岡本美鈴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡本 美鈴 Swimming pictogram white.svg
2014年9月25日 AIDAフリーダイビング世界選手権(イタリア)にて.jpg
2014年9月25日 AIDAフリーダイビング世界選手権(イタリア)にて
国籍 日本の旗 日本
所属 東京フリーダイビング協会(TFC)
ラッキーフィンパラグーダ
生年月日 (1973-01-30) 1973年1月30日(45歳)
生誕地 東京都
身長 158cm
テンプレートを表示

岡本 美鈴(おかもと みすず、1973年1月30日 - )は、日本の女子フリーダイビング選手。旧姓、平井 美鈴(ひらい みすず)。東京都出身。

東京フリーダイビング協会(TFC) およびラッキーフィンパラグーダ所属。2007年から2010年まで、日本フリーダイビング協会(JAS)理事を務める。ヨガインストラクター(日本ヨーガ学会)、グラフィックデザイナーの肩書も持つ。マネジメントは株式会社スポーツゲイン。2014年7月現在の自己記録は、CWT競技・水深90mで、世界歴代記録3位タイ。

  • Purna Freediving School 主宰。
  • AIDA 4star Freediver、AIDAフリーダイビングインストラクター
  • Apnea Academy フリーダイビングインストラクター
  • AIDA ジャッジ level E。
  • NAUIスクーバインストラクター。

[1]

人物[編集]

幼少の頃から水泳が苦手で海にも興味がなく、プールやビーチでは遊ぶのみ。自分は海や水泳とは無関係で生きていくと思っていた。高校時代は新体操に熱中。

1995年3月20日に地下鉄サリン事件に遭遇し、もうろうとする意識の中で初めて死を身近に感じた。翌年1996年には卵巣腫瘍が見つかり、手遅れ寸前の重傷。 1999年、小笠原旅行でシュノーケリングを初体験するが、海慣れしていないためにライフジャケットを着用。この時に水中でイルカと自由に泳ぐスキンダイバーを見て憧れる。当時は水泳は25mを泳ぐのがやっとの、ほぼ「カナヅチ」だった。その後、小笠原に通うようになり、少しずつ潜れるようになった。2003年にフリーダイビング競技をスタートして以降、本格的にイルカと一緒に泳げるようになったのが2004年の御蔵島から。この時、イルカや大自然から「今、生きる事の大切さ」を教わったと言う。[2]

2013年、ギリシャで行われたAIDAフリーダイビング世界選手権個人戦で、日本人初の銀メダルを獲得。地下鉄サリン事件に遭遇し病院に搬送された体験から、フリーダイビング競技に挑む原点とは「暗黒の世界からの浮上。生きる喜びを実感したい。」と語る。[3]

フリーダイバーとしては、「限界=ゴール」ではなく、「限界=スタート」と考えていて、現在も世界新記録を目指し日々トレーニングに励んでいる。[4] ヨーガはフリーダイビングの記録向上のために始めたが、その奥深さに感動。2014年現在、ライフワークとしてインストラクター活動の傍ら、自らヨーガの実践を重ねている。

世界一を狙える競技センスと親交的なキャラクター、そして海洋保全PR活動等によって、地上波・新聞・雑誌などメディア出演が増加中。キャッチフレーズは「海を敬愛するリアル・マーメイド」。

趣味は「灯台巡り」。ニックネームは「みみずん(海外ではMimi)」。 [5] [6]

略歴[編集]

  • 2006年 CWT競技で初めて日本記録樹立
  • 2008年 AIDAフリーダイビング世界選手権(エジプト)団体戦=銅メダル
  • 2009年 AIDAフリーダイビング世界選手権(バハマ)個人戦=4位
  • 2010年 AIDAフリーダイビング世界選手権(沖縄)団体戦=金メダル
  • 2010年 NPOエバーラスティングネイチャーと、海洋環境保全PR活動「Marine Action」を創設
  • 2011年 AIDAフリーダイビング世界選手権(ギリシャ)個人戦=銅メダル
  • 2012年 AIDAフリーダイビング世界選手権(フランス)団体戦=金メダル
  • 2012年 Vertical Blue 2012 国際大会(バハマ)個人戦=CWT金メダル、FIM銅メダル
  • 2012年 海洋2種目でのアジア記録&日本記録(競技歴10年で日本女子No.1の座に君臨)
  • 2012年 麗水国際博覧会・日本館サポーターに抜擢される(SMAP草彅剛さかなクン等、全7名)
  • 2013年 AIDAフリーダイビング世界選手権(ギリシャ)個人戦=銀メダル
  • 2014年 AIDAフリーダイビング世界選手権(イタリア)団体戦=銀メダル
  • 2014年 Vertical Blue 2014 国際大会(バハマ)個人戦=CWT金メダル
  • 2015年 Vertical Blue 2015 国際大会(バハマ)個人戦=CWT金メダル(-92m:歴代世界3位、アジア記録、日本記録)
  • 2015年 AIDAフリーダイビング世界選手権(キプロス)個人戦=金メダル(-90m)
  • 2016年 AIDAフリーダイビング世界選手権(ギリシャ)団体戦=金メダル

[7] [8]

主な戦績・記録[編集]

※( )なしの太字は当時の日本記録

STA…スタティック・アプネア DYN…ダイナミック・ウィズ・フィン DNF・・・ダイナミック・ウィズアウト・フィン CWT・・・コンスタント・ウェイト・ウィズ・フィン

各種目の詳細についてはフリーダイビングの種類を参照。

SP…浮上後の失敗(失格) BO…ブラックアウト(失格)

年月日 大会・公式記録会 STA DYN DNF CWT 順位
2014年05月31日-06月01日   10th フリーダイビングインドアカップ2014 in 館山 5'51 177m 114m / 総合優勝
2014年09月16日-09月27日   AIDA FreeDiving Team WorldChampionships in Sardegna Italiy 6'03 139m / -81m 総合2位
2014年11月27日-12月05日   Vertical Blue 2014 in Bahamas / / / -91m 優勝

[9] [10]

書籍[編集]

出典[編集]

出典

外部リンク[編集]