018/http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/500/0000092777.html 2017年12月26日閲覧。 
  6. ^ a b c “平成30年2月17日(土)に新たにJR川崎駅が生まれ変わります。 ~JR川崎駅北口通路・北改札等の供用開始及びアトレ川崎増床部分の開業を同日実施します。~” (PDF) (プレスリリース), 川崎市/東日本旅客鉄道横浜支社, (2017年11月22日), オリジナルの2020年5月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200524040340/https://www.jreast.co.jp/press/2017/yokohama/20171122_y01.pdf 2020年5月24日閲覧。 
  7. ^ “川崎駅 東海道線 線路切換工事(ホーム拡幅)に伴う列車の運休について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2018年7月26日), オリジナルの2018年11月3日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181103210146/https://www.jreast.co.jp/press/2018/yokohama/20180726_y01.pdf 2020年6月21日閲覧。 
  8. ^ “びゅうプラザの臨時営業体制について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), びゅうトラベルサービス, (2020年10月5日), オリジナルの2020年11月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201101015906/http://www.v-travels.co.jp/mt/press_20201005.pdf 2020年11月1日閲覧。 
  9. ^ “STATION WORKは2020年度100カ所ネットワークへ ~東日本エリア全域へ一挙拡大。ホテルワーク・ジムワークなどの新たなワークスタイルを提案します~” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2021年2月8日), オリジナルの2021年2月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210208053136/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20210208_ho04.pdf 2021年2月8日閲覧。 
  10. ^ “2020年度ホームドア設置駅について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2020年9月18日), オリジナルの2020年9月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200918053052/https://www.jreast.co.jp/press/2020/yokohama/20200918_1_y.pdf 2020年9月18日閲覧。 
  11. ^ “より安全な駅ホーム・踏切の実現に向けた取組みについて” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年4月7日), オリジナルの2020年4月7日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200407061032/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200407_ho01.pdf 2020年4月7日閲覧。 
  12. ^ “JR東日本 駅たびコンシェルジュ川崎・秋田開業について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2021年3月12日), オリジナルの2021年3月12日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210312050246/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20210312_ho02.pdf 2021年3月12日閲覧。 
  13. ^ “「JR東日本 駅たびコンシェルジュ」の開業について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年10月2日), オリジナルの2020年10月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201005060046/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201002_ho01.pdf 2020年10月5日閲覧。 
  14. ^ “STATION WORKがダイワロイネットホテルズ14施設と提携スタート ~東京・神奈川・千葉エリアの14施設と連携開始、日本全国136カ所のネットワークへ~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道、ダイワロイヤル, (2021年3月5日), オリジナルの2021年3月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210305080415/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20210305_ho01.pdf 2021年3月6日閲覧。 
  15. ^ 川崎駅東口駅前広場再編整備について - 川崎市まちづくり局
  16. ^ 川崎駅北口自由通路等整備事業の進捗状況について (PDF) - 川崎市役所 2010年1月22日
  17. ^ “川崎駅西口開発計画の本体工事着手について ~川崎市の玄関口としてふさわしい広域ハブ拠点の形成を目指す大規模複合型まちづくり~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2018年5月18日), オリジナルの2020年3月22日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200322064308/https://www.jreast.co.jp/press/2018/20180513.pdf 2020年3月22日閲覧。 
  18. ^ “テーマは「出会いと物語の始まる場所」、アート・音楽が楽しめるシティホテル ホテルメトロポリタン 川崎 2020年5月18日(月)開業 ~2019年11月1日(金)予約開始/開業記念宿泊プラン販売~” (PDF) (プレスリリース), 日本ホテル、ホテルメトロポリタン 川崎, (2019年8月29日), オリジナルの2020年7月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200730145256/https://www.nihonhotel.com/sys/docs/Sm5i/190829release_kawasaki1.pdf 2020年7月30日閲覧。 
  19. ^ “川崎駅西口開発計画 2021年4月全体完成 街区名称を「KAWASAKI DELTA」に決定 ~ 大規模複合型まちづくりによる広域ハブ拠点が誕生します ~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2020年3月26日), オリジナルの2020年3月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200326053422/https://www.jreast.co.jp/press/2019/yokohama/20200326_y02.pdf 2020年3月26日閲覧。 
  20. ^ a b c d “川崎駅西口開発計画「KAWASAKI DELTA」グランドオープン JR川崎タワー商業棟が2021年5月13日(木)より順次開業 ~カフェ&レストラン・フィットネス&スパがぞくぞくオープンします~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社、ジェイアール東日本ビルディング、JR東日本スポーツ, (2021年1月22日), オリジナルの2021年1月22日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210122151544/https://www.jreast.co.jp/press/2020/yokohama/20210122_y01.pdf 2021年1月23日閲覧。 
  21. ^ 川崎駅北口西バス乗り場等のネーミングライツパートナーを決定しました”. 川崎市 (2018年1月31日). 2018年3月9日閲覧。
  22. ^ 停留所名称の変更について(川崎駅西口北)”. 川崎市 (2018年3月13日). 2018年3月23日閲覧。
  23. ^ 【川崎駅西口北】停留所名称変更のお知らせ”. 東急バス (2018年3月22日). 2018年3月23日閲覧。
新聞記事[編集]
  1. ^ a b “28日から使用開始 JR川崎駅 改良工事が完成”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1988年6月25日) 
  2. ^ “話題満載!!「川崎BE」あすオープン”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1988年7月7日) 
  3. ^ a b “「上を向いて歩こう」に JR川崎駅メロ”. 神奈川新聞. (2016年12月7日). オリジナルの2020年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200811161606/https://kanaloco.jp/news/life/entry-5323.html 2020年8月12日閲覧。 
  4. ^ “「中央北改札」さらに便利に JR川崎駅整備 18日に先行開業”. 東京新聞. (2017年6月15日). オリジナルの2018年4月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180425114751/https://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201706/CK2017061502000144.html 2020年8月12日閲覧。 
  5. ^ “混雑緩和へ新改札 JR川崎駅「中央北」供用開始”. 神奈川新聞. (2017年6月19日). オリジナルの2020年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200811161254/https://kanaloco.jp/news/social/entry-14436.html 2020年8月12日閲覧。 
  6. ^ a b c “JR川崎駅の北口通路オープン 混雑緩和など期待”. 神奈川新聞. (2018年2月18日). オリジナルの2020年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200811160803/https://kanaloco.jp/news/life/entry-26109.html 2020年8月12日閲覧。 
  7. ^ “東海道線川崎駅の混雑限界 11月3日一部区間運休し工事”. 神奈川新聞. (2018年10月24日). オリジナルの2020年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200811160605/https://kanaloco.jp/news/social/entry-38025.html 2020年8月12日閲覧。 
  8. ^ “JR川崎駅北口通路、18年2月開通 アトレ改装と同時”. 日本経済新聞. (2017年11月23日). オリジナルの2020年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200811160313/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23812880S7A121C1L82000/ 2020年8月12日閲覧。 
  9. ^ “「川崎ゼロゲート」8月8日開業 さいか屋跡、9店舗出店”. 神奈川新聞. (2019年7月21日). オリジナルの2020年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200811160413/https://kanaloco.jp/news/life/entry-183299.html 2020年8月12日閲覧。 
  10. ^ “「川崎駅西口開発」の起工式”. 交通新聞. (2018年5月22日) 
  11. ^ “川崎駅西口に大規模ホテル開業 音楽やアート発信も”. 神奈川新聞. (2020年5月19日). オリジナルの2020年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200811155842/https://kanaloco.jp/news/life/entry-357527.html 2020年8月12日閲覧。 

利用状況[編集]

JR東日本の1日平均利用客数
  1. ^ 各駅の乗車人員 - JR東日本
JR東日本の統計データ
JR東日本の1999年度以降の乗車人員
神奈川県県勢要覧
  1. ^ 平成12年 - 220ページ
  2. ^ a b 平成13年 (PDF) - 222ページ
  3. ^ 平成14年 (PDF) - 220ページ
  4. ^ 平成15年 (PDF) - 220ページ
  5. ^ 平成16年 (PDF) - 220ページ
  6. ^ 平成17年 (PDF) - 222ページ
  7. ^ 平成18年 (PDF) - 222ページ
  8. ^ 平成19年 (PDF) - 224ページ
  9. ^ 平成20年 (PDF) - 228ページ
  10. ^ 平成21年 (PDF) - 238ページ
  11. ^ 平成22年 (PDF) - 236ページ
  12. ^ 平成23年 (PDF) - 236ページ
  13. ^ 平成24年 (PDF) - 232ページ
  14. ^ 平成25年 (PDF) - 234ページ
  15. ^ 平成26年 (PDF) - 236ページ
  16. ^ 平成27年 (PDF) - 236ページ
  17. ^ 平成28年 (PDF) - 244ページ
  18. ^ 平成29年 (PDF) - 236ページ
  19. ^ 平成30年 (PDF) - 220ページ
  20. ^ 平成31年 (PDF) - 220ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]