エアリアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エアリアルaerial)は、空中演技を競うスキーフリースタイル競技の1つ。長さ160cm程度のスキー板をはいて空中に飛び上がり、宙返りをして着地するまでの短い競技である。英単語としてのエアリアルの意味は「空中」などを指す。

コース[編集]

エアリアルコースは、全長約70m/25度のフラットなアプローチ(助走路)からテーブルと呼ばれる0度のフラットな25mの平地にキッカーと呼ばれるジャンプ台が4種類設置される。

キッカーは、スモールキッカー高さ2mで飛び出し角度は55度でも1回転用着地面迄の距離は4m、ミディアムキッカーは、高さ3.6m飛び出し角度65度で2回転用で着地面迄の距離は6m、ビックキッカーは、高さ4.2m飛び出し角度約70度で3回転用で着地点までの距離は8mあり、そこまではノールと呼びフラットである。その他にも、フローターキッカー(WCでは使用していない)高さ2m〜3m飛び出し角度35度から45度があり、水平回転、3D回転などに使用場合がある。(着地点までの距離は10m)

ランディングバーン(着地面)は、約38度で25mあり、それぞれのキッカーに合わせて着地面を柔らかくして備える。

ストップエリア(ブレーキングゾーン)は、0度で30m以上必要である。

審判台は、ノールと着地面の角にあり演技を横から採点する。

又、設備として、アプローチの速度計、風速計、スタート合図のタイマーや信号機が必要とされる。(ワールドカップ以上大会)

[編集]

フロントフリップ 
前方宙返り。「フロント」と省略し以下の姿勢および捻りの種別と組み合わせて技の名称とする。
ex.「フロントタック」は前方一回抱え込み転宙返り。
バックフリップ 
後方宙返り。「バック」と省略し以下の姿勢および捻りの種別と組み合わせて技の名称とする。しかし、通常は全ての技がバックフリップで行われるため、エアリアルの実況等では「バック」も略すことが多い。
ex.「バックレイフルフル」は1回転目が捻り無しの伸身宙返り、2回転目に1回捻り3回転目に1回捻りで、後方3回転2回捻り宙返り。「フルダブルフルフル」は1,3回転目が1回捻り、2回転目が2回捻り宙返りの後方3回転4回捻り宙返り。

姿勢[編集]

タック (T)
抱え込み姿勢。
パイク(P) 
えび型姿勢。
レイアウト(L) 
伸身姿勢。2回転以上では「レイ」と省略する。

捻り[編集]

ハーフツイスト (H)
半回ひねり宙返り。2回転以上では「ハーフ」と省略する。
フルツイスト 
1回ひねり宙返り。「フル」と省略する。
ルーディ 
1回半ひねり宙返り。1回転で行われることはなく、2回転以上で「ハーフ」とまたは「ルーディ」、「ランディ」と組み合わせて用いられる。
ダブルフルツイスト(dF) 
2回ひねり宙返り。2回転以上では「ダブルフル」と省略する。
ランディ 
2回半ひねり宙返り。(2回宙返り以上で行われる)
トリプルフルツイスト(tF) 
3回ひねり宙返り。「トリプルフル」と省略する。

採点方法[編集]

演技前に自己申告し、その演技に難易点がつく。 テイクオフ姿勢・ジャンプの高さ・空中姿勢・着地を5人又は7人のジャッジが採点し、7人の場合は最高点と最低点を除いた3人のジャッジの採点に技の難易点をかけた点数と、着地点を合計して1本の試技の得点とする。

2006年トリノオリンピックの時点では、男子選手のトップレベルでは3回転4回捻り(フル・ダブルフル・フルまたはダブルフル・フル・フル)、女子選手のトップレベルでは2回転3回捻り(フル・ダブルフルまたはダブルフル・フル)が行われている。また、極少数の男子選手が3回転5回捻り(ダブルフル・ダブルフル・フルまたはフル・トリプルフル・フル)、女子選手が3回転ジャンプ(フル・フル・フル等)を行うようになっている。

空中では地上で背筋を伸ばして直立したような姿勢が求められ、厳しく採点される。背中や膝が曲がったり、足が綺麗に揃っていなかったりする姿勢の崩れ、着地の際のバランス崩れは減点となる。

難度[編集]

記号凡例
f=フロントフリップ
b=バックフリップ
d=ダブル(ツイスト)
t=トリプル(ツイスト)
l=レイアウトポジション


T=タック(抱え込み)
P=パイク(屈伸)
L=レイアウト(伸身)
H=ハーフ(半ひねり)
F=フル(1回ひねり)
※例
bLdFF = バック・レイ・ダブルフル・フル
(1回転目伸身宙返り+2回転目伸身宙返り2回捻り+3回転目伸身宙返り1回捻り=3回転3回ひねり)
難度4.175
1回転
bT 2.00
bP 2.00
bL 2.05
bF 2.30
bdF 2.675
btF 3.150


2回転
bLT 2.60
bLL 2.65
bFT 2.85
bLF 2.90
bHlH 2.90
bFF 3.15
bLdF 3.275
bLtF 3.750
bFdF 3.525
bdFF 3.525
bdFdF 3.90
bFtF 4.00


3回転
bLTT 3.20
bLTF 3.50
bLFT 3.50
bHTH 3.45
bLHlH 3.55
bFTF 3.75
bLFF 3.80
bFFF 4.05
bLdFF 4.175
bFdFF 4.425
bdFFF 4.525
bFFdF 4.525
bLtFF 4.65
bdFdFF 4.80
bFdFdF 4.80
bFtFF 4.90
bdFFdF 5.00
btFFF 5.10

歴史[編集]

オリンピック[編集]

順位 男子選手 女子選手
カナダの旗 カナダ Philippe Laroche スイスの旗 スイス Colette Brand
カナダの旗 カナダ Nicolas Fontaine  スウェーデン Marie Lindgren
フランスの旗 フランス Didier Meda 西ドイツの旗 西ドイツ Elfie Simchen
順位 男子選手 女子選手
スイスの旗 スイス Andreas Schönbächler  ウズベキスタン Lina Cheryazova
カナダの旗 カナダ Philippe Laroche  スウェーデン Marie Lindgren
カナダの旗 カナダ Lloyd Langlois  ノルウェー Hilde Synnove Lid
順位 男子選手 女子選手
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Eric Bergoust アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Nikki Stone
フランスの旗 フランス Sebastien Foucras 中華人民共和国の旗 中国 徐囡囡
 ベラルーシ Dmitri Dashinski スイスの旗 スイス Colette Brand
順位 男子選手 女子選手
 チェコ Ales Valenta オーストラリアの旗 オーストラリア Alisa Camplin
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Joe Pack カナダの旗 カナダ Veronica Brenner
 ベラルーシ Alexei Grichin カナダの旗 カナダ Deidra Dionne
順位 男子選手 スコア 女子選手 スコア
中華人民共和国の旗 中国 韓暁鵬 250.77 スイスの旗 スイス Evelyne Leu 202.55
 ベラルーシ Dmitri Dashinski 248.67 中華人民共和国の旗 中国 李妮娜 197.39
ロシアの旗 ロシア Vladimir Lebedev 246.76 オーストラリアの旗 オーストラリア Alisa Camplin 191.39

ワールドカップ[編集]


日本[編集]