国道196号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道196号標識
国道196号
総延長 81.7 km
実延長 81.7 km
現道 78.7 km[注釈 1]
制定年 1953年指定
起点 愛媛県松山市
西堀端交差点(地図
主な
経由都市
愛媛県今治市
終点 愛媛県西条市地図
接続する
主な道路
記法
国道056号標識 国道56号
国道437号標識 国道437号
国道317号標識 国道317号
国道011号標識 国道11号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
起点標表面(愛媛県松山市)
起点標裏面(愛媛県松山市)

国道196号(こくどう196ごう)は、愛媛県松山市から同県今治市を経由して同県西条市に至る一般国道である。

概要[編集]

愛媛県の松山地区と東予地方を結ぶ重要ルートの1つで、県内第2の人口を擁する今治市を経由し、西瀬戸自動車道(通称:しまなみ海道)にも連絡している。また、全線が指定区間となっている。

松山市内(特に堀江町以南)や今治市中心部は交通渋滞の多発地であり、とりわけ松山市谷町付近は近年まで片側1車線の道幅のままで、「渋滞名所」であった。しかし、現在では、どちらの区間でもバイパス建設や現道拡幅の工事が完成しており、交通事情が改善されている。

一方、松山市大浦から今治市大西地域付近にかけては、瀬戸内海の斎灘(いつきなだ)に沿う眺望の良い区間であり、愛媛県中心部の手軽なドライブコースとして人気がある。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 2]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

  • 1953年昭和28年)5月18日
    二級国道196号松山小松線(松山市 - 愛媛県周桑郡小松町[注釈 3])として指定施行[5]
  • 1965年(昭和40年)4月1日
    道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道196号として指定施行[1]

路線状況[編集]

自動車専用道路[編集]

バイパス[編集]

通称[編集]

道路施設[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ うち13.0 kmは今治小松自動車道
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  3. ^ a b c 2004年11月1日より西条市の一部
  4. ^ 2005年1月1日より松山市の一部
  5. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]