ベースボール5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 ベースボール5
WBSC Baseball5.jpg
ロゴ
統括団体 世界野球ソフトボール連盟
起源 2018年
特徴
身体接触
選手数 5から8人 (コート上5人)
男女混合
カテゴリ 屋外競技(屋内でも可)
テンプレートを表示

ベースボール5 (Baseball5) は、野球(ストリートベースボール)を原型として考案されたスポーツ。2018年に世界野球ソフトボール連盟(WBSC)によって考案された。WBSCからは、野球・ソフトボールに次ぐ第3の競技として認定されている[1]。ゴムボールさえあればどこでもプレーできるのが特徴である。

ルール[編集]

出典:[2]

イニング[編集]

5イニング制で行われ、同点の場合はタイブレーク方式の延長戦を行う。3回終了時点で15点差、 4回終了時点で10点差がついた場合にはコールドゲームとなる。

チーム編成[編集]

1チームは5~8人で編成される。試合は5人で行われる。

選手交代[編集]

先発メンバーに関してはリエントリーが認められる。

フィールド[編集]

内野の形は正方形であり、塁間は13メートルである。外野にはフェンスが置かれる(フェンスがない場合には、線を引くなどローカルルールが認められるケースもある。)。フェアゾーンは18メートル×18メートルで、バッターボックスは本塁の後ろである。一塁には衝突回避のため、ベースが2枚置かれる。

Baseball5 field.jpg

攻撃[編集]

打者はボールを手のひらか拳で打つ、打球はフェアゾーンで少なくとも1回はバウンドしなければならない。打球がフェアゾーンに入るまでバッターボックス内に留まらなければならない。本塁より3メートル離れた地点で打球をバウンドさせないと反則打球になる。走者は可能な限り、守備選手との衝突を避けなければならない。

守備[編集]

守備位置は、1塁2塁3塁ショートミッドフィルダーの5つ。フェアゾーンを守らなければならない。

普及[編集]

今まで野球やソフトボールが盛んではなかった地域でも普及活動が行われ、69カ国で行われている[3]

国際大会[編集]

欧州やカリブ地域で国際大会がすでに開かれている[4][5]2020年にはWBSC主催によるワールドカップがメキシコで開催される予定[6]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Baseball5 世界の動き: KENKO NEWS KENKO (2019年1月28日) 2019年12月1日閲覧
  2. ^ [1] 2019年12月1日閲覧
  3. ^ 各国の連盟を後押し - WBSCオープンワークショップが大成功 WBSC - World Baseball Softball Confederation (2019年11月20日) 2019年12月1日閲覧
  4. ^ Bulgaria takes the inaugural Baseball5 Balkan Open WBSC - World Baseball Softball Confederation (2018年9月16日) 2019年12月1日閲覧
  5. ^ Cuba, France earn wins in Baseball5 International Tournament in Havana WBSC - World Baseball Softball Confederation (2018年11月5日) 2019年12月1日閲覧
  6. ^ WBSC執行役員会で主要大会とワイルドカード枠が決定 WBSC - World Baseball Softball Confederation (2019年11月19日) 2019年12月1日閲覧

外部リンク[編集]