パラバドミントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 パラバドミントン
統括団体 世界バドミントン連盟
特徴
身体接触 なし
選手数 1人(シングルス)または2人(ダブルス)
カテゴリ 屋内競技
ボール シャトルコック
テンプレートを表示

パラバドミントン(英表記:Para-Badminton)は、身体障がいを持つアスリートのためのバドミントン派生競技である。

統括団体は世界パラバドミントン連盟であったが、2011年6月にドイツドルトムントで開催された総会で、世界バドミントン連盟に合流することを全会一致で決定し、現在は同連盟が統括している[1]

クラス分け[編集]

世界バドミントン連盟は障がいの程度により、選手を次の6クラスに分類している[2][3]

車椅子[編集]

  • WH1
    両方の下肢及び体感機能に障がいがある選手。
  • WH2
    片方または両方の下肢に障がいがある選手。

立位[編集]

  • SL3
    下肢障がいがある選手。
  • SL4
    下肢障がいがあり、SL3より軽度の障がいがある選手
  • SU5
    上肢障がいがある選手。

低身長[編集]

  • SS6
    軟骨無形成症(英語版)や遺伝等により低身長である選手。

ルール[編集]

バドミントンと同じであるが、障がいクラスによりコートの範囲が異なる[3]

競技大会[編集]

世界バドミントン連盟は、奇数年にパラバドミントン世界選手権を開催し、偶数年に大陸選手権を開催している[4]。またアジアパラ競技大会[5]や東南アジア諸国連合パラ競技大会(英語版)の一種目として採用されている。

2020年東京パラリンピックからテコンドーとともに、正式種目として採用されることが決定した[6]

脚注[編集]

  1. ^ "One Sport, One Team" BWF to govern Para-badminton”. IWASF (International Wheelchair and Amputee Sport Federation). 2016年8月31日閲覧。
  2. ^ Para-Badminton”. Badminton World Federation. 2016年8月31日閲覧。
  3. ^ a b ヨネックス. “ヨネックスはパラバドミントンを応援します”. 2016年10月26日閲覧。
  4. ^ World Championships (Para-Badminton)”. Badminton World Federation. 2016年8月31日閲覧。
  5. ^ Asian Para-Games 2014 – Prelude to Paralympics”. bwfbadminton.com. 2016年8月31日閲覧。
  6. ^ “IPC announces final Tokyo 2020 Paralympic sports programme”. paralympic.org. https://www.paralympic.org/news/ipc-announces-final-tokyo-2020-paralympic-sports-programme 2016年8月31日閲覧。