日産マリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日産マリーン株式会社
NISSAN MARINE
種類 株式会社
本社所在地 日本
神奈川県横浜市西区高島1丁目1番1号
設立 1995年8月1日
法人番号 6020001062643 ウィキデータを編集
事業内容 舟艇関連商品の製造、販売、修理及び中古舟艇の売買等
代表者 代表清算人 笹川裕樹[1]
資本金 2億4000万円[1]
純利益 ▲500万円
(2021年03月19日時点)[2]
総資産 1億6700万円
(2021年03月19日時点)[2]
主要株主 日産自動車 100%
外部リンク www.nissan-marine.co.jp
テンプレートを表示

日産マリーン株式会社は、かつて神奈川県横浜市に本店を置いていた、日本の企業である。

主にプレジャーボートの製造、中古艇の販売・買取、及び舟艇部品の製造等を中心に事業を展開していた。出資比率は日産自動車株式会社が100%[1]。本店所在地は神奈川県横浜市西区高島1丁目1番1号。

概要[編集]

1995年8月1日、日産自動車株式会社のマリーン事業部を分社化する形で同社により100%出資で設立された。日本全国に営業所を設置するほか、サービスセンター、運営受託・直営マリーナも置く。マリーンエンジンやオートスパンカーなど部品を扱うほか、中古艇も扱う。横浜フローディングボートショーをはじめ、日本各地で開催される各国際ボートショーに出展。カスタムボートの製造も請け負っていた。

2015年3月、日産マリーンブランドの舟艇(新艇)並びにエンジンの製造を終了。
2015年6月、旧大分工場をニュージャパンマリンに売却。
2016年3月、舟艇並びにエンジンの販売を終了。

2021年3月19日、アフターメンテナンスとマリーナ運営受託業務を終了し、解散する事を株主総会にて決議[1]

2021年9月24日、横浜地方裁判所から特別清算開始決定を受ける[1]。負債総額は約8億100万円。

2022年3月17日、法人格消滅[3]

製品[編集]

20フィート代のプレジャーボートを主流とする商品展開であり、なかでも25フィート艇は、U字形のモーターウエルで船外機を前進させ、マリーナバースの料金区分に合わせた「実測8m以内」とすることで、日本国内の需要に合致させている。2007年には、34フィートの「N34コンバーチブル」を発表している。

以前は、日産自動車の自動車用ガソリンディーゼルエンジン船舶用に変更した「日産マリーンエンジン」もラインナップしていたが、量産効果が薄いことから全て廃止され、現在では、ホンダからOEM供給を受ける船外機のみに絞っている。インボードのディーゼルエンジンには、いすゞマリン製造ボルボ ペンタスターンドライブ)を採用している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]