国道436号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道436号標識
国道436号
地図
総延長 96.6 km
実延長 30.4 km
現道 29.5 km
陸上区間 32.5 km
海上区間 64.1 km
制定年 1982年昭和57年)指定
起点 兵庫県姫路市
末広橋交差点(北緯34度47分48.33秒 東経134度39分59.65秒 / 北緯34.7967583度 東経134.6665694度 / 34.7967583; 134.6665694 (末広橋交差点)
主な
経由都市
香川県小豆郡小豆島町、小豆郡土庄町
終点 香川県高松市
中新町交差点北緯34度20分14.21秒 東経134度2分49.44秒 / 北緯34.3372806度 東経134.0470667度 / 34.3372806; 134.0470667 (中新町交差点)
接続する
主な道路
記法
国道250号標識 国道250号
国道30号標識 国道30号
国道11号標識 国道11号
国道32号標識 国道32号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
姫路みなとドーム前(2013年9月)。進むとすぐに飾磨埠頭のフェリー乗り場に突き当たる

国道436号(こくどう436ごう)は、兵庫県姫路市から小豆島を経由して、香川県高松市に至る一般国道である。

概要[編集]

本州と四国を結ぶ一般国道の一路線で、姫路市から瀬戸内海播磨灘を海上区間として、瀬戸内海に浮かぶ小豆島を縦断しながら、対岸の高松市とを結ぶ。陸上区間の実延長は30.4 kmで、そのうち29 km強が小豆島にある。また、高松港から高松市内の終点までは国道30号との重用区間であるため、香川県内の単独区間(実延長区間)は、小豆島内で終結する[1]。海上区間は姫路港 - 小豆島の福田港および土庄港 - 高松港の2区間があり、それぞれ小豆島フェリーが就航する。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2] に基づく起終点および経過地は次のとおり

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 橘バイパス(小豆島町橘 - 安田間 1.9 km) : 2011年5月31日供用。2001年に着手。幅員約11 m(トンネル部分は約10 m)で、2車線と片側の歩道からなる。橘トンネル(654 m)は香川県内6番目の長さ。橘峠付近は道幅が狭いうえに急カーブが続き、交通の難所とされていた。バイパスの完成で所要時間は約5分短縮[5]

重複区間[編集]

  • 国道30号(香川県高松市北浜町・宇高国道フェリー乗り場前 - 高松市中新町・中新町交差点(終点))
  • 国道11号(香川県高松市番町・番町交差点 - 高松市中新町・中新町交差点(終点))

海上区間[編集]

本州の兵庫県姫路港 - 小豆島の福田港と、小豆島の土庄港 - 四国の香川県高松港に海上区間が2区間があり、海上区間64.1 kmは総延長の6割以上を占める。この航路には、姫路 - 小豆島間に小豆島フェリー、小豆島 - 高松間に四国フェリーの路線が就航する[1]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 2019年4月1日現在

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 松波成行「国道436号」『酷道をゆく』、イカロス出版、2008年3月20日、 89頁、 ISBN 978-4-86320-025-8

関連項目[編集]