クライミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クライミング(climbing)もしくは登攀(とうはん)とは、垂直に近い地形や人工物等を自らの、もしくは登攀用道具を使用して登ることである。主に趣味競技救命活動、軍事作戦等で行われる。

種類[編集]

  • アルパイン・クライミング
  • ボルダリング:必要最低限な装備のみでの登攀。落下防止対策として、落下予想地点にクラッシュパッドと呼ばれるマットを敷く。
  • ビルダリング:人工物である建物の登攀。
  • 沢登り:沢、滝の登攀。
  • チョーククライミング:柔らかいチョーク質の壁の登攀。アイスクライミングなどと同じような技術が求められる[1]
  • アイスクライミング:氷壁の登攀。
  • インドアクライミング:室内に登攀設備を設置し、トップロープ、リードクライミング、ボルダリングなどの訓練等に利用される登攀。
  • 木登り:木の登攀。
  • ロッククライミング:岩壁の登攀。
  • ロープクライミング:上から吊るされたロープの登攀。

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  1. ^ 那智の滝登った容疑、著名クライマー逮捕日本経済新聞
  2. ^ アラン・ロベールインタビュー第1回「でも、恐怖という感覚は悪くない」ナショナルジオグラフィック日本版)
  3. ^ 仏の「スパイダーマン」が高層ビル登頂に成功、直後に拘束-マレーシアブルームバーグ