ワン・デイ・インターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ワン・デイ・インターナショナル(One Day International、略称ODI)はクリケットにおける試合方式のことである。

初めての試合が行われたのは1971年1月5日にメルボルン・クリケット・グラウンドで行われたオーストラリアVSイングランドの試合であった。

現在では世界選手権であるワールドカップなどで使われている。

ルール[編集]

試合はクリケット競技規則に則り実施され、主なルールとしては[1]コイントスによりバットもしくボウルを選択する。現在は50オーバー(最大300球)ずつの1イニング制。出場選手は各チーム11人ずつの22人。

脚注[編集]

  1. ^ Standard One Day International Match Playing Conditions”. International Cricket Council. 2014年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]