国道173号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道173号標識
国道173号
地図
総延長 70.4 km
実延長 70.4 km
現道 70.3 km
制定年 1963年昭和38年)指定(1975年(昭和50年)延伸)
起点 大阪府池田市
西本町交差点(北緯34度49分33.77秒 東経135度25分26.25秒 / 北緯34.8260472度 東経135.4239583度 / 34.8260472; 135.4239583 (西本町交差点)
主な
経由都市
兵庫県丹波篠山市
終点 京都府綾部市
新綾部大橋交差点(北緯35度17分36.02秒 東経135度16分6.84秒 / 北緯35.2933389度 東経135.2685667度 / 35.2933389; 135.2685667 (新綾部大橋交差点)
接続する
主な道路
記法
国道176号標識 国道176号
国道423号標識 国道423号
国道477号標識 国道477号
国道372号標識 国道372号
国道9号標識 国道9号
国道27号標識 国道27号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
国道173号 起点
大阪府池田市 西本町交差点
国道173号 終点
京都府綾部市 新綾部大橋交差点

国道173号(こくどう173ごう)は、大阪府池田市から京都府綾部市に至る一般国道である。

概要[編集]

起点の池田市から、大阪府豊能地域である能勢町を経由し、兵庫県では阪神北地域と丹波地域を経て、京都府の中丹地域である、終点の綾部市に至る路線で、大阪府と兵庫県の県境付近を主な経路としている。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

現行の道路法(昭和27年法律第180号)に基づく二級国道として初回指定された1953年昭和28年)では、大阪神戸線(大阪市 - 神戸市)として指定されていた[4]1958年(昭和33年)に一級国道43号への昇格に伴って欠番となり[5][6]、1963年(昭和38年)新たに指定された池田瑞穂線に採番された[7]。指定当初は国道9号交点である京都府船井郡瑞穂町[注釈 4]が終点であったが、1975年(昭和50年)に京都府主要地方道43号綾部瑞穂線を編入して終点を綾部市まで延伸した[注釈 5][8][9]

年表[編集]

  • 1963年昭和38年)4月1日 - 二級国道173号池田瑞穂線(池田市 - 京都府船井郡瑞穂町[注釈 4])として指定施行[7]
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道173号として指定施行[1]
  • 1975年(昭和50年)4月1日 - 終点側を延伸し、一般国道173号(池田市 - 綾部市)として指定施行[9]

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 丹州街道
  • いなさん
  • 阪鶴国道
  • 能勢街道
  • 綾部街道

重複区間[編集]

  • 国道423号(大阪府池田市・西本町交差点(起点) - 池田市・木部交差点)
  • 国道477号(大阪府池田市・西本町交差点(起点) - 兵庫県川西市・一の鳥居交差点)
  • 国道372号(兵庫県丹波篠山市福住地区)

道路施設[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

国道9号との交差
京都府船井郡京丹波町

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

大阪府池田市
兵庫県川西市
大阪府豊能郡能勢町
兵庫県丹波篠山市
京都府船井郡京丹波町
  • 国道9号(和田交差点)
  • 京都府道444号桧山須知線
  • E9京都縦貫自動車道京丹波みずほIC
  • 京都府道447号上野水原線(井脇交差点 ※保井谷交差点まで重複)
  • 京都府道447号上野水原線(保井谷交差点 ※井脇交差点から重複)
  • 京都府道26号京丹波三和線と三ノ宮交差点で間接接続)
京都府福知山市
京都府綾部市

沿線にある施設など[編集]

通過する路線バス[編集]

主な峠[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g h 2019年4月1日現在
  3. ^ 1999年4月1日に4町が合併して篠山市発足。
  4. ^ a b c 2005年10月11日に3町が合併して船井郡京丹波町発足。
  5. ^ 1975年に国道に編入されているが、正式に廃止されたのは1983年。

出典[編集]

  1. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年5月30日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年11月7日閲覧。
  4. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ ウィキソースには、一級国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和33年9月30日政令第281号)の原文があります。
  6. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和33年9月30日政令第281号)の原文があります。
  7. ^ a b ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和37年5月1日政令第184号)の原文があります。
  8. ^ “府道路線の廃止(昭和58年京都府告示第64号)”, 京都府公報 第5720号: 81-82, (1983年2月1日) 
  9. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和49年11月12日政令第364号)”. 法庫. 2012年11月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]