ボディボード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オアフ島ノースショアでのボディボーダー

ボディボード (Bodyboarding) は、ウォータースポーツのひとつ。専用のボードを使い、が形成する斜面を滑走する。

ボディボードをする人をボディボーダーと称する。

概説[編集]

1970年ハワイで長期休暇を取っていたモーリー社創始者のトム・モーリーにより考案された。1メートルほどの合成樹脂で作られた板に腹ばいになって波の上を滑走する。いろいろなテクニックがあるが、主なものにスピンとエルロロがある。

考案された当初は「ブギーボード」(モーリー社の商標)とも呼ばれたが、ボディボードで呼称は統一された。

普及[編集]

日本
国内のブームは1995年頃で、当初は男女を問わないスポーツであったが、サーフィンとは違い女性に受け入れ易かったため、のちに女子高校生から20代女性などを中心に人気があった。また、このブームには比較的湘南エリアにも近いワイルドブルーヨコハマが影響した(同施設では人工の波でボディボードを楽しめたが、2001年8月31日に閉鎖となった)。現在の競技人口は日本では約80万人で女性の比率が高く、一説には8:2とも言われている。ただし、この傾向は日本特有のもので、ハワイやオーストラリアの若いローカル(地元男性)はボディボードを好む者が多く、サーフボードよりも浮力が小さくコントロールも難しいボディボードの上に片膝立ちに乗ってライディングするdropknee(ドロップニー)スタイルの人気も高い。世界的な大会も開かれており、小池葵、小野塚葉子、大河原未都、橘田妙子など世界に通用するプロボーダーもいる。2007年夏、日本の女性プロボディボーダーが主演のドキュメンタリー映画『ADOR(アドア)』が渋谷をはじめ大阪、神戸、福岡などで公開されている。

外部リンク[編集]