3x3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

3x3(スリー・バイ・スリー)は、ストリート・バスケットボールなどで普及している3人制バスケットボールの一形態[1]。現在は、国際バスケットボール連盟(FIBA)が公式競技として推進しているスポーツ競技である。

国内では3x3 PREMIER.EXEが最大のトップリーグを誇っており、昨年度は8大会で合計17万人が観戦した。

2017年度は18チーム3カンファレンス制で6月17日〜9月10日まで全国各地で実施される。

東京オリンピック2020大会では、正式種目として採用される。

概要[編集]

試合は1チーム3人で、コートのサイズは通常のバスケットボールのほぼ半分と比較的少人数で気軽にできるスポーツである。それと同時に、1試合10分間の21点ノックアウトで行われショットクロックも12秒と回転の速い攻防で試合展開が非常にスピーディーである。両チームが同一のゴールにシュートする。このため、2ポイントライン(通常のバスケットボールの3ポイントライン)の内側でボールを取得したチームは一旦2ポイントラインの外側にボールを出したうえで攻撃をしなければならない。

スポーツ・リーグ[編集]

3x3の沿革[編集]

  • 2007年 ユースオリンピック(2010)での種目入りを承認される
  • 2010年 FIBA国際会議にてオリンピック正式種目入りを目指すことが表明される
  • 2011年 U-18世界選手権を初開催
  • 2012年 FIBA 3x3 World Champion Ship ※現FIBA 3x3 World Cup (国別世界選手権)、FIBA 3x3 World Tour(チーム別世界ツアー) 初開催 世界個人ランキングポイント制度 3x3Planet の導入
  • 2013年 日本で3x3.EXEブランド誕生、3x3 TOURNAMENT.EXEの開催を開始
  • 2016年 国別世界選手権「第2回FIBA 3x3 U18 アジアバスケットボール選手権大会」 U18女子日本代表優勝
  • 2017年6月9日 国際オリンピック委員会理事会で2020年東京オリンピックで正式種目での実施決定

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]

外部リンク[編集]