国道135号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道135号標識
国道135号
地図
総延長 104.5 km
実延長 104.5 km
現道 083.9 km
制定年 1953年昭和28年)指定
起点 静岡県下田市
新下田橋東詰(北緯34度40分37.45秒 東経138度56分48.57秒 / 北緯34.6770694度 東経138.9468250度 / 34.6770694; 138.9468250 (新下田橋東側)
主な
経由都市
静岡県伊東市熱海市
終点 神奈川県小田原市
早川口交差点(北緯35度14分47.52秒 東経139度8分58.14秒 / 北緯35.2465333度 東経139.1494833度 / 35.2465333; 139.1494833 (早川口交差点)
接続する
主な道路
記法
国道136号標識 国道136号
国道414号標識 国道414号
国道1号標識 国道1号国道138号標識 国道138号重複区間
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
国道135号 起点
静岡県下田市 新下田橋付近
国道135号 終点
神奈川県小田原市 早川口交差点

国道135号(こくどう135ごう)は、静岡県下田市から伊豆半島東海岸を経由して、神奈川県小田原市に至る一般国道である。

概要[編集]

静岡県熱海市東海岸町付近(2020年8月)

起点の下田市から、伊豆半島東側に位置する伊東市熱海市などを経て、相模灘に沿って北上し、終点の小田原市に至る路線である。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

西湘バイパス石橋IC - 真鶴道路のバイパス整備[編集]

西湘バイパス石橋ICから真鶴道路までの区間はバイパス道路が整備されておらず、2005年度の道路交通センサスによれば休日は1時間平均で上下線合わせて2,000台以上が走行している。当該区間は地元住民の生活道路でもあるため、1981年より小田原市、真鶴町と湯河原町は協議会を設置して国や神奈川県へ西湘バイパスの延伸を申し立てた。しかし日本道路公団およびその業務を継承した中日本高速道路側に動きは見られないため、2008年2月8日に神奈川県は当初予算案の中で当該区間のバイパス道路整備計画を示した。

整備計画では当該区間を西湘バイパスの延伸ではなく、神奈川県が主体となり国道135号のバイパスを整備するものとなっている。2008年度に基礎調査を実施し、2009年度以降に設計都市計画決定やルート選定を実施する。神奈川新聞によると静岡県熱海市もこの計画について歓迎の意向を示すコメントを出している[7]

拡幅事業[編集]

静岡県熱海土木事務所では平成20年代後半の供用に向けて、伊東市吉田の三の原入口交差点 - 同市川奈の殿山交差点において、4車線化拡幅事業中である[8]

有料道路[編集]

無料開放[編集]

道路施設[編集]

道の駅[編集]

交通量[編集]

道路交通センサスより

地名 2005年 2010年 2015年
下田市外ヶ岡 17,262 16,494 16,705
河津町浜 08,973 08,352 08,850
東伊豆町稲取 10,867 11,095 11,825
伊東市赤沢 13,218 12,336 11,660
伊東市富戸 18,369 18,569 18,903
伊東市川奈 21,446 20,109 21,728
伊東市玖須美 13,369 13,016 13,542
伊東市東松原町 17,248 17,029 18,954
伊東市湯川 21,759 21,993 24,094
伊東市宇佐美 13,371 14,039 13,044
熱海市下多賀 19,225 19,594 19,809
熱海市熱海 19,734 19,181 20,420
熱海市東海岸町 17,381 18,031 18,670
熱海市泉 14,209 20,203 19,505
湯河原町吉浜 24,152 23,060 22,982
真鶴町岩 08,002 15,623 16,422
小田原市石橋 27,121 29,747 29,169

地理[編集]

静岡県熱海市 伊豆山交差点
(2011年4月)

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

ギャラリー[編集]

大規模な交通障害[編集]

連絡を受けた神奈川県警察などが出動、運転手を救出して後部座席に乗せたところ、高波にパトロールカーがさらわれ、相模湾へ流出する被害となった(全員脱出して無事)[9]
  • 2021年(令和3年)7月3日 - 梅雨前線に伴う豪雨に伴い、熱海市伊豆山地区の山麓にて、土石流が発生した(令和3年7月3日の熱海市の土砂災害)、逢初川を伝うように家屋を破壊しながら、相模湾まで達した。その途中の当道の逢初橋付近においても数台の車・バスを巻き込みながら道路や周辺の建物が土砂で覆い尽くされ、通行不能となる(並走する熱海ビーチラインなどもこの豪雨によって通行止めとなっており、熱海市-湯河原町間の自動車での移動は大幅な迂回が必要となった。東海道線も7月4日昼過ぎまで運転を見合わせており、発生当日は熱海市-湯河原町間が完全に遮断されていた)[10]。行方不明者の捜索や復旧作業が行われ、2021年7月29日15時に、26日ぶりに通行止めが解除された[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在
  3. ^ 1971年に市制施行して下田市発足。

出典[編集]

  1. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年5月20日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年9月23日閲覧。
  4. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ 国道135号と県道740号(小田原湯河原)について (PDF)”. 神奈川県小田原土木事務所. 2012年7月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月11日閲覧。
  6. ^ 神奈川・小田原市で土砂崩れ 一部国道で通行止”. テレ朝ニュース (2021年8月15日). 2021年8月15日閲覧。
  7. ^ “西湘バイパスを延伸/県主体で渋滞緩和目指す”. カナロコ (神奈川新聞社). (2008年2月9日). オリジナルの2008年2月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080210051411/http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiifeb0802220/ 2008年2月9日閲覧。 
  8. ^ 伊豆東海岸の道路を改良する事業を進めています。 (PDF)”. 静岡県. 2015年4月26日閲覧。
  9. ^ パトカー、高波で流される=国道冠水、救助活動中-神奈川・小田原”. 時事通信社 (2018年7月28日). 2018年7月28日閲覧。
  10. ^ 吹き上がる泥・打ちつける土砂の塊、建物も路線バスものみ込んでいった…熱海の土石流ルポ(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
  11. ^ 熱海つらぬく主要道26日ぶり復旧 土石流被害の国道135号が通行止め解除 ただし「雨注意」 | 乗りものニュース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]