走高跳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

走高跳(走り高跳び、はしりたかとび、英語: High Jump)は、陸上競技の跳躍競技に属する種目で、助走をつけて片足で踏み切り、飛び越えるバーの高さを競う競技である。近代陸上競技としては19世紀のイギリスで始まった。「はさみ跳び」「ベリーロール」「背面跳び」などの跳躍方法があり、現在では「背面跳び」が主流となっている。2021年現在の世界記録は、男子は1993年のハビエル・ソトマヨルによる2.45m、女子は1987年のステフカ・コスタディノヴァによる2.09mである。

ルール[編集]

シューズ
  • 靴底のスパイクは長さ12㎜以内のものが11本まで取り付け可能で、靴底の厚さは20㎜以内のものが使用できる[1]
マーカー
  • 助走の目安となるマーカー(目印)を2個まで置くことができる[2]
  • 主催者側がマーカーを用意していない場合は、選手側が用意した粘着テープなどを使うことができるが、チョークやその類似品、消えないマーカーは使用できない[2]
試技時間
  • 試技開始の合図があってから、競技者が4人以上の場合は1分以内、競技者が2-3人の場合は1分30秒以内、競技者が最後の1人の場合は3分以内、競技者が2人以上の場合で同一競技者が同一の高さを連続して試技を行う場合は2分以内に、試技を行わなければならない[3]
  • 混成競技の場合は、競技者が4人以上の場合は1分以内、競技者が2-3人の場合は1分30秒以内、競技者が最後の1人の場合は2分以内、競技者が2人以上の場合で同一競技者が連続して試技を行う場合(高さが変わっても適用)は2分以内に、試技を行わなければならない[3]
試技
  • 審判員より事前告知された高さのうち、競技者は任意の高さから開始してもよい[4]
  • 跳躍は、片足で踏み切らなければならない[5]
  • 跳躍中の動作により、バーが落下した場合は無効試技(失敗)となる[5]
  • バーを越えずに、バーの向こう側に触れたり身体の一部が出た場合は、無効試技(失敗)となる。ただし、跳躍になんら有利でないと審判が判断した場合は無効試技とはならない[5]
  • 3回続けて失敗すると、次の跳躍をすることが出来ない。[4]
  • ある高さを跳ばずにパスをして次の高さを試技することができる[4]
  • ある高さの1回目あるいは2回目を失敗した状態でパスをすることもできるが、次の高さは「3-(前の高さで失敗した回数)」回しか試技が行えない[4]
  • 最後の1人の試技では、試技者の希望の高さを聞いてバーを上げる[6]
順位決定方法
  • 複数の競技者で最後に超えた高さが同一の場合は、順位を以下のように決定する。
  1. 最後に超えた高さの試技回数が最も少ない方。
  2. 上記1が同一の場合、試技全体(最後に超えた高さおよびそれまでの高さまでを含めた試技数の全体)のうち、無効試技数の少ない方。[7]
  • なおそれでも1位が決定しなかった場合は当事者どうしの決戦試技(ジャンプオフ)がおこなわれる。ただし、競技者は決戦試技を拒否することができ、この場合は同率1位となる。[8]2位以下の場合は同順位となる。[9]

跳躍方法[編集]

はさみ跳び(英語:Scissors jump)

バーに近い脚→バーから遠い脚を交互に振り上げてバーを超す方法[10][11]。 1874年頃にはすでに用いられており[11]、 ウィリアム・バード・ページ(William Byrd Page)が1874年にバーから遠い脚をやや後方に配置する跳び方に改良した[10][注 1]。 バー正面からの直線助走で行う「はさみ跳び」は日本においては「正面跳び」と呼ばれた[13][11]

イースタンカットオフ(英語:Eastern Cut-off)

バー正面から助走し、脚を交互に広げ[14]、クリアランス時に体がバーと水平になる様に前屈方向に回転させることでお尻をより持ち上げる跳び方[15]。19世紀後半にマイケル・スウィーニー英語版が編み出した[12]。日本では「正面跳び」と呼ばれた[14][13]

ウエスタンロール(英語:Western Roll)

斜めから助走し、バー側の脚で踏み切り、踏み切り脚を横向きの体の下側に引き寄せ、体は横回転してバーを越え、着地は脚から行う、といった跳び方[13][16][17]。20世紀初頭にジョージ・ホーリンが開発したとされる[18]。背が下向きとなるバリエーションは「ロールオーバー(Roll Over)」と呼ばれた[16]

ベリーロール(英語:Belly Roll、別名:ステラドル Straddle)

ウエスタンロール英語版と同様に斜めに助走し、バーに近い脚で踏み切り、頭部から飛び込み、クリアランス時はバーを中心に腹ばいの状態で胴体を回転させバーを越す跳び方[14][19]。1930年代にデビッド・アルブリットンが編み出したとされる[14][注 2]。1950年代になるとソ連の指導者・選手により、クリアランス時に上体をバーの着地側下方に倒す方法に改良され、「ソ連式ベリーロール」「ダイブ・ストラドル」と呼ばれた[20]

背面跳び(英語:Fosbury Flop)

バーに向かって半円を描くように助走し、バーから遠い脚で踏み切ると同時にバーに背を向ける方向に回転し、頭部から飛び込み、体を反ってバーを越え、そのまま背中で着地する方法[19][21][17]ディック・フォスベリーが考案し[14]1968年メキシコシティーオリンピック金メダルを獲得し、世に広まった[22]。現在、最も使われている跳び方となっている[14][23]

歴史[編集]

近代陸上競技以前の高跳び

古代ギリシャの競技会では高跳び競技は行われていなかった様である[12][14][注 3]。一方、「垂直方向への跳躍能力」を誇示したり競ったりする儀式・祭事・競技はアジアアフリカ先住民族などの世界各地で確認されており[25]、またケルトの人々のあいだでは一般的に行われていた様である[12]

18世紀のドイツでは子供向けの体育教育の一環として高跳びが用いられており[24]、また1834年発行の『英国男性の身体訓練』には軍事訓練の一つとして紹介されている[14][26]。この頃は「バー正面から助走を行い、膝を曲げて跳び、足から安全に着地する」といった跳び方で[27]、高さを競うとともに跳躍姿勢の美しさも求められるものだった様である[26]

近代陸上競技としての走高跳の黎明

19世紀になるとイギリスの各学校で始まった陸上競技大会の一種目として走高跳が行われる様になり[24]、1865年には「同一の高さの試技は3回まで」「両足踏み切り禁止」といった現在に繋がるルールが制定された[12]。当時の競技環境は、走幅跳のようなバー正面からの直線の助走路で、着地場所は普通の地面や芝生で[27][13]、着地の安全対策としてその上になめし皮やベッドマットを敷いたりする程度であった[13]。助走路の制約や着地の安全性の観点より[27]、当時の跳躍は「バー正面から助走し膝を折り畳んで跳ぶ」[14][28]、「バー正面から助走するはさみ跳び正面跳び)」[19][27][注 4]、「正面を向いたままで走り幅跳びの様な跳び方」[13]、「正面を向いたままでハードルを飛び越える様な跳び方」[13]といった様々な方法が取られていた[24]。1864年の第1回オックスフォードケンブリッジ大学対抗戦では1.66mの記録が残っている[26]。その後、イギリスにおいては、1875年にはAAC選手権でマイケル・ジョージ・グレイズブルック英語版が1.80mを、1880年にはキャリック・オン・シュア・スポーツでパトリック・ダヴァン(Patrick Davin)が1.90mの記録を残した[24][29]

アメリカでの跳躍法の改良

走高跳がアメリカに伝わると、1868年には初の正式な競技会が開催された(記録は1.67m)[24]。その後、着地地点を砂場にし着地の安全対策が進むと、クリアランス時に無理な態勢をとっても安全に着地できる様になり[13]、1874年にはウィリアム・バード・ページ(William Byrd Page)が「はさみ跳び」を改良[10][注 5]、また、マイケル・スウィーニー英語版がさらに改良し「イースタンカットオフ英語版」を編み出した[12]。「イースタンカットオフ」は、バー正面から助走し、脚を交互に広げ[14]、クリアランス時に体がバーと水平になる様に前屈方向に回転させることでお尻をより持ち上げる跳び方で[15]、1880年代にはアメリカにおいて主流の跳び方となり[14]、1895年にはマイケル・スウィーニーがこの跳び方で1.97mを記録した[14][29]。「イースタンカットオフ」やその派生の跳び方は、1940年頃まで、速い助走を好む選手に用いられていた[18]

また、1896年アテネオリンピックでオリンピック競技に初めて採用され、アメリカのエラリー・クラークが1.81mで金メダルを獲得した[24]

20世紀に入ると、ジョージ・ホーリンが「斜めから助走し、バー側の脚で踏み切り、踏み切り脚を横向きの体の下側に引き寄せ、体は横回転してバーを越え、着地は脚から行う」といった新しい跳び方「ウエスタンロール英語版」を開発した[13][16][注 6]。「ウエスタンロール」に対しては「ダイビングの様であり走高跳の跳躍方法とはいえない」と異議が申し立てられ、「頭部は腰より高い位置に置き、両足から先にバーを越えること」との規則が追加されることになった[13]。「ウエスタンロール」によって、1912年にはジョージ・ホーリンが2.00mを、1937年にはメル・ウォーカー英語版が2.09mを記録した[16]。「ウエスタンロール」は1936年ベルリンオリンピック頃までは主流の跳び方であった[19]

ベリーロールの登場

1933年には「頭の位置は腰より高く」との規則が、また1936年には「頭や胴体よりも足が先にバーを越えなければならない」との規則がそれぞれ撤廃された[12][30]。この時期にデビッド・アルブリットンが「ウエスタンロール」と同様に斜めに助走し、クリアランス時はバーを中心に腹ばいの状態で胴体を回転させバーを越す」といった新しい跳び方「ベリーロール」を編み出した[14][19][注 2]、デビッド・アルブリットンはこの跳び方で1936年に2.07mを記録するなど[31]、この当時の最も効率的な跳び方として[19]、主流の跳躍方法となった[30]

「ベリーロール」で、1956年にはチャールズ・デュマ英語版が2.15m、翌1957年にはソ連のユーリー・ステパノフ英語版をが2.16mを記録したほか[32][注 7]、1960年にはほぼすべての競技者が「ベリーロール」を使用する様になっていた[19]。1950年代から始まるソ連の指導者・選手による「ベリーロール」の技術改良[注 8]により、1963年にはワレリー・ブルメルが228cmまで記録を伸ばした[32]

背面跳びの登場(1968年)後の1970年代も、ベリーロールを用いる選手と、背面跳びを用いる選手が混在し、互いに競っていたが[22]、1978年にウラジミール・ヤシュチェンコ英語版が出した室内記録2.35m[34]、屋外での記録2.34mが[35]、「ベリーロール」での最後の世界記録となった[36][23]

背面跳びの登場

1960年代半ばには、着地用マットの整備が進むと、「曲線で助走し、背面を下側にバーを越え肩や背中で着地する」といった新しい跳躍方法「背面跳び」がディック・フォスベリーにより編み出された[12][14][19][28][21]1968年メキシコシティーオリンピックでディック・フォスベリーがこの跳び方で金メダルを獲得し(記録2.24m)[31]、多くの選手がこの跳び方を採用するようになった[22]。1970年代は「ベリーロール」と「背面跳び」は互いに競っていたが[22]、1980年代以降は「背面跳び」が世界で最も使われている跳び方となっている[14][23]。2021年現在の世界記録は、1993年にハビエル・ソトマヨルが「背面跳び」で出した2.45mである[23][37]

女子競技とパラリンピック

女子競技はアメリカにおいて1895年に初めて開催され、オリンピックでは1928年のアムステルダム大会より正式種目となった[12]ヨランダ・バラシュは「はさみ跳び」を使い、1958年1.78mを皮切りに1961年1.91mまで世界記録を更新し、1971年まで世界記録を保持した[38][39]。「ベリーロール」では、1971年にイローナ・グーゼンバウアーが1.92mを記録、1977年にはローズマリー・アッカーマンは女子初の2.00mを記録した[40]。1978年にサラ・シメオニが「背面跳び」で2.01mを記録、1987年にはステフカ・コスタディノヴァが「背面跳び」で2.09mを記録し、これが2021年現在の女子世界記録となっている[40]

パラリンピックでは、男女とも1976年のトロント大会より実施されるようになった[41]

記録[編集]

世界記録の変遷[編集]

世界記録の変遷 男子[42][注 9]
日付 記録 名前 国籍 跳躍方法など
1850年9月21日 1.675m フランシス・テンプル(Francis Temple) イギリスの旗 イギリス
1860年3月27日 1.70m ロバート・バートン(Robert Burton)
1864年7月9日 1.705m トーマス・ミッチェル(Thomas Mitchell)
1866年3月5日 1.725m ジョン・ルーペル(John Roupell)
1866年3月23日 1.75m トーマス・リトル(Thomas Little)
1866年3月23日 1.75m ジョン・ルーペル
1871年4月3日 1.765m ロバート・ミッチェル(Robert Mitchell)
1873年7月7日 1.785m トーマス・ダヴィン(Thomas Davin)
1874年3月30日 1.80m マーシャル・ブルックス英語版
1876年3月17日 1.83m 「a feet first technique」[12]
1876年4月7日 1.89m
1880年7月5日 1.90m パトリック・ダヴァン(Patrick Davin)
1887年8月15日 1.91m ウィリアム・バード・ページ(William Byrd Page) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1887年10月7日 1.93m
1892年10月8日 1.935m マイケル・スウィーニー英語版 イースタンカットオフ[29]
1895年8月19日 1.945m ジェームズ・ライアン(James Ryan) イギリスの旗 イギリス
1895年8月28日 1.955m マイケル・スウィーニー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1895年9月2日 1.965m
1895年9月21日 1.97m イースタンカットオフ[14]
1912年3月29日 1.985m ジョージ・ホーリン ウエスタン・ロール[43]
1912年5月18日 2.00m
1914年5月2日 2.01m エドワード・ビーソンフランス語版
1924年5月27日 2.03m ハロルド・オズボーン
1933年5月13日 2.04m ウォルター・マーティ英語版
1934年4月28日 2.06m ウォルター・マーティ
1936年7月12日 2.07m コーネリアス・ジョンソン ウエスタン・ロール[44]
1936年7月12日 2.07m デビッド・アルブリットン ベリーロール[44]
1937年8月12日 2.09m メル・ウォーカー英語版 ウエスタン・ロール[44]
1941年4月26日 2.10m レスター・スティアーズ英語版 ベリーロール[44]
1941年5月24日 2.105m
1941年6月17日 2.11m
1953年6月27日 2.12m ウォルト・デイビス英語版 ウエスタン・ロール[44]
1956年6月29日 2.15m チャールズ・デュマ英語版 ベリーロール[44]
1957年7月13日 2.16m ユーリー・ステパノフ英語版 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1960年4月30日 2.17m ジョン・トーマス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1960年6月24日 2.18m
1960年7月1日 2.22m
1961年6月18日 2.23m ワレリー・ブルメル ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1961年7月16日 2.24m
1961年8月31日 2.25m
1962年7月22日 2.26m
1962年9月29日 2.27m
1963年7月21日 2.28m
1970年11月8日 2.29m 倪志欽中国語版 中華人民共和国の旗 中国
1973年7月11日 2.30m ドワイト・ストーンズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 背面跳び[35]
1976年6月5日 2.31m
1976年8月4日 2.32m
1977年7月3日 2.33m ウラジミール・ヤシチェンコ英語版 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ベリーロール[35]
1978年6月16日 2.34m ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1980年5月25日 2.35m ヤチェク・ウショラ ポーランドの旗 ポーランド 背面跳び[35]
1980年8月1日 2.36m ゲルト・ベッシク 東ドイツの旗 東ドイツ
1983年6月11日 2.37m 朱建華 中華人民共和国の旗 中国
1983年9月22日 2.38m
1984年6月10日 2.39m
1985年8月11日 2.40m ルドルフ・ポバルニツィン ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1985年9月4日 2.41m イゴール・パクリン ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1987年6月30日 2.42m パトリック・ショーベリ  スウェーデン
1988年9月8日 2.43m ハビエル・ソトマヨル  キューバ
1989年7月29日 2.44m
1993年7月27日 2.45m
世界記録の変遷 女子[45][注 10]
日付 記録 名前 国籍 跳躍方法など
1911年7月12日 1.27m エミリー・コンスタブル(Emily Constable) イギリスの旗 イギリス はさみ跳び[46]
1918年6月16日 1.32m ヘレーネ・リッテナウアーポーランド語版  オーストリア
1918年6月29日 1.335m マリア・ケラードイツ語版
1918年6月29日 1.335m ヒルデ・ラーポーランド語版
1919年4月27日 1.40m テア・バーショウ(Thea Barschow) ドイツの旗 ドイツ
1920年11月13日 1.42m エリーゼ・コンスタン(Elise Constant) フランスの旗 フランス
1921年3月26日 1.472m
1921年7月17日 1.50m ヴァルトラウデ・シュミット(Waltraude Schmidt) ドイツの旗 ドイツ
1923年6月10日 1.51m ゲルトルード・デューリンク(Gertrude Döring)
1925年7月11日 1.524m フィリス・グリーン(Phyllis Green) イギリスの旗 イギリス
1926年7月21日 1.536m ヴィオラ・エドワーズ(Viola Edwards) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1926年8月2日 1.552m フィリス・グリーン イギリスの旗 イギリス
1926年9月6日 1.58m エセル・キャサーウッド カナダの旗 カナダ
1927年3月10日 1.585m マージョリー・クラーク英語版 南アフリカの旗 南アフリカ連邦
1928年6月23日 1.60m
1929年3月30日 1.603m ジーン・シャーリー英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1929年8月18日 1.605m リエン・ヒソルフ オランダの旗 オランダ
1930年4月19日 1.612m ジーン・シャーリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1932年6月12日 1.62m リエン・ヒソルフ オランダの旗 オランダ
1932年8月7日 1.65m ジーン・シャーリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1932年8月7日 1.65m ベーブ・ディドリクソン=ザハリアス 「ダイビング・ロール」[47]
1939年5月29日 1.66m ドロシー・オーダム イギリスの旗 イギリス
1943年5月30日 1.71m フランシナ・ブランカース=クン オランダの旗 オランダ はさみ跳び[48]
1951年7月7日 1.72m シーラ・レーウィル イギリスの旗 イギリス ベリーロール[48]
1954年5月22日 1.73m アレクサンドラ・チュジナ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 はさみ跳び[48]
1956年5月5日 1.74m セルマ・ホプキンス英語版 イギリスの旗 イギリス ベリーロール[48]
1956年7月14日 1.75m ヨランダ・バラシュ  ルーマニア はさみ跳び[48]
1956年12月1日 1.76m ミルドレッド・マクダニエル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ベリーロール[48]
1957年11月17日 1.77m 鄭鳳栄英語版 中華人民共和国の旗 中国 イースタンカットオフ[38]
1958年6月7日 1.78m ヨランダ・バラシュ  ルーマニア はさみ跳び[38]
1958年6月22日 1.80m
1958年7月31日 1.81m
1958年10月4日 1.82m
1958年10月18日 1.83m
1959年9月21日 1.84m
1960年6月6日 1.85m
1960年7月10日 1.86m
1961年4月15日 1.87m
1961年6月18日 1.88m
1961年7月8日 1.90m
1961年7月16日 1.91m
1971年9月4日 1.92m イローナ・グーゼンバウアー  オーストリア ベリーロール[38]
1972年9月24日 1.94m ヨルダンカ・ブラゴエワ  ブルガリア
1974年9月8日 1.95m ローズマリー・ヴィチャス 東ドイツの旗 東ドイツ
1976年5月8日 1.96m ローズマリー・アッカーマン(旧姓:ヴィチャス) 東ドイツの旗 東ドイツ
1977年8月14日 1.97m
1977年8月26日 2.00m
1978年8月4日 2.01m サラ・シメオニ イタリアの旗 イタリア 背面跳び[49]
1982年9月8日 2.02m ウルリケ・マイフェルト 西ドイツの旗 西ドイツ
1983年8月21日 2.03m
1983年8月21日 2.03m タマラ・ブイコワ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1983年8月25日 2.04m
1984年6月22日 2.05m 背面跳び[50]
1984年7月20日 2.07m リュドミラ・アンドノワ  ブルガリア
1986年5月31日 2.08m ステフカ・コスタディノヴァ  ブルガリア
1987年8月30日 2.09m  ブルガリア 背面跳び[50]

世界歴代10傑[編集]

世界歴代10傑 男子[51]
記録 名前 国籍 日付
1 2.45m ハビエル・ソトマヨル  キューバ 1993年7月27日
2 2.43m ムタズ・エサ・バルシム カタールの旗 カタール 2014年9月5日
3 2.42m パトリック・ショーベリ  スウェーデン 1987年6月30日
ボーダン・ボンダレンコ  ウクライナ 2014年6月14日
5 2.41m イゴール・パクリン ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1985年9月4日
6 2.40m ルドルフ・ポバルニツィン ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1985年8月11日
ソリン・マテイ英語版  ルーマニア 1990年6月20日
チャールズ・オースチン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1991年8月7日
ビャチェスラフ・ヴォロニン英語版 ロシアの旗 ロシア 2000年8月5日
デレク・ドルーアン英語版 カナダの旗 カナダ 2014年4月25日
アンドリー・プロツェンコ英語版  ウクライナ 2014年7月3日
ダニール・リセンコ英語版 ロシアの旗 ロシア 2018年7月21日
世界歴代10傑 女子[52]
記録 名前 国籍 日付
1 2.09m ステフカ・コスタディノヴァ  ブルガリア 1987年8月30日
2 2.08m ブランカ・ブラシッチ クロアチアの旗 クロアチア 2009年8月31日
3 2.07m リュドミラ・アンドノワ  ブルガリア 1984年7月20日
アンナ・チチェロワ ロシアの旗 ロシア 2011年7月22日
5 2.06m カイサ・ベリークヴィスト  スウェーデン 2003年7月26日
ヘストリー・クルーテ 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ 2003年8月31日
エレーナ・スレサレンコ ロシアの旗 ロシア 2004年8月28日
アリアネ・フリードリヒ ドイツの旗 ドイツ 2009年6月14日
マリア・ラシツケネ ロシアの旗 ロシア 2017年7月6日
10 2.05m タマラ・ブイコワ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1984年6月22日
ハイケ・ヘンケル ドイツの旗 ドイツ 1991年8月31日
インガ・ババコワ  ウクライナ 1995年9月15日
ティア・エルボー ベルギーの旗 ベルギー 2008年8月23日
チャウント・ロー英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2010年6月26日

世界各エリア記録[編集]

エリア記録 男子[53]
エリア 記録 名前 国籍 日付
アフリカ 2.38m ジャック・フライターク 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ 2005年3月5日
アジア 2.43m ムタズ・エサ・バルシム カタールの旗 カタール 2014年9月5日
ヨーロッパ 2.42m パトリック・ショーベリ  スウェーデン 1987年6月30日
北中米カリブ海 2.45m ハビエル・ソトマヨル  キューバ 1993年7月27日
南アメリカ 2.33m ジルマール・マヨ英語版  コロンビア 1994年10月17日
オセアニア 2.36m ティム・フォーサイス オーストラリアの旗 オーストラリア 1997年3月2日
ブランドン・スターク英語版 オーストラリアの旗 オーストラリア 2018年8月26日
エリア記録 女子[54]
エリア 記録 名前 国籍 日付
アフリカ 2.06m ヘストリー・クルーテ 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ 2003年8月31日
アジア 2.00m ナデジダ・ドゥボヴィツカヤ英語版 カザフスタンの旗 カザフスタン 2021年6月8日
ヨーロッパ 2.09m ステフカ・コスタディノヴァ  ブルガリア 1987年8月30日
北中米カリブ海 2.05m チャウント・ロー英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2010年6月26日
南アメリカ 1.96m ソランジュ・ウィッテフェーン英語版 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1997年9月8日
オセアニア 2.01m ニコラ・マクダーモット英語版 オーストラリアの旗 オーストラリア 2021年7月4日

世界ジュニア記録[編集]

U20 世界歴代10傑 男子[55]
記録 名前 国籍 日付
1 2.37m ドラグティン・トピッチ英語版 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア 1990年8月12日
スティーブ・スミス イギリスの旗 イギリス 1992年9月20日
3 2.36m ハビエル・ソトマヨル  キューバ 1986年2月23日
4 2.35m ディートマー・メーゲンブルク 西ドイツの旗 西ドイツ 1980年5月26日
5 2.34m ウラジミール・ヤシチェンコ英語版 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1978年6月16日
ティム・フォーサイス オーストラリアの旗 オーストラリア 1992年7月4日
7 2.33m 朱建華 中華人民共和国の旗 中国 1982年12月1日
パトリック・ショーベリ  スウェーデン 1983年7月9日
マクシム・ネダセカウ英語版  ベラルーシ 2017年7月22日
10 2.32m 黄海強中国語版 中華人民共和国の旗 中国 2006年8月17日
U20 世界歴代10傑 女子[56]
記録 名前 国籍 日付
1 2.04m ヤロスラヴァ・マフチク英語版  ウクライナ 2019年9月30日
2 2.01m オルガ・トゥルチャク英語版 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1986年7月7日
ハイケ・バルックドイツ語版 東ドイツの旗 東ドイツ 1989年6月18日
4 2.00m ステフカ・コスタディノヴァ  ブルガリア 1984年8月25日
アリーナ・アスタフェイ  ルーマニア 1988年7月29日
6 1.99m ヴァシュティ・カニンガム英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2017年6月23日
7 1.98m シルビア・コスタ英語版  キューバ 1983年7月11日
エレーナ・エレシナ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1988年8月13日
9 1.96m シャーメイン・ウィーバーズ英語版 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ 1981年4月4日
9 1.96m スヴェトラーナ・レセヴァ英語版  ブルガリア 1986年8月11日
マリーナ・カプツォーワ英語版 ロシアの旗 ロシア 2000年7月26日
ブランカ・ブラシッチ クロアチアの旗 クロアチア 2002年7月20日
アイリーン・パルシテ英語版  リトアニア 2011年8月21日
エレノア・パターソン英語版 オーストラリアの旗 オーストラリア 2013年12月7日
U18 世界記録 男子 / 女子[57][58]
記録 名前 国籍 日付
男子 2.33m ハビエル・ソトマヨル  キューバ 1984年5月19日
記録 名前 国籍 日付
女子 1.96m シャーメイン・ウィーバーズ英語版 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ 1981年4月4日
オルガ・トゥルチャク英語版 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1984年9月7日
エレノア・パターソン英語版 オーストラリアの旗 オーストラリア 2013年12月7日
ヴァシュティ・カニンガム英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2015年8月1日

日本歴代10傑[編集]

日本歴代10傑 男子[59]
記録 名前 所属 日付
1 2.35m 戸邉直人 つくばツインピークス 2019年2月2日
2 2.33m 醍醐直幸 富士通 2006年7月2日
3 2.32m 君野貴弘 順天堂大学 1993年9月18日
4 2.31m 吉田孝久 ミズノ 1993年5月9日
4 2.31m 真野友博 九電工 2020年9月20日
6 2.30m 阪本孝男 東海スポーツ 1984年5月6日
6 2.30m 衛藤昴 AGF 2017年4月16日
8 2.28m 氏野修次 近大和歌山高校教員 1984年7月21日
8 2.28m 井上基史 筑波大学 1987年6月7日
8 2.28m 野中悟 洛北高校教員 1993年6月13日
8 2.28m 宇野雅昭 福岡大学 1993年8月8日
8 2.28m 尾上三知也 スズキ 1997年5月5日
8 2.28m 高張広海 日立ICT 2015年5月10日
8 2.28m 平松祐司 筑波大学 2015年5月16日
8 2.28m 藤田渓太郎 佐竹食品AC 2020年10月24日
8 2.28m 赤松諒一 アワーズ 2020年11月3日
日本歴代10傑 女子[60]
記録 名前 所属 日付
1 1.96m 今井美希 ミズノ 2001年9月15日
2 1.95m 佐藤恵 福岡大学 1987年5月17日
2 1.95m 太田陽子 ミキハウス 2002年7月21日
4 1.93m 福光久代 大昭和製紙 1981年6月7日
5 1.92m 青山幸 吹田市立第一中学校教員 2004年7月3日
6 1.90m 八木たまみ 関東学園大学 1978年10月19日
6 1.90M 貞廣千波 中京女子大学 1994年11月2日
8 1.86m 松井昌美 京都府立桃山高等学校教員 1988年7月9日
8 1.86m 岩切麻衣湖 プレジャー企画 2001年5月26日
10 1.85m 曽根幹子 大昭和製紙 1975年11月8日
10 1.85m 津田シェリアイ 築地銀だこAC 2020年9月20日

日本ジュニア記録[編集]

U20 日本記録 男子 / 女子[61][62]
記録 名前 所属 日付
男子 2.29m 君野貴弘 順天堂大学 1992年9月20日
記録 名前 所属 日付
女子 1.93m 太田陽子 日本体育大学 1993年9月18日
高校記録 男子 / 女子[63][64]
記録 名前 所属 日付
男子 2.23m 戸邉直人 専大松戸高校 2009年10月5日
記録 名前 所属 日付
女子 1.90m 佐藤恵 新潟市立沼垂高校 1983年7月10日
中学記録 男子 / 女子[65][66]
記録 名前 所属 日付
男子 2.10m 境田裕之 旭川市立春光台中学校 1986年11月2日
記録 名前 所属 日付
女子 1.87m 佐藤恵 新潟市立木戸中学校 1981年10月25日

オリンピック・世界選手権における日本人入賞者[編集]

オリンピック・世界選手権における日本人入賞者 男子 / 女子[67][68][69]
開催年 大会 開催国 選手名 成績 記録
男子 1928年 第9回オリンピック・アムステルダム大会 オランダの旗 オランダ 木村一夫 6位 1.88m
1932年 第10回オリンピック・ロサンゼルス大会 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 木村一夫 6位 1.94m
1936年 第11回オリンピック・ベルリン大会 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 矢田喜美雄 5位 1.97m
朝隈善郎 6位 1.94m
田中弘
女子 1992年 第25回オリンピック・バルセロナ大会 スペインの旗 スペイン 佐藤恵 7位 1.91m

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「はさみ跳びはページが初めて使用した」[12]とする資料もある。
  2. ^ a b 「1919年頃までには登場したが、普及したのが1930年代」[30]とする資料もある。
  3. ^ 「当初は実施されていなかった」[24]、「実施された形跡はほとんどない」[25]、「実施されていた」[19]、とする資料もある。
  4. ^ 「(後の)1874年にウィリアム・バード・ページが初めて使用した」[12]、「着地地点に砂場が出現した後にはさみ跳びが出現した」[13]、とする資料もある。
  5. ^ 「ページが初めて使用した」[12]と、「砂場になり、はさみ跳びが出現した」[13]、とする資料もある。
  6. ^ 背が下向きとなるバリエーションは「ロール・オーバー」と呼ばれた[16]
  7. ^ この当時は靴底の厚さについての規制が無く、最大5cmものの特注厚底靴が競技に使われていた。ステパノフのこの記録もこのような厚底靴を使用したもので、翌1958年には国際陸連により靴底の厚さが規制されるようになった。[33]
  8. ^ クリアランス時に上体をバーの着地側下方に倒す方法で、「ソ連式ベリーロール」「ダイブ・ストラドル」と呼ばれた[20]
  9. ^ 国際陸上連盟(IAAF)設立以前の1912年3月29日までの記録はアマチュア記録のみを記載。
  10. ^ 国際女子スポーツ連盟(FSFI)設立以前の1920年11月13日までの記録は木製バー使用の記録のみを記載(ロープ、竹製バー使用の記録は未記載)。

出典[編集]

  1. ^ 日本陸上競技連盟 2021, pp. 133–135, 138.
  2. ^ a b 日本陸上競技連盟 2021, p. 220.
  3. ^ a b 日本陸上競技連盟 2021, p. 226.
  4. ^ a b c d 日本陸上競技連盟 2021, p. 230.
  5. ^ a b c 日本陸上競技連盟 2021, p. 235.
  6. ^ 日本陸上競技連盟 2021, p. 231.
  7. ^ 日本陸上競技連盟 2021, p. 232.
  8. ^ 俺もお前も金メダル! 男子走り高跳び決勝で珍事 | 陸上 | 東京オリンピック” (日本語). 東京2020オリンピック | NHK. 2021年8月2日閲覧。
  9. ^ 日本陸上競技連盟 2021, pp. 232–234.
  10. ^ a b c Jürgen Schiffer 2009, p. 11.
  11. ^ a b c 真鍋周平 2020, p. 43.
  12. ^ a b c d e f g h i j k l High jump - Introduction”. oaaf.org Hme of World Athletics. International Association of Athletics Federations. 2012年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月14日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l 岡尾惠市 (2019年3月19日). “陸上競技のルーツをさぐる30 走高跳の歴史<そのIII>”. 筑波大学陸上競技部OB・OG会. 2021年7月12日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 苅部俊二 (2012年10月20日). “苅部俊二のダッシュ!!>vol.31「走高跳」”. ハマスポ. 横浜市スポーツ協会. 2021年7月8日閲覧。
  15. ^ a b 真鍋周平 2020, p. 44.
  16. ^ a b c d e 真鍋周平 2020, p. 45.
  17. ^ a b 細谷真澄 1977, p. 91.
  18. ^ a b Jürgen Schiffer 2009, p. 10.
  19. ^ a b c d e f g h i Jürgen Schiffer 2009, p. 9.
  20. ^ a b 真鍋周平 2020, p. 50.
  21. ^ a b 真鍋周平 2020, pp. 51–52.
  22. ^ a b c d 真鍋周平 2020, p. 52.
  23. ^ a b c d 真鍋周平 2020, p. 56.
  24. ^ a b c d e f g 真鍋周平 2020, p. 40.
  25. ^ a b 岡尾惠市 (2019年3月5日). “陸上競技のルーツをさぐる28 走高跳の歴史<そのI>”. 筑波大学陸上競技部OB・OG会. 2021年7月8日閲覧。
  26. ^ a b c 岡尾惠市 (2019年3月12日). “陸上競技のルーツをさぐる29 走高跳の歴史<そのII>”. 筑波大学陸上競技部OB・OG会. 2021年7月8日閲覧。
  27. ^ a b c d 真鍋周平 2020, p. 42.
  28. ^ a b 細谷真澄 1977, p. 94.
  29. ^ a b c Richard Hymans 2021, p. 172.
  30. ^ a b c 真鍋周平 2020, p. 46.
  31. ^ a b 岡尾惠市 (2019年3月26日). “陸上競技のルーツをさぐる31 走高跳の歴史<そのIV>”. 筑波大学陸上競技部OB・OG会. 2021年7月13日閲覧。
  32. ^ a b 真鍋周平 2020, p. 49.
  33. ^ High Jump”. World Athletics. 2021年7月14日閲覧。
  34. ^ Richard Hymans 2021, p. 478.
  35. ^ a b c d Richard Hymans 2021, p. 176.
  36. ^ Yashchenko, the last king of the straddle” (英語). WORLD ATHLETICS (1999年12月1日). 2021年7月11日閲覧。
  37. ^ Richard Hymans 2021, p. 177.
  38. ^ a b c d Richard Hymans 2021, p. 340.
  39. ^ 真鍋周平 2020, pp. 59–60.
  40. ^ a b 真鍋周平 2020, p. 60.
  41. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “走高跳び” (日本語). コトバンク. 2021年7月11日閲覧。
  42. ^ Richard Hymans 2021, pp. 171–177.
  43. ^ Richard Hymans 2021, p. 173.
  44. ^ a b c d e f Richard Hymans 2021, p. 174.
  45. ^ Richard Hymans 2021, pp. 336–343.
  46. ^ Richard Hymans 2021, p. 337.
  47. ^ Richard Hymans 2021, p. 338.
  48. ^ a b c d e f Richard Hymans 2021, p. 339.
  49. ^ Richard Hymans 2021, p. 341.
  50. ^ a b Richard Hymans 2021, p. 342.
  51. ^ All time Top lists>Senior Outdoor High Jump Men” (英語). World Athletics. 2021年7月17日閲覧。
  52. ^ All time Top lists>Senior Outdoor High Jump Women” (英語). World Athletics. 2021年7月17日閲覧。
  53. ^ Record>High Jump>Men - SENIOR - Outdoor” (英語). WORLD ATHLETICS. 2021年7月11日閲覧。
  54. ^ Record>High Jump>Women - SENIOR - Outdoor” (英語). WORLD ATHLETICS. 2021年7月17日閲覧。
  55. ^ All time Top lists>U20 Outdoor High Jump Men” (英語). World Athletics. 2021年7月18日閲覧。
  56. ^ All time Top lists>U20 Outdoor High Jump Women” (英語). World Athletics. 2021年7月18日閲覧。
  57. ^ All time Top lists>U18 Outdoor High Jump Men” (英語). World Athletics. 2021年7月18日閲覧。
  58. ^ All time Top lists>U18 Outdoor High Jump Women” (英語). World Athletics. 2021年7月18日閲覧。
  59. ^ 2021日本最新ランキング【男子】”. 月陸Online. 陸上競技社. 2021年7月18日閲覧。
  60. ^ 2021日本最新ランキング【女子】”. 月陸Online. 陸上競技社. 2021年7月18日閲覧。
  61. ^ U20日本記録>男子”. 日本陸上競技連盟. 2021年7月18日閲覧。
  62. ^ U20日本記録>女子”. 日本陸上競技連盟. 2021年7月18日閲覧。
  63. ^ 2021高校最新ランキング【男子】”. 月陸Online. 陸上競技社. 2021年7月18日閲覧。
  64. ^ 2021高校最新ランキング【女子】”. 月陸Online. 陸上競技社. 2021年7月18日閲覧。
  65. ^ 2021中学最新ランキング【男子】”. 月陸Online. 陸上競技社. 2021年7月18日閲覧。
  66. ^ 2021中学最新ランキング【女子】”. 月陸Online. 陸上競技社. 2021年7月18日閲覧。
  67. ^ 日本の五輪入賞者一覧”. 月陸Online. 陸上競技社. 2021年7月18日閲覧。
  68. ^ 陸上競技ヒストリー>世界選手権入賞者>第1回〜第10回(1986〜2005)”. 日本陸上競技連盟. 2021年7月18日閲覧。
  69. ^ 陸上競技ヒストリー>世界選手権入賞者第11回~(2007~)”. 日本陸上競技連盟. 2021年7月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 陸上競技ルールブック』(PDF)日本陸上競技連盟、2021年4月16日、2021年度版(正誤表反映版)。ISBN 978-4-583-11350-02021年7月18日閲覧。
  • Jürgen Schiffer「The high jump Overview」『New Studies in Athletics』第24巻第3号、International Association of Athletics Federations、2009年3月、 9-22頁、2021年7月15日閲覧。
  • 真鍋周平 『走り高跳びの教科書』(上巻 Ver.1.0.5版) トヨタ自動車陸上競技部、2020年5月5日https://b3461dd9-e816-4209-a11e-8a7de4ec68f1.usrfiles.com/ugd/b3461d_d37cc5a23df8438ab2eb7304281243f0.pdf2021年7月8日閲覧 
  • 細谷真澄「走高跳の技術についての一考察」『横浜国立大学教育紀要』第17巻、横浜国立大学、1977年11月30日、 89-98頁、 ISSN 051356562021年7月13日閲覧。
  • Progression of World Athletics Records』Richard Hymans、World Athletics、2021年4月16日、2020年版(英語)。2021年7月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]