バウンドテニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バウンドテニスは、ラケットボールを基に日本で考案された、テニスに似たニュースポーツである。

概要[編集]

1980年に、レスリング選手の笹原正三によって考案された。「バウンド」とは、「弾む(バウンド)」と「限られたスペース(バウンダリー)」に由来している[1]

テニスコートの約1/6のコートで行うため、場所をとらない利点があり、体育館やコミュニティーセンターなどで行える[2]

コート・用具[編集]

コートは、幅3m、長さ10mで、通常、体育館などの床に人工芝のマットを敷いて設置する。ネットは、高さ50cmの組み立て式のものを使用する。

ラケットは、長さ50cmの、硬式のテニスラケットを縮小した形状のものを使用する。ボールは、直径6cm弱のゴム製。ソフトテニスのボールと似ているが、小さくやや硬めである。

ヤクルト商事[1]が、公認用具の総販売元となっている[3]

ルール[編集]

競技の種類として、シングルス、ダブルス、1分間で何回ラリーが続くかを競う「BTラリー戦」がある。

サービスは1球のみで、対角線のコートに入れる。両足をコートにつけて、腰よりも低い高さで打たなければならない。4打目からはボレーをすることもできる。

ダブルスでは、卓球と同じように、4人が交互に打たなければいけない。

試合は、テニスと同様に4ポイント先取すると1ゲームを取ることができる。3-3になった場合はジュースになり、2ポイント連取する必要がある。9ゲームマッチ(シニアは7ゲーム)で行われ、5ゲームを先取すれば勝ちとなる。4-4になったときはタイブレークゲームを行い勝敗を決める[4]

脚注[編集]

  1. ^ バウンドテニスの歴史・沿革公益財団法人笹川スポーツ財団(2021年8月12日閲覧)
  2. ^ バウンドテニスの概要公益財団法人笹川スポーツ財団(2021年8月12日閲覧)
  3. ^ バウンドテニスの公認用具一般財団法人日本バウンドテニス協会(2021年8月12日閲覧)
  4. ^ バウンドテニスのルール公益財団法人笹川スポーツ財団(2021年8月12日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]