真鶴町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まなづるまち
真鶴町
Manazurutown.JPG
星ヶ山から眺めた真鶴半島と真鶴港
真鶴町旗
真鶴町旗
真鶴町章
真鶴町章
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
足柄下郡
団体コード 14383-9
法人番号 6000020143839
面積 7.05 km²
総人口 7,082
推計人口、2017年10月1日)
人口密度 1,000人/km²
隣接自治体 小田原市、足柄下郡湯河原町
町の木 クスノキ
町の花 ハマユウ
町の鳥 イソヒヨドリ
真鶴町役場
町長 宇賀一章
所在地 259-0202
神奈川県足柄下郡真鶴町244番地1
北緯35度9分30.4秒東経139度8分13.8秒座標: 北緯35度9分30.4秒 東経139度8分13.8秒
真鶴町役場)
外部リンク 真鶴町の公式ページ

真鶴町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

真鶴町(まなづるまち)は、神奈川県足柄下郡。神奈川県南西部の真鶴半島とその周辺にある町である。歴史的な経緯から真鶴町真鶴と、真鶴町岩の2つの地区で構成されている。古くから上質の石材とされる本小松石の産地である。町の名は、地図上の形がツルに似ていることから付けられた。

地理[編集]

真鶴半島湯河原町の中心部
丹沢山地より見た真鶴半島と相模灘

箱根火山の南東に位置し、相模湾の西を画す小さな真鶴半島と、その北の海岸部・後背の山地からなり(岩 (真鶴町))、南東から北西に伸びた細長い形をしている。北の小田原市と南の湯河原町に挟まれる。

真鶴半島は、切り立った海岸を持つ溶岩台地である。先端は真鶴岬で、岬の先の海上に三ツ石(三つ岩)を望む。県立真鶴半島自然公園に指定されている。町域は全般に起伏が多く、平地は少ない。緩い傾斜面を持つ半島の付け根に市街地があり、その北西に真鶴駅、東に岩漁港と海水浴場、南東に真鶴港がある。市街地の北の山には採石場が多い。北部海岸沿いの丘陵はミカンの栽培が盛んである。町の北西部は、箱根火山の外輪まで続く山地の一部である。

日本のリビエラ[編集]

町域の大部分が山地帯で平坦地に乏しいが、箱根火山の山麓はミカン園として利用され、北に箱根、南に相模湾を望む斜面地からの眺望は、南フランスイタリア地中海沿岸に良く似ているといわれ、日本のリビエラと呼ばれている。[1] [2] なお、隣接する小田原市の片浦地区は「東洋のリビエラ」とも呼ばれている。[3]

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

1970年以降、人口は減少傾向にある。2017年には神奈川県内で初めての過疎地域に指定された[4]

Demography14383.svg
真鶴町と全国の年齢別人口分布(2005年) 真鶴町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 真鶴町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
真鶴町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 10,284人
1975年 9,999人
1980年 9,968人
1985年 9,834人
1990年 9,588人
1995年 9,606人
2000年 9,075人
2005年 8,714人
2010年 8,212人
2015年 7,333人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

沿革[編集]

平成の大合併における真鶴町[編集]

真鶴町は湯河原町と、2005年1月を目処に合併を目指していたが、真鶴町で行われた合併の賛否を問う住民投票で僅差で反対が上回り、合併は中止になった。真鶴町民の十分な理解が得られなかった背景には、「新市名が湯河原市となる」「これまでなかった都市計画税が新たに徴収される」等の要因が挙げられる。

行政[編集]

「真鶴」の読み方について[編集]

真鶴駅の駅名標

「真鶴」(自治体名)は、現在は「まなる」と読むのが正しい。自治体名の読み方は、岩村と合併した際の昭和31年9月30日官報で「まなづる」として告示されている。しかし、その後発行されている『全国市町村要覧』等の各種文献では「まなつる」と記載されている。真鶴町ではこの経緯を調査したが、合併告示の処理の際に誤記があった、昭和37年に自治体名の読み方を「まなつる」に変更した、などいくつかはっきりしない情報があるのみで、確かな事実は判明しなかった。いずれにしても、地元で「まなつる」と澄んで読む人はいないとのことであり、2005年(平成17年)に一般的な発音である「まなづる」に自治体名を変更し、総務省に届け出た。[7][8]

字名については、昭和31年11月9日神奈川県公報にて「まなつる」と告示され、今に至っている。これについても、湯河原町との合併協議[9]や自治体名変更の際に、「まなづる」に統一することも検討されたが、湯河原町との合併が破談に終わったこと、上記の通り告示の経緯が不明であったことなどから、「まなつる」のままである。[10]よって、「真鶴町真鶴」は「まなづるまちまなつる」と読むのが、地名としては正確である。

なお、東海道本線真鶴駅、および真鶴道路(真鶴ブルーライン)の「真鶴」の読み方は「まなづる」である。

財政[編集]

2006年(平成18年)度の財政データを示す。

  • 財政力指数 0.64 神奈川県市町村平均 1.05
  • 経常収支比率 89.5% 
  • 標準財政規模 17億6000万円
  • 人口一人当たり人件費物件費等決算額 15万3592円 神奈川県市町村平均 10万3215円 
  • 人口一人当たり地方債現在高 32万6879円 普通会計分のみ 神奈川県市町村平均 47万6542円
  • 実質公債費比率 9.9% 神奈川県市町村平均 19.5%
  • 人口1000人当たり職員数 9.94人 神奈川県市町村平均 6.59人
    • 内訳 一般職員85人(うち技能労務職 6人) 教育公務員3人 合計88人
  • 町職員一人当たり平均給料月額 31万1200円 すべての職員手当を含まない数字
  • 町職員一人当たり人件費概算値(年額)880万6477円
  • ラスパイレス指数 89.7 全国町村平均 93.9
  • 地方債等の残高
    1. 普通会計分の地方債 28億9300万円
    2. 特別会計分の地方債 29億1300万円 
    3. 関係する一部事務組合分の債務 2億9000万円 (債務x負担割合 湯河原町真鶴町衛生組合分)
      • 湯河原町真鶴町衛生組合、神奈川県市町村職員退職手当組合、神奈川県後期高齢者医療広域連合
    4. 第三セクター等の債務保証等に係る債務 0円
      • (財)かながわ海岸美化財団
  • 地方債等の残高合計 60億9600万円 (連結会計)
    • 真鶴町民一人当たりの地方債等残高 68万8969円 

まちづくり条例[編集]

「真鶴町まちづくり条例」は1993年制定、翌年施行の条例である。まちづくり計画として条例第10条「美の原則(8つの原則)」および「美の基準」、開発や建築を行うときのルール、議会の役割や住民参加などを定めている。まちづくりを条例で規定した例として、全国的に先駆的な事例で、「美」を法令上規定することも異例であった。「美の原則」のデザインの指針(デザインコード)は、かつて美しかったイギリスの歴史的建築物が次々と取り壊されていくのを心配したチャールズ皇太子の『英国の未来像 建築に関する考察』の発想を参照している。この著書でいわれている「建築の10の原則」は、都市に住む人間にとって、国や時間を超えて共通の普遍性を持つものであるため、考え方のヒントとされている[11]。 なお、真鶴町は2005年、市町村で初めて景観法に基づく景観団体になり、2006年に景観計画を告示した。

箱根山からの傾斜地であるという地形上の特徴とあいまって独特の眺めを作り出している。古くからその地形的条件でわずかな土地を居住地として、海・山・畑の仕事により風景が織り成されてきた。また、真鶴半島の先端は御林として真鶴町の象徴として精神的なシンボルともなっている。これらの景観を豊かで美しい景観形成を図るために定めている。

美の基準[編集]

真鶴町では「」を個人的な主観としないために、8つの原則美の原則)を立てている。真鶴町を美しくすることによって生き生きと生活するために、原則の具体的な手がかりや、全体のつながり、基準の詳細が基準として定められている。この美の基準は強制されるものではなく、みんなで作るものであり、参加によって修正されたり蓄積されたりする意図がある。実験的に長期にわたり続けられることで、真鶴町を「美しく豊かにしていく」ものとして計画されている[13]

  • 美の基準(#美の原則と関連)
    • 私たちは「場所」を尊重することによりその歴史、文化、風土を町や建築の各部に「格づけ」し、それら各部の「尺度」の継りを持って青い海、輝く森、と言った自然、美しい建物の部分の共演による「調和」の創造を図る。それらは真鶴町の大地、生活が生み出す「材料」にはぐくまれ、「装飾と芸術」といった、人々に深い慈愛や楽しみをもたらす真鶴独自の質をもつものたちに支えられ、町共通の誇りとして「コミュニティ」を守り育てるための権利、義務、自由を生きづかせる。これらの全体は真鶴町の人々、町並、自然の美しい「眺め」に抱擁されるであろう。

美の原則[編集]

真鶴町は自然環境、生活環境及び歴史的文化的環境を守り、かつ発展させるために、次に掲げる美の原則に配慮するものとして定めている。

  • 場所
    • 建築は場所を尊重し、風景を支配しないようにしなければならない。
  • 格づけ
    • 建築は私たちの場所の記憶を再現し、私たちの町を表現するものである。
  • 尺度
    • すべての物の基準は人間である。建築はまず人間の大きさと調和した比率をもち、次に周囲の建物を尊重しなければならない
  • 調和
    • 建築は青い海と輝く緑の自然に調和し、かつ町全体と調和しなければならない。
  • 材料
    • 建築は町の材料を活かしてつくらなければならない。
  • 装飾芸術
    • 建築には装飾が必要であり、私たちは町に独自な装飾を作り出す。芸術は人の心を豊かにする。建築は芸術と一体化しなければならない。
  • コミュニティ
    • 建築は人々のコミュニティを守り育てるためにある。人々は建築に参加するべきであり、コミュニティを守り育てる権利と義務を有する。
  • 眺め
    • 建築は人々の眺めの中にあり、美しい眺めを育てるためにあらゆる努力をしなければならない。

経済[編集]

産業[編集]

水田がなく、北部海岸近くの丘陵にミカン果樹園が広がる。2000年(平成12年)の販売農家数は44戸で、経済的にも就業構造から見ても農業は微々たるものである。かつては真鶴港・岩漁港からの漁業が盛んだった。真鶴を特徴づける産業は、中世までさかのぼる小松石の採掘である。

加えて観光業が振興されている。2015年の観光客数は113万人で例年同様に推移しており、日帰りの飲食による割合が高い[14]。なお、周辺の箱根町は1737万人、小田原市は453万人、湯河原町は310万人である。

  • 産業別就業者数(2010年)[15]
    • 第1次産業 - 123人
    • 第2次産業 - 868人
    • 第3次産業 - 2,930人

姉妹都市・提携都市[編集]

安曇野市役所本庁舎
玄関前には真鶴町寄贈の本小松石による銘板石が置かれている[16](左下)。

国内[編集]

地域[編集]

教育[編集]

官公庁・公共施設[編集]

医療[編集]

  • 真鶴町国民健康保険診療所

金融機関・郵便局[編集]

放送[編集]

交通[編集]

  • JR真鶴無線基地

公園[編集]

  • 荒井城址公園 - 真鶴町で唯一の都市公園で、遊具や駐車場が設置され、園内までベビーカーを押して移動ができる。[25]
  • 地域の公園
    • サンライズポイント前小公園
    • 用留小公園
    • 宝性院ちびっこ広場 - 宝性院跡地[26]
    • 大ヶ窪ちびっこ広場

店舗[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

真鶴駅

なお、東海道新幹線小田原駅 - 熱海駅間で約1.1kmにわたって真鶴町を通過しているが、すべてトンネル区間となっている。

東海道本線の開通以前は、人車鉄道軽便鉄道豆相人車鉄道→熱海鉄道1896年(明治29年)から1923年(大正12年)にかけて存在していた。

路線バス[編集]

タクシー[編集]

  • 真鶴タクシー
  • 湯河原タクシー
  • 門川ハイヤー

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

  • 中川一政美術館
  • 岩大橋 - かながわの橋100選
  • 道祖神巡り
    • 橋の上の道祖神、細山の道祖神、長坂の道祖神、松本山の道祖神、上の道祖神、下の道祖神、大下の道祖神、丸山の道祖神、東の道祖神、西の道祖神、児童館前道祖神
  • 石工先祖の碑
  • 黒田長政供養の碑
  • しとどの窟(しとどのいわや)・源頼朝船出の浜 - 石橋山の戦いの挙兵に失敗した源頼朝が隠れ、後、房総へ退避した。
    • 品川台場礎石の碑(同地内)
  • 真鶴産業活性化センター
  • 魚座 真鶴港・魚市場のレストラン
  • 背戸道 - 車の通れない階段や坂道まじりの小道に彩られた植栽に、家と家との間にある人の気配のする路地のこと。#美の基準の「真鶴」ならではの散策路であり、石垣は、地元で採石する「小松石」が積まれている。[31]
  • 真鶴町立遠藤貝類博物館
  • 真鶴民俗資料館
  • 岩沢川
  • 真鶴半島遊覧船
  • 内袋観音 - 付近にかつて、真鶴水族館が存在した。
    • JR真鶴駅からケープ真鶴行きバスで山下浜または里地バス停下車。磯とゴロタ石の海岸だが波が穏やかで魚が豊富なためスキューバダイビング、シュノーケリングスポットとして人気がある。1958年に日本で初めて本格的なダイビングセンターが設立されたため、日本におけるスキューバダイビング発祥の地とされている。

神社・仏閣[編集]

公園[編集]


漁港・海水浴場・ボート[編集]

祭事・催事[編集]

  • 三ツ石初日の出(三ツ石海岸)- 1月1日
  • 貴船神社 初詣 - 1月1日
  • どんど焼き - 1月
  • 道祖神祭り - 1月
  • 真鶴まちなーれ - 3月 アートと町を巡る鑑賞ツアー、創作と交流のワークショップ
  • しだれ桜の宴 - 3月下旬
  • 豊漁豊作祭「岩龍宮祭」- 5月[32]
    • オープンウォータースイム大会、稚児行列、奉納相撲、出店
  • 児子神社例大祭 - 7月中旬
  • 貴船神社の船祭り (貴船まつり)(貴船神社、国の重要無形民俗文化財) - 7月27日、28日
  • 岩海岸夏まつり・豊漁豊作祭 盆踊り - 8月
    • 灯籠流し、花火大会、浴衣無料レンタル
  • マナ真鶴 ハワイアンの夕べ - 8月下旬
  • 豊漁豊作祭「真鶴龍宮祭」- 11月
  • 真鶴なぶら市(いち) - 毎月末日曜

出身有名人[編集]

ゆかりの有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 郷土資料事典 神奈川県・観光と旅 人文社
  2. ^ http://machinale.net/manazuru.html 真鶴
  3. ^ http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/youth/takengakusyuu/chiikisedaiwokoetataikenngakusyuuhoukokuh27.html 小田原市 平成27年度「あれこれ体験in片浦」開催内容の紹介
  4. ^ ●平成29年3月31日付けで以下の市町村が公示されました(4月1日施行)。
  5. ^ 真鶴町史資料編 147 神奈川県町村合併鵜飼試案から
  6. ^ 真鶴町史資料編 149 西相町村合併不成立報告
  7. ^ 真鶴町企画調整課、2005年聞き取り
  8. ^ 『全国市町村要覧』では、平成17年度版より「まなづるまち」と表記されている。
  9. ^ 湯河原町真鶴町合併協議会 合併協定項目「町名・字名の取扱い」
  10. ^ 真鶴町企画調整課『第4次真鶴町行政改革大綱(行財政改革と集中改革プラン)平成19年度実施計画取組結果及び平成20年度実施計画』、2009年
  11. ^ 真鶴町 景観計画
  12. ^ https://odawara-hakone.keizai.biz/headline/2591/ 真鶴半島の先端「三ツ石」で青く輝く「夜光虫」 深夜に幻想的な光景を撮影
  13. ^ 真鶴町まちづくり条例 美の基準 Design Code 真鶴町
  14. ^ http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f80022/p1080949.html 神奈川県 平成27年入込観光客調査
  15. ^ まなづるの統計 平成27年
  16. ^ 安曇野市役所新本庁舎建設(経緯等)”. 安曇野市 (2016年3月1日). 2016年4月2日閲覧。
  17. ^ リンク”. 真鶴町. 2016年4月2日閲覧。
  18. ^ 真鶴町(神奈川県)”. 安曇野市 (2015年10月29日). 2016年4月2日閲覧。
  19. ^ リンク”. 東京新聞. 2017年10月19日閲覧。
  20. ^ リンク”. タウンニュース. 2017年10月19日閲覧。
  21. ^ リンク”. 海士町. 2017年10月19日閲覧。
  22. ^ http://www.town.manazuru.kanagawa.jp/kosodateshien_kyoiku/hoikuenyochien/593.html 認可保育所
  23. ^ http://ishida-hoikuen.ed.jp/access.html 石田保育園 アクセス
  24. ^ http://c.rakuraku.or.jp/facility-search/fact/id/1652?page=76 神奈川県内の子ども・子育て総合情報サイト
  25. ^ 議会だよりまなづる No.56
  26. ^ 真鶴町未来を築くビジョン 後期基本計画実施計画(平成28年度~平成30年度) (PDF)
  27. ^ a b c d e 「真鶴駅」停留所情報. 箱根登山バス株式会社. 2017年10月28日閲覧。
  28. ^ 「根府川駅」停留所情報. 箱根登山バス株式会社. 2017年10月28日閲覧。
  29. ^ a b c d e f g 真鶴駅 行き先一覧. 伊豆箱根バス株式会社. 2017年10月28日閲覧。
  30. ^ コミュニティバス時刻表. 湯河原町 2017年10月28日閲覧。
  31. ^ 背戸道・美の町コース (PDF)
  32. ^ http://www.town.manazuru.kanagawa.jp/tokushu/778.html 海(わたつみ)のまち豊漁豊作祭
  33. ^ http://www.town.manazuru.kanagawa.jp/tokushu/778.html 海(わたつみ)のまち豊漁豊作祭

関連項目[編集]

外部リンク[編集]