キャニオニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャニオニング

キャニオニングは、アメリカ合衆国ではキャニオニアリング(Canyoneering)の名で知られ、アウトドアスポーツのトレッキングクライミング懸垂下降カヌー水泳飛び込みなどの要素を用いて渓谷の中を目的のポイントまで下って行く活動を行なう。

登山沢登りとは逆に渓谷を下っていくことを目的とする。

概要[編集]

ザイオン国立公園でのキャニオニング
ロッキー山脈でのキャニオニング

特別な要素(クライミング懸垂下降カヌー水泳飛び込み)を用いない沢遊びもキャニオニング(キャニオニアリング)と呼ばれることもあるが、本来のキャニオニング(キャニオニアリング) はより高度な下降技術(懸垂下降、ロープワーク、アンカーリング、クライミング)や高度な飛び込み、水泳技術、また、アクセスが容易でない場所に入るため、地図とコンパスを用いたナビゲーションスキルやその他の野外活動スキルを要する。


関連項目[編集]

出典[編集]

「Canyoning」『フリー百科事典 ウィキペディア英語版』。3 December 2013 at 12:47 UTC