フリーダイビング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モノフィンをつけてのアプネア

フリーダイビング: freediving)とは、呼吸するための器材を使わないダイビングをさしている。アプネア: apnea, apnoea [ˈæpniə])とも呼ぶ(以下、アプネアに用語を統一する)。レクリエーションとして楽しむアプネアもある。スノーケリング、スキンダイブ、器材を着けずに水中を泳ぐこともフリーダイビングと言える。
フリーダイビングは少なくとも3つの基本概念が、スキンダイビングやスノーケリングとは異なる。
1.フリーダイビングは、スポーツとしての身体的かつ精神的な達成感を強調する。
2.フリーダイバーは、スノーケラー、スキンダイバー、スキューバダイバー用の器材とは異なる器材を使う事もあり、使用方法も多少異なる。
3.フリーダイバーは、より長い無呼吸状態と、より深い深度を伴う。
英語版Wikipedia参照

種類[編集]

競技としてのアプネアには以下のものがある。

スタティック・アプネア(STA)
呼吸を止め、水面に浮き、その時間を競う。世界記録は11分35秒[1]
ダイナミック・アプネア・フィン無し(DNF)
呼吸を止め、フィンをつけること無く泳ぎ、水平に何メートル潜水できるかを競う。
ダイナミック・アプネア・フィン有り(DYN)
呼吸を止め、フィンをつけて泳ぎ、水平に何メートル潜水できるかを競う。
コンスタント・ウェイト・フィン有り(CWT)
呼吸を止め、フィンをつけて自身の泳力だけで垂直に何メートル潜れるかを競う。
潜水中、ウェイトの量を変えてはならない。
またガイドロープをつたって潜降、浮上してはならない。
コンスタント・ウェイト・フィン無し(CNF)
呼吸を止め、フィンをつけることなく自身の泳力だけで垂直に何メートル潜れるかを競う。
潜水中、ウェイトの量を変えてはならない。
またガイドロープをつたって潜降、浮上してはならない。
フリー・イマージョン(FIM)
呼吸を止め、フィンを装着せずにガイドロープをつたって垂直に何メートル潜れるかを競う。
潜水中、ウェイトの量を変えてはならない。
ヴァリアブル・ウェイト(VWT)
ザボーラという乗り物に乗って潜降し、ロープを手繰って浮上する。
潜水中、ウェイトの量を変えても良い。
ノー・リミッツ(NLT)
ザボーラという乗り物に乗って潜降し、浮上する。
浮上にエアリフトなどを使用しても良い。
また浮上にガイドロープをつたっても良い。

フリーダイビングの生理学[編集]

一般的に息を止めて深くまで潜るとが締め付けられ、スクイズ(スクイーズ)と呼ばれる障害が発生する。肺にスクイズが発生した場合、胸壁から肺が剥離し、非可逆的な損傷を受ける。このため過去には、人間が息をこらえて潜る理論的な限界水深は30数メートル程度と言われていた。

しかし、ジャック・マイヨール1976年に-100mの素潜りに成功。2007年6月現在のノー・リミッツでの最高記録はHerbert Nitsch ハーバート・ニッチオーストリア)の-214mである。

現在では、閉息大深度潜水時には、水圧により腹部の内臓が横隔膜ごと肺の方向に押し上げられ、肺のスクイズを防ぎ、肺ならびに周辺組織の不可逆的損傷を防いでいることが、明らかになっている。

日本でのフリーダイビング団体[編集]

日本にて日本語の講習を行いCカード(認定証)を発行している世界中で通用するフリーダイビング団体

1.AIDA

2.AA

3.PADI

4.SSI

著名な選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]日本フリーダイビング協会

関連項目[編集]