スピードゴルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スピードゴルフ英語: Speed golf)は、ゴルフの変形ルールであり、ストローク数(打数)とプレーに要した時間とを合計した点数を競う競技である。

本項では一般社団法人日本スピードゴルフ協会ウェブサイト[1]で用いられている「スピードゴルフ」と記述する。

概要[編集]

通常のゴルフコースを使用し、18ホールのストローク(打数)とプレー時間の合計で競う。ストロークを1打あたり1分に換算し、プレー時間を合計して算出する[2]

基本的にプレー方法は通常のゴルフと同じではあるが、スピードゴルフ独特のルールも存在する。例えば、グリーンの旗竿を抜かない、OBはその境界を最後に横切った地点から、紛失球は紛失したと思われる個所から1罰打でカップに近づかずにクラブ2本分以内にドロップする、などがある[2]。また、後ろのプレーヤが追い越す事も可能である(後述)。

歴史[編集]

この競技は1979年米国カリフォルニア州で始まったと考えられる。陸上選手で、後に当時の1マイル米国記録を出したスティーブ・スコット英語版が、ゴルフコースをクラブ3本のみで走りながらプレーし、ストローク数は95打、所要時間29分30秒で回った事による[3]

本格的に認知されたのは2000年代に入ってからである。2012年にはオレゴン州で初の世界選手権が行われた[4]

ルール[編集]

通常のゴルフで適用されるゴルフ規則や開催コースのローカルルールに加え、以下のようなスピードゴルフ特別ルールが使われる。詳細は、日本スピードゴルフ協会による競技規則[4]を参照。

道具[編集]

ラウンド中、クラブの本数は7本まで。持ち運びに車輪付き、または電動付きのものは使用禁止。メタルスパイクは使用禁止。GPS機能搭載機器は使用可。風速標高などの機能は禁止。

スコア[編集]

ストローク数とタイム(分)の合計を算出し、コンマ以下にタイム(秒)を加え「**:**」の形で記録する。すなわち、ストローク1打あたり1分に換算し加算したタイムを分:秒単位で算出する。この合計スコアを「スピードゴルフスコア」(SGS)と呼ぶ。例えば、ストローク90打、タイム59分30秒の場合、SGSは「149:30」となる。

タイムは、決められた時間にスタートし、最初のホールのティーショットを打つ。最終ホールのカップインしたところでストップする。その間は基本的に時計を止めない。ホール間移動、バンカーショット後の敷きならし、後ろの組の追い抜きを待つ時間もすべて計測時間に含める。

プレー[編集]

旗竿をカップから抜く事は禁止(球がホールに止まり、一部がホールの淵よりも下にあればカップインとする)。アウト・オブ・バウンズはその境界を最後に横切った地点から、球を紛失した場合は紛失したと思われる個所から1罰打でカップに近づかずに2クラブレングス以内にドロップ。

グリーン上にバッグやクラブを置くのは禁止(1打罰)。使用クラブは全て最終ホールのグリーン付近まで運ぶこと(コース上に置いたままの場合は1打罰)。

追い抜き[編集]

後ろのプレーヤーが前のプレーヤーに追い越しを求めるときは「フォアー」で合図する。その時点で、追い越されるプレーヤーは直ちにコースの脇へ移動して譲らなければならない(譲らない場合は1打罰)。

追い越したプレーヤーが、追い越されたプレーヤーにプレー可能であることを示唆した場合、追い越されたプレーヤーはプレー再開できる。示唆しない場合追い越されたプレーヤーは、ショット範囲外に追い越したプレーヤーが出るまで、プレー再開できない。

世界記録[編集]

世界記録は2021年9月にスコット・ドーリー(米国)が記録した107:15(ストローク65打、タイム42分15秒[4])。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本スピードゴルフ協会日本スピードゴルフ協会、2022年2月26日閲覧。
  2. ^ a b 1打と1分が同じ価値 「スピードゴルフ」はゴルフなのか?ゴルフダイジェスト・オンライン、2022年2月26日閲覧。
  3. ^ Speed Golf - 18 Holes in Under an HourMyGolfSpy、2022年2月26日閲覧。
  4. ^ a b c なぜスピードゴルフ?日本スピードゴルフ協会、2022年2月26日参照。

外部リンク[編集]