ラグビーリーグセブンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 ラグビーリーグセブンズ
統括団体 国際ラグビーリーグ連盟
通称 セブンズ
起源 1961年、オーストラリア
特徴
身体接触 フルコンタクト
選手数 12名(フィールドに7名、控えに5名)
男女混合 男女別
カテゴリ 屋外
ボール フットボール
競技場 ラグビーリーグ場
テンプレートを表示

ラグビーリーグセブンズ: Rugby league sevensセブンズ)は、7人制のラグビーリーグフットボールである(ラグビーリーグは通常13人制で行われる)。ルールは大体は13人制と同じであるが、いくつかの変更点があり試合時間も短い。試合時間が短いため大会を一日あるいは週末で行うことが可能なため、大抵フェスティバルでプレーされる。

クラブチームと共に、ラグビーリーグセブンズは特に13人制のための選手(13人と控え4人)を揃えることが困難な職場やパブのパトロンによって結成された社会人チームで人気がある。ラグビーユニオンのセブンズと区別するために9人制のラグビーリーグナインズを好む大会もある。

歴史[編集]

7人制ラグビー(ラグビーセブンズ)は、1883年に、スコティッシュ・ボーダーズメルローズ英語版ネッド・ヘイグ英語版によって考案された。これは、1895年のラグビーフットボールの分裂のわずか10年強前のことである。しかしながら、1920年以前はラグビーセブンズはスコットランドの外へは広まらなかった。

初のラグビーリーグ'セブンズの大会は1961年にオーストラリアで開催された[1]

主要な大会はオーストラリア、シドニーナショナルラグビーリーグ (NRL) のシーズン開幕に先立って行われるワールドセブンズ英語版であった。この大会は現在休止しているが、ラグビーリーグセブンズは世界中でジュニアから代表まで様々なレベルでプレーされている。また、選手の技術を向上させるためや、ラグビーリーグの振興のためのよい道具であると考えられている。

競技場[編集]

セブンズは、「国際競技規則」第一節で定義されている標準的なラグビーリーグ場で行われる[2]

チーム[編集]

チームは3人のフォワード、1人のハーフバック、3人のバックスから成る[3]

ルール[編集]

セブンズは一部例外を除いて13人制ラグビーリーグ規則に従う。それぞれの国は国内の大会で国際ラグビーリーグ規則の修正版を採用する自由がある。その結果、ラグビーリーグセブンズの規則を国によって異なる場合がある[4]

試合は前後半7分で行われる[3]。1チーム12人で交替は無制限である[3]。セブンズでは、それぞれ3人のフォワードによってスクラムを組む[3]。ゴールへのキックは全てドロップキック英語版で行われる[3]。得点後のタップキックによるリスタートは得点をしていない側によって行われる[3]

ワールド・セブンズでは通常7分ハーフで行われ、準決勝は引き分けの場合は延長戦があり[5]。決勝は10分ハーフで行われる。2004年は、タックルの制限が6回から4回に減らされた。

主要なセブンズのフェスティバル[編集]

  • ワールドセブンズは現在休止中である[6][7]
  • 俳優のラッセル・クロウはニューサウスウェールズ州のCoffs HarbourでOrara Valley Axemen Sevens Tournamentを主催した[7]

脚注[編集]

  1. ^ The history of rugby league”. centenaryofrugbyleague.com. 2009年6月15日閲覧。
  2. ^ RLIF. “The International Laws of the Game and Notes on the Laws”. Rugby League International Federation. 2008年7月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f AUS. “Rugby League 7s (Men)”. Australian University Sport. 2006年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月15日閲覧。
  4. ^ Sean Fagan. “The Harlem Kangaroos are coming”. rl1908.com. 2009年6月15日閲覧。
  5. ^ "Simply the best". Production company: Twenty Twenty Television; Director: Stuart Goodman; Producer: Martin Short; Series Producer: Claudia Milne. Up 'n' Under. BBC. 1992年放送.
  6. ^ Josh King (2008年3月9日). “Return of the Rugby League World Sevens?”. nrlnews.com. 2009年6月11日閲覧。
  7. ^ a b Geoff Stevenson (2007年2月19日). “Why aren’t we in Sevens heaven?”. leagueunlimited.com. 2009年6月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]