ポールダンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポールダンスとは、ダンスおよび体操の一種である。垂直の柱(ポール)を使い、柔軟性や筋力を駆使し、昇り降り・スピン・倒立などの体操的な技を複雑に組み合わせたダンスである[1]

Rainbow Marchenkoを決めるポールダンサー

歴史[編集]

運動としてのポールの使用は、800年以上の歴史があるインドの伝統的なスポーツ「mallakhamb(マラカーンブ)」が最古とされている[2]。mallakhambはインドのレスリングの訓練から発達した器械体操の一種で、高さ2.6メートルの木製の柱を使い行なわれ、ポールマラカーンブ(Pole Mallakhamb)と呼ばれる。

また、1920年代のアメリカ合衆国では、旅芸人がテントの支柱を使ってダンスを伴う曲芸を行ったとされており、1950年代頃には、テントの支柱から現代のようなダンス用のポールへと取って代わり、ポールのパフォーマンスにバーレスクダンスが採用された。ただし、支柱や棒を用いた曲芸自体はそれより以前から世界各所で行われており、広義の意味ではポールを使った曲芸自体は存在していたとされる。

記録される最古のポールダンスは、1968年にアメリカ合衆国オレゴン州のストリップクラブ「Mugwump」でのBelle Junglesによるパフォーマンスである[3]。1980年代以降、ストリップゴーゴーダンスまたはラップダンスなどにダンスポールが広く組み込まれ、1990年代には芸術としてのポールダンスの普及も始まった(モントリオールシルク・ドゥ・ソレイユなど)。それ以降、大衆向けの娯楽エクササイズ、競技スポーツとしても発達を遂げている。2015年現在、Katie Coatesなどの有名ポールダンサーや国際ポールスポーツ連盟(IPSF)は、2016年のオリンピック競技にポールダンスが含まれるよう、キャンペーンを推進している[4]

ポールの種類[編集]

Pole002.jpg

通常のダンス用ポールは筒状のクロムメッキあるいはステンレス製で、床から天井までを天井部と床部の上下で固定する。天井が高い屋内や屋外では、天井を固定しない持ち運び型のステージポールなどもある。

ポールの直径は片手で楽につかめるよう、4.5センチメートルのものが主流である。ポールには2つの種類があり、スタティックポール(固定式ポール)とスピニングポール(回転式ポール)がある[5]

スタティックポール(固定式)は、ポール設置部の土台が固定されているタイプとなり、軸がぶれない特性を生かした演技に向き、スピニングポール(回転式ポール)は、ボールベアリングによってポールの回転を生かした演技が可能となる。また、双方を切り替えられるタイプのポールも存在する。

競技としてのポールダンス[編集]

MISS POLE DANCE JAPAN

2005年頃から世界各国でさまざまな協会が主催するポールダンス大会が数多く開催されるようになり[6]、ショーダンスの枠にとどまらず、エクササイズや競技として世界的な広がりをみせている。

日本における最も代表的な大会としては、2008年より開催されている「MISS POLE DANCE JAPAN」[7]がある。当初は女子シングルのみの開催であったが、競技人口の増加により、2012年よりPOLE KING JAPAN(男子シングル)、2014年よりダブルス部門も追加となった。同大会の運営には、日本におけるポールダンスの第一人者であるポールダンサーREIKOやポールダンサーKAORIなどが理事を務めている[8]。また、より競技指向の強い日本ポール・スポーツ協会[9]による全日本ポール・スポーツ選手権大会などがある。

脚注[編集]

  1. ^ Pole Dancing Is Empowering Performance Art
  2. ^ The Strangest Sport No One Knows
  3. ^ The History of Pole Dancing
  4. ^ INTERNATIONAL POLE DANCE CHAMPIONSHIP
  5. ^ X-POLE
  6. ^ Miss Pole Dance World
  7. ^ MISS POLE DANCE JAPAN
  8. ^ Miss Poledance Japan
  9. ^ 一般社団法人 日本ポール・スポーツ協会

関連リンク[編集]